GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

9月6日 対ヤクルト21回戦・神 宮

亀井の本塁打で一矢報いるも、再三の好機生かせず…今季ワーストタイの6連敗

写真

九回、亀井のソロ本塁打で1点を返す

写真

四回、ゲレーロが適時打を放つ

写真

先発高橋は粘りの投球で6回2失点

 神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの21回戦。巨人先発の高橋は初回、バレンティンに先制2点本塁打を浴びるが、その後は2度の満塁のピンチをしのぎ、6回2失点と試合を作る。一方打線は四回にゲレーロの適時打で1点を返したが、その後の無死満塁の好機を生かせない。八回にはミスが重なり、3点を失った。九回に亀井のソロ本塁打で1点を返すも反撃が遅く、2対5で敗戦。連敗は今季ワーストタイの「6」となった。

 巨人先発の高橋は初回、二死一塁でバレンティンを迎える。初球、直球でバットをへし折ったものの、力でバックスクリーンまで運ばれ、2点の先制を許す。

 打線は三回までヤクルト先発石川に1安打に抑えられていたが、四回、この試合丸と入れ替わりで、3番に入った先頭の坂本が左前打で出塁すると、続く岡本が9月初安打となる中前打で一、二塁とする。ここでゲレーロが詰まりながらも右前に落とす適時打で1点差とする。さらに大城が中前打で続き、4連打で満塁。一気に逆転のムードが漂ったが、増田大は浅い中飛、小林は三塁併殺打に倒れ、絶好機を生かせない。六回はゲレーロが左中間二塁打、続く大城が四球を選び、一死一、二塁の好機をつくる。しかし、増田大が二塁併殺打に倒れあと一本が出ない。

 高橋は二回と五回に満塁のピンチを背負うも、何とか無失点で切り抜ける。6回115球を投げ切って、三回以外は毎回走者を背負うも、粘りの投球で失点は初回の2点本塁打のみに抑えた。

 七回、打線はこの回から登板したヤクルト2番手石山から一死後、高橋の代打・重信が四球を選ぶ。ここで1番の陽に代えて送り出した阿部が右前打で続き、一死一、三塁。ベンチの采配が的中し、絶好の形で上位打線を迎える。しかし丸と坂本はいずれも初球を打ち上げて内野フライに倒れ、この回も得点を奪うことができない。

 その裏、2番手の中川が上位打線を3者連続空振り三振に打ち取る好リリーフを見せる。しかし八回、3番手の田口が踏ん張りきれない。先頭のバレンティンに中前打を許すと、村上にはヒットエンドランで一死一、三塁とされる。ここで松本直にスクイズを決められ、田口が本塁に悪送球(記録は犠打野選と投手の失策)。さらに一死満塁として代打・青木には押し出しの死球を与えてしまう。代わった4番手・鍬原も暴投で失点し、1対5と試合を決定付けられた。

 九回、ヤクルト守護神マクガフから一死後、途中出場の亀井が13号ソロ本塁打を左翼席に放ち、1点を返す。しかし、反撃はここまで。巨人は高橋が粘りの投球を見せたものの、打線が再三の好機を生かせず、終盤に救援陣がミスを重ねて痛い追加点を奪われた。チームは今季ワーストタイの6連敗を喫した。

監督インタビュー

どちらかというとアゲンストの風がふいているわけだから、みんなで押し返さないとね

Q:中盤なかなか1点が取れない展開でした

うーん、まあ、1点、1点だもんね、投手は良く頑張っていましたけどね

Q:先発の高橋投手は頑張りました

ボールもだいぶ走るようになってきている

Q:苦しい試合が続きます

今は順調な風ではないわけだからね。どちらかというとアゲンストの風がふいているわけだから、みんなで押し返さないとね。みんなの力で変えていかないと。誰がどうとかこうとかということではなくね

順位表