GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

8月22日 対中 日20回戦・ナゴヤドーム

前半の失点響き、岡本の本塁打などの反撃も及ばず…連勝ストップ

写真

二回、先頭の岡本が24号ソロ本塁打

写真

五回二死二、三塁、丸が2点適時打

写真

六回、中川が3者連続三振を奪う

 ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの20回戦。巨人先発のヤングマンは初回、守備のミスも絡み、2点の先制を許すなど、四回途中7失点で降板。序盤からリードを許す展開となる。打線は二回に岡本の24号ソロ本塁打、五回に丸の2点適時打、七回には丸の犠飛で追い上げるも、前半の大量失点が響き、連勝は6でストップ。久しぶり登板の中川が3者連続三振を奪うなど、救援陣が踏ん張りを見せたが、先発のヤングマンが誤算だった巨人は、9日ぶりの敗戦を喫した。

 巨人先発はヤングマン。およそ1ヶ月ぶりの一軍マウンドとなったが、先頭の大島にいきなり二塁打を許すと、一死三塁とされて福田に中前適時打を浴び、初回から先制を許してしまう。さらにビシエドにも安打を許し、一死一、三塁とされると、続く高橋を空振り三振に仕留めた場面で、一塁走者のビシエドが二盗、飛び出した三塁走者を刺そうとした坂本が悪送球。この間に三塁走者が生還し、2点目を奪われてしまう。

 初回から2点を追いかける展開となった打線は二回、先頭の岡本がバックスクリーン右への豪快な本塁打を放ち、すかさず1点差に詰め寄る。

 しかし三回、若林の失策で先頭の大島に出塁を許すと、二死二塁でビシエドに2点本塁打を許し、リードを3点に広げられてしまう。

 さらに四回、先頭の阿部に右前打を浴びると、盗塁と暴投で三塁への進塁を許し、藤井に適時二塁打を浴び5点目を奪われる。この回大島、京田にも適時打を許し、7点目を奪われた場面で、ヤングマンは降板。前回登板に続き、試合を作れずにノックアウトとなった。

 6点を追いかける打線は五回、田中俊、亀井の連打などで二死二、三塁とチャンスメイクすると、丸が2球目を左前に落とす2点適時打を放ち4点差とする。

 六回には8月9日以来、久しぶりのマウンドとなる中川が3番手で登板。3者連続三振を奪う快投を見せ、反撃ムードを高める。

 直後の七回、田中俊が二塁打を放つと、一死一、三塁で丸が中堅深くへの犠飛を放ち、3点差に追い上げる。

 しかし、巨人の反撃もここまで。八回のロドリゲス、九回の岡田と中日勝利の方程式の前に無安打に終わり、試合終了。先発のヤングマンが四回途中7失点と乱調だった巨人は、追い上げも及ばず連勝が6でストップ。8月13日以来9日ぶりの敗戦となった。


監督インタビュー

やっぱり7点は重いね

Q:序盤からミスが多く、失点に結びついてしまいました

うーん、そうですね、やっぱり7点は重いね

Q:ヤングマン投手は久々の登板でしたが、大量失点してしまいました

なかなかフォローできる言葉が見つからない。(四回に)ピッチドアウトで暴投投げるというのはねえ

Q:中川投手が久々に登板しました

楽な場面なんてないんだろうけど、きょうは幸いこういう風な形(大きくリードされた場面)で投げられたので、あしたからは、本当の戦場に送り出すことができるのは良かった

Q:岡本選手の本塁打は大きかった

すごかったねえ、なかなかナゴヤであれだけの本塁打はね。もう1本ぐらい打ってくれるとね

順位表