GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

9月1日 対阪 神22回戦・甲子園

亀井の二度の好守光るも散発4安打で零封負け、マジックも消滅

写真

二回二死、亀井が梅野の邪飛を好捕球し、3アウト

写真

先発の今村は四回途中を投げて1失点

写真

2本の左前打を放った阿部

 甲子園球場で行われた阪神タイガースとの22回戦。巨人先発・今村は四回途中1失点でマウンドを降りるとその後は4人のリリーフ陣の好投に亀井の二度の好守もあり、阪神打線を2点に抑え込む。しかし、打線が阪神投手陣の前に散発4安打に封じ込まれ、最後まで得点をあげられなかった。0対2で敗れた巨人は今季6度目の零封負け。阪神との同一カード3連戦は負け越しに終わり、優勝へのマジックナンバーも消滅した。

 巨人先発は今村。初回、一死二塁と先制のピンチで福留に高めの球を捉えられたが、これは中堅・丸が好捕。今村はその後一、二塁とピンチを広げたが糸原を遊ゴロに仕留める。二回には亀井がフェンスにぶつかりながらも右邪飛を捕球するなど、味方の好守に加え、低めにボールを集める投球で阪神打線を寄せつけず、三回まで無失点投球を続ける。

 一方、巨人打線は阪神先発・岩貞を打ちあぐねる。初回は先頭の亀井が右前打を放ったが無得点に終わる。二回にも阿部がしぶとく左前打を放ったがその後がつながらず、三、四回は三者凡退に封じ込まれるなど、攻略の糸口をつかめない。

 四回、今村は先頭の福留に右翼フェンス直撃の三塁打を浴びると、続くマルテの遊ゴロの間に福留が生還。阪神に先制を許した。今村は続く糸原に右前打を浴びたところで交代を告げられ、原監督は2番手に鍵谷を送る。鍵谷はその後、二死二塁とピンチを迎えたが中谷を空振り三振に抑え、追加点を許さない。しかし、鍵谷に代わり、五回途中でマウンドに上がった3番手・田口は、二死一塁の場面で近本に右翼線適時三塁打を浴びてしまい、2点目を失った。

 反撃したい打線は六回、坂本が二回以来となる中前打を放つ。しかし、丸が一ゴロに倒れ、この回も無得点。六回まで散発3安打に抑えられ、二塁すら踏ませてもらえない。

 岩貞に抑え込まれていた巨人打線は七回一死、阿部が2番手・岩崎から左前打を放つと、続く代打・陽も四球を選び、一、二塁とこの試合初めて得点圏へ走者を進める。二死後、前日適時打を放った若林がフルカウントから四球を選び、二死満塁とチャンスは広がった。しかし、ゲレーロは阪神3番手・ジョンソンの変化球に手が出てしまい空振り三振。絶好のチャンスにあと一本が出ず、この回もスコアボードに0が刻まれる。

 六回は田口が、七回は4番手マシソンが無失点でつなぐと、八回は5番手・中川がマウンドへ。中川は一死一、二塁のピンチを招くと二死後、糸原に左前へ弾き返されるも、七回から左翼の守備に入った亀井が見事なバックホームで本塁を狙った走者を刺殺。ピンチを凌ぎ、最終回の攻撃へつないだが、最終回は阪神の4番手・藤川の前に三者凡退に倒れ、0対2でゲームセット。巨人は阪神投手陣に散発4安打に抑え込まれ、今季6度目の零封負け、優勝へのマジックナンバーも消滅した。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

(今村は)1失点でバトンを渡した点は、悪くない

Q:なかなか好機も作れませんでした

スコアリングポジションにいったのは一回だけか。それでは勝つことは難しいね

Q:ここのところ、左投手に苦戦する試合が多いように見えますが

いいピッチャーなんだろうけどね、対策をたてないといけないですね

Q:今村投手を早めにかえました

1失点でバトンを渡した点は、悪くない。(中継ぎ陣には)あすは(移動日で)あくので、全員で行こうなと話をしていた

順位表