GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

8月23日 対DeNA17回戦・東京ドーム

桜井が序盤に2発浴び5失点、打線も1点止まり…マジック点灯はお預け

写真

八回、ゲレーロの適時三塁打で1点を返す

写真

2番手の田口が3イニングを完全に抑える

写真

一軍復帰のマシソンが1回を無失点

 東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの17回戦。巨人先発の桜井は一回にソトに3点本塁打、二回には梶谷に2点本塁打を浴び、3回5失点で降板。打線はDeNA先発東に七回まで二塁すら踏めず、2安打に抑えられる。八回にゲレーロの中越え適時三塁打で1点を返したものの、追い上げもここまで。四回以降は中継ぎ陣が無失点でつないだものの1対5で敗れ、マジック点灯はお預けとなった。

 巨人先発は桜井、DeNA先発は東。立命館大の先輩後輩対決となった。桜井は初回、二死後に制球を乱して連続四球で一、二塁とされると、ソトに甘く入った直球を痛打され、左中間スタンド上段に飛び込む先制の3点本塁打を浴びる。さらに二回にも、この日一軍に合流した梶谷に2点本塁打を浴び、序盤から5点のリードを許してしまう。三回は得点圏に走者を背負いながらも無失点に抑えたものの、桜井はこの回で降板。3回5失点と、先発の役目を果たせなかった。

 追いつきたい打線だが、東の前に二回まで無安打。三回、小林がチーム初安打となる右前打を放つも、桜井の代打・石川が初球を引っ掛けて遊撃併殺打に倒れ、好機を広げることができない。

 四回からは2番手田口が登板。5つの三振を奪うなど、3イニングを三者凡退に抑える快投を見せ、DeNA打線の勢いを止めた。

 田口の好投で流れを変えていきたい打線だったが、東の打たせて取る投球の術中にはまり、七回までわずか2安打。得点圏に走者を進めることすらできない。一方の救援陣は七回をこの日一軍昇格のマシソン、八回を宮國が無失点でつなぐ。

 打線は八回、先頭の阿部が右翼フェンス直撃の安打を放ち、この試合初めて先頭打者が出塁。続くゲレーロは中堅フェンス直撃の適時三塁打を放つ。七回まで抑え込まれていた東から連打で1点をもぎ取り、さらに無死三塁と好機が続く。続く増田大は中飛を打ち上げ、三塁走者のゲレーロがタッチアップ。しかし中堅手・神里の好返球で本塁タッチアウトとなり、反撃は1点にとどまった。

 九回は澤村が三者凡退に打ち取ったが、その裏はDeNA2番手のエスコバーの前に走者を出せず1対5で試合終了。巨人はリリーフ陣が四回以降無失点に抑える好投を見せたものの、打線が昨年から苦手とする東に封じられた。桜井が序盤に浴びた2本塁打も響き、マジック点灯とはならなかった。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

(初回に)フォアボール、フォアボール、ホームランじゃあね・・・

Q:桜井投手の序盤の5失点が痛かった

(初回に)フォアボール、フォアボール、ホームランじゃあね・・・。リズムに乗り切れない。ツーアウトからカーンじゃあ、フォローのしようがない

Q:中継ぎ投手陣は好投しました

田口も宮國もね。マシソンも戻ってきて、よかったと思います

Q:相手の東投手をとらえきれなかった

打線は相手投手にやられた。ストレート、チェンジアップ。メリハリが効いていた

順位表