GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

8月25日 対DeNA19回戦・東京ドーム

山口が好投するも、打線が援護できず今季4度目の零封負け

写真

先発の山口は粘りの投球で、七回途中2失点

写真

二回と七回に二塁打を放って好機を作った岡本

写真

四回無死、坂本が中越えの二塁打を放つ

 東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの19回戦。巨人先発の山口は、七回途中を投げ2失点と好投を披露するが、打線はDeNA先発・今永に対し、わずか2安打に抑え込まれてしまう。DeNA投手陣を打線が打ち崩すことができず、今季4度目の零封負け。巨人は6カードぶりに同一カード3連戦を負け越す結果となった。

 巨人先発の山口は初回を三者凡退。二回を三者連続三振に切って取り、上々の立ち上がりを見せる。しかし、三回、先頭の柴田の右翼線二塁打、今永の犠打で一死三塁のピンチを招くと、乙坂に左前適時打を浴び先制を許す。対する打線は、DeNA先発・今永を前に三回までわずか安打1本と打ちあぐねる。

 山口は中盤に入ると、四回から六回まで相手打線をわずか2安打に抑え、DeNAに追加点を与えない。好投に応えたい打線は四回、坂本が中越え二塁打を放ち、二死から阿部が四球を選び二死一、二塁のチャンスを作るが、続くゲレーロが倒れ無得点に終わる。

 七回、山口は先頭の戸柱に四球を与えると犠打で得点圏にランナーを置く。続く今永の代打・石川は中飛に抑えるが、乙坂に今日2本目となる適時三塁打を浴びてしまい追加点を奪われる。なおも二死三塁の場面で原監督は中川を投入。梶谷に四球を与えるものの、筒香を二ゴロに抑えこの場面を切り抜ける。

 反撃の糸口を掴みたい打線は七回、先頭の岡本がエスコバーの代わり端を捉え二塁打を放つと、ゲレーロの二塁ゴロの間に進塁し、二死ながら三塁のチャンスを作る。ここで若林のところに昨日エスコバーからサヨナラ本塁打を放った石川を代打に送る。連日の本塁打に期待がかかったが、空振り三振に倒れてしまう。

 八回は鍵谷、九回は高木が登板。八回にソトに中押しの左越え本塁打を浴びるが、最少失点に抑え味方の反撃を待つ。しかし、DeNA救援陣を前に抑えられ3対0で零封負け。DeNAとの同一カード3連戦を1勝2敗と負け越した。


今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」

監督インタビュー

進塁打がなかったというところでしょう

Q:敗れましたが、山口投手が好投しました

そうですね、良かったと思います

Q:打線は

ノーアウト二塁のチャンスが3回あったが、進塁打がなかったというところでしょう

Q:一番の亀井選手に当たりが止まっている

一生懸命練習しているんだけどね

Q:火曜日から広島戦ですね

相手は強敵ばかりですから

順位表