GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

9月16日 対阪 神24回戦・東京ドーム

小林の適時打で同点も、押し出し四球で勝ち越され惜敗…DeNA敗れマジックは「4」に

写真

力投する先発の桜井

写真

四回、同点の適時打を放った小林

写真

2イニングを無失点に抑えた2番手の田口

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの24回戦。巨人は1点ビハインドで迎えた四回、小林の適時打で試合を振り出しに戻す。しかし五回まで被安打3、1失点の好投を見せていた桜井が、六回に痛恨の押し出し四球を与え、勝ち越しを許してしまう。一方の打線は散発5安打で計9残塁と、再三の好機を生かせず接戦を落とした。ただ、DeNAが負けたため、優勝までのマジックナンバーは一つ減って「4」となった。

 自身初の中4日での登板となった先発桜井は、初回、福留の適時打で1点の先制を許すも、最小失点でこの回を凌ぐ。その後の二、三回を三者凡退に打ち取るなど、五回まで無失点に抑える力投でゲームを作る。

 巨人打線は阪神先発ガルシアの前に1点が遠い。初回、丸が四球で出塁すると、岡本が中前打で続き、二死一、二塁の好機を作る。しかし後続が断たれ、得点にはつながらない。三回も、桜井の四球、石川の右前打で得点圏に走者を進めるが、上位打線が倒れて追いつくことができない。

 そんな中迎えた四回、ゲレーロの四球、山本の中前打などで二死一、三塁とすると、小林が中前適時打を放ち、同点に。女房役の一打で試合を振り出しに戻す。

 しかし六回、桜井は近本に左越え二塁打を浴びると、一死から三盗、さらに二者連続四球で一死満塁のピンチを迎える。桜井はここで痛恨の押し出し四球を与え、勝ち越しを許してしまう。続く打者を抑えてこの回1失点に止めるが、6回被安打4、2失点でマウンドを降りた。

 この裏、巨人打線は岡本、山本が四球、代打陽が内野安打で続き、一死満塁のチャンスとする。だが小林が三振に倒れると、桜井の代打・大城が打ち取られ、同点とすることはできない。

 七、八回は2番手の田口がマウンドに。田口は八回を三者凡退に封じるなど、この2イニングを無失点に抑える。追いつきたい巨人打線だったが、七回は阪神3番手の岩崎の前に三者凡退に打ち取られると、八回は4番手・ドリスの剛速球を打ちあぐね、無得点に終わる。

 九回には3番手の澤村が登板。澤村が二死二塁とされるも、4番手中川が後続を抑え味方の反撃を待つ。しかし最終回も打線が振るわない。阿部が一死から四球で出塁するものの、大城、石川が2者連続三振に倒れ、1対2で試合終了。レギュラーシーズン最後の東京ドームでの伝統の一戦を勝利で飾ることはできなかった巨人だったが、DeNAが破れたため優勝へのマジックナンバーを「4」とした。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

中4日で粘り強く投げた

Q:先発の桜井投手は

中4日で粘り強く投げた。桜井のとき、なかなか点を取れなくて、打者もそのへんを意識しているのだろうけどね。我慢ですね。懸命に放ってくれている

Q:(1点を追う六回一死満塁で)小林、大城両選手で点を取れませんでした

あの場面、代打(阿部)慎之助は難しい。最後の砦だからね。何とか小林が、という場面だった。小林にしても大城にしても、ツーストライク目の真っすぐを見逃している。そこを打ちにいっていないのは、悔いが残るのでは

Q:坂本選手が途中交代でした

そんなにたいしたことない。(大事を取った?)そういうこと

順位表