GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

8月29日 対広 島23回戦・東京ドーム

丸、球団タイ記録の1イニング5打点…集中打で広島を圧倒

写真

三回、丸が1イニング5打点の大暴れ

写真

大城は逆転打を含む4打点

写真

三回、岡本が2試合連発の26号3点本塁打

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの23回戦。巨人は先発の桜井が、初回に1点先制を許したが、打線は、二回に大城の2点適時二塁打で逆転。三回には、岡本の3点本塁打を含む6連打、さらには丸の満塁本塁打も飛び出すなど、7安打を集中、打者15人で今季初の1イニングでの2ケタ得点となる10得点を挙げる。丸の1イニング5打点は球団タイ記録となった。大きなリードをもらった桜井は、四回と七回に1点ずつ失いながらも試合を作り、7回3失点でマウンドを降りる。リリーフ陣も1点を失うが、大量リードに守られて逃げ切り、広島相手にカード勝ち越しとなる2連勝。優勝へのマジックナンバーを「18」とした。

 巨人先発の桜井は、前回登板3回5失点の敗戦から中5日での登板。初回、先頭の西川に安打を許し、二死二塁から、松山の中前適時打で1点を失う。

 一方の巨人打線は広島の先発大瀬良の前に、初回は三者凡退。しかし二回、阿部、ゲレーロが四死球で出塁し、チャンスを作ると、大城がフルカウントから右翼線に2点適時二塁打を放ち、逆転に成功する。

 続く三回も先頭の亀井が四球を選ぶと、坂本が右前打、無死一、二塁から丸がフェンス直撃の左越え適時打を放ち1点を追加する。続く4番岡本が、2試合連続の26号3ランを放ち、5点差に広げると、この流れに乗り、阿部、ゲレーロも連続二塁打で好機を拡大。大城が左翼線に2点二塁打。桜井が犠打を決めたところで、大瀬良をノックアウト。さらに二死から丸がバックスクリーンに飛び込む満塁弾を放ちこの回、本塁打を含む7安打で10得点、今季初の1イニング二桁得点で完全主導権を握る。丸の1イニング5打点は川上哲治、高田繁に並ぶ球団タイ記録となった。

 大きな援護をもらった桜井は四回にメヒアにソロ本塁打を打たれながらも、その後の五、六回を抑える。七回には先頭から二連打を浴びた後、併殺打の間に1点を返されるも、7回3失点と試合を作った。

 八回、代わって登板した宮國は二死から失点するも、九回に登板した鍵谷は三者凡退に抑え、12対4の大差で広島を下した。

 桜井は今季8勝目。打線は、相手エース大瀬良に集中打を浴びせて大量得点を奪い、2連勝でこのカード勝ち越し、優勝へのマジックを「18」として一歩前進した。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

(桜井は)いい精神状態で投げられていた

Q:三回の10点が大きかった

よくつながった。相手の守備にも助けられた部分もある

Q:2試合連続となる岡本選手の本塁打でリードを広げました

見事です。初球を運ぶあたり、精神的にも集中できていた

Q:桜井投手のピッチングは

初回に点数を取られたが、いい精神状態で投げられていた。原点に戻ったというところでしょう

Q:広島に勝ち越し、あすから阪神と3連戦です

一戦一戦、戦っていくことに変わりありません

ヒーローインタビュー

「追い込まれても自分のスイングができました」逆転打含む4打点の大城

写真

Q:すばらしいバッティングでしたね 

ありがとうございます 

Q:先制こそ許しましたが、すぐに大城さんのバットで逆転しました。あの1打を振り返ってください 

チャンスの場面だったので、追い込まれてもしっかり自分のスイングができました 

Q:少し泳いだようにも見えたのですが、バコンといきましたね 

落ちたところがよかったので、よかったです 

Q:その1本にとどまらずにもう1本、2点タイムリーを放ちました。今度は反対方向でしたが、あのバッティングはどうでしたか 

あの時もチャンスで回ってきたので、積極的にというのを忘れずにしっかり反応できました 

Q:大城さんのバットを筆頭に、あの1イニング10得点というものすごい攻撃でしたね 

最後、丸さんがすばらしいホームラン打ってくれたので、その得点につながったのだと思います 

Q:桜井さんをリードするスタメンマスクでしたが、どうでしたか 

ばんばん良い真っすぐを持っていましたし、コースにもしっかり投げてきてくれたので、ナイスピッチングだったと思います。 

Q:大城さんの活躍もありまして、マジックが一つ減って「18」となっています。明日以降に向けて一言お願いします 

明日以降も厳しい戦い続くと思いますが、しっかり勝って、少しでも優勝に近づけるように頑張っていきたいと思います 

「リベンジをという気持ちでいきました」今季8勝目を挙げた桜井

写真

Q:7イニング投げました。振り返っていかがですか 

前回が前回なので、リベンジをという気持ちでいきました 

Q:前回を踏まえて、今日はどういう思いで、どんな考えでマウンドに上がりましたか 

初回からぶっ飛ばしていくっていう感じでいきました 

Q:その思いに、今日は打線もこたえてくれましたね 

いつも本当に助けてもらっているので、今度は僕が助けれるようにしたいです 

Q:今日は中5日の登板にもなりましたが、そのあたり調整も含めて、どういった状態でマウンドに上がりましたか 

疲れとかは関係なしに、自分のできることをしっかりやろうと思いました 

Q:また一歩一歩優勝に向けて大事な登板が続くと思います。次の登板に向けて一言お願いします 

今回の気持ちを忘れず、初回からぶっ飛ばしていきます 

順位表