GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

9月5日 対中 日23回戦・東京ドーム

桜井が7回1安打無失点の好投も救援陣乱れ、逆転負けで5連敗

写真

7回1安打無失点と好投した桜井

写真

七回、代打・ゲレーロが先制本塁打

写真

七回無死、代打・田中俊が左中間に二塁打

 東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの23回戦。巨人・桜井、中日・山本の好投で六回までは緊迫した投手戦となった。均衡が破れたのは七回。巨人は代打・ゲレーロの18号ソロ本塁打で先制。さらに田中俊の二塁打、丸の左犠飛でリードを2点とする。しかし直後の八回、2番手の中川、3番手のマシソンがつかまり、2対3と逆転を許す。九回も二死一、三塁と攻めたが、あと1本が出なかった。巨人先発の桜井は序盤から変化球を巧みに操り、中日打線に付け入る隙を与えず7回を投げ、被安打1、無失点と完璧に抑え込んだが、救援陣が乱れ、チームは今季2度目の5連敗となった。

 打線は、初回は二死満塁、二回にもきょうプロ初スタメンとなった山下航の四球を口火に二死一、三塁とチャンスを作るが、あと1本が出ず、無得点に終わる。

 先発は桜井。初回を三者凡退に打ち取る完璧な立ち上がり。その後も、変化球を巧みに操りチーム打率リーグトップの中日打線に付け入る隙を与えない。桜井は7回を投げ、被安打1、得点圏に走者を背負ったのは三回のみ。無失点と危なげない投球で試合を作った。

 六回まで緊迫した投手戦が続いたが、七回ついに試合が動く。先頭の代打ゲレーロが値千金の18号ソロ本塁打を放ち、先制。さらに続く田中俊が左中間二塁打を放ち、山本をマウンドから降ろす。その後一死一、三塁とし、丸が貴重な左犠飛を放ち、追加点。リードを2点に広げる。

 しかし、救援陣がリードを守りきれない。2番手には中川が登板。先頭の藤井に三塁内野安打を許し、二死までこぎつけるも、代打・石垣の左翼線適時二塁打で1点差に迫られると、3番手・マシソンにマウンドを託す。しかし、マシソンは福田に甘く入った初球を左中間に2点二塁打とされ、2対3と逆転されてしまう。

 九回、5番手のデラロサは3人で抑え、その裏、中日の抑えの岡田を攻め、一死から代打・陽が二塁失策で出塁。二死後、坂本の中前打で一、三塁としたが、続く丸が空振り三振に倒れ試合終了。巨人は、先発桜井が好投、代打策が成功して終盤に先制するも、救援陣が踏ん張れず、逆転負けで今季2度目の5連敗を喫した。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

(桜井は)今シーズン、一番良かったのでは

Q:逆転を許しました

2点を取れたが、2イニングで、2点を守れなかったということ

Q:桜井投手が好投しました

今シーズン、一番良かったのでは

Q:マシソン投手が福田選手に手痛い一打を浴びました

やはり(その前の)中川がね・・・。ストライクを取ることに一生懸命になるようでは抑えきれない

Q:連敗の打開策は

切り替えること。みんなで戦っている。こういうこともあるのだから、切り替えていくということ

順位表