GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

9月18日 対中 日24回戦・ナゴヤドーム

高橋が六回まで無安打投球も…打線つながらず、逆転負け

写真

七回途中まで無安打投球を続けた高橋

写真

2番に入った田中俊が先制の適時打

写真

2安打をった大城

 ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの24回戦。巨人は五回、坂本に代わってこの試合2番に入った田中俊が先制の中前打を放つ。先発高橋は六回まで無安打に抑える快投を披露したが七回、先頭の福田に初安打を許し、一死二、三塁のピンチで降板。代わった大竹が内野ゴロの間に同点とされ、さらに田口が大島に決勝の2点本塁打を浴びた。巨人は打線が相手を大きく上回る9安打を放ったがつながらず、1対3で敗戦。優勝へのマジックは「4」で足踏みとなった。

 巨人・高橋、中日・梅津のルーキー対決となったこの試合。高橋は初回、先頭の平田に左翼ポールの真下にフェンス直撃の大飛球を打たれ、三塁を陥れられたが、リプレー検証で判定がファウルに覆り、結局三者凡退で抑え立ち上がる。

 一方、坂本が今季初めてスタメンを外れた打線は二回、大城、重信の連打で一死一、二塁としたが後続が倒れ先制とはならなかった。さらに四回、岡本の左越え打から二死一、三塁のチャンスを作ったが、山本の打席で一塁走者の重信が痛恨のけん制死。チャンスを生かせない。

 高橋は四球と失策で走者を出したものの、変化球を効果的に使い四回まで無安打に抑える快投を披露する。

 試合が動いたのは五回。巨人打線は疲れの見えた梅津から先頭の山本の死球、高橋の犠打で一死二塁とする。二死後、坂本に代わって2番に入った田中俊がきっちりと中前にはじき返し、先制に成功した。なおも二死満塁と攻め立てたが、代わった福に阿部が右飛に打ち取られ、追加点は奪えなかった。

 リードをもらった高橋はその後も中日打線に的を絞らせず、六回まで無安打投球を続ける。しかし七回、先頭の福田に三遊間を破られて初安打を許すと、ビシエドには右前に落とされ無死一、二塁。犠打で一死二、三塁とされてマウンドを降りた。後を受けた大竹は阿部を詰まった当たりの遊ゴロに仕留めたが、この間に三塁走者の生還を許し同点とされる。なおも二死二塁で原監督は田口をマウンドに送る小刻みな継投を選択。しかし大島に右翼席に叩き込まれ、1対3と逆転を許してしまった。

 八回、中日の4番手左腕・ロドリゲスに簡単に二死を奪われた後、ベンチが大胆に動く。阿部に代打・ゲレーロ、さらに大城に代打・石川を送り、いずれも安打で出塁。二死一、二塁とすると、重信の打席で代打の切り札・坂本を送り出す。しかし遊ゴロに倒れ、あと1本が出なかった。

 九回は中日の守護神・岡田から先頭の山本が左前打で出塁したが後続が倒れ試合終了。巨人は高橋が六回まで無安打に抑える快投を見せたが中継ぎ陣がつかまり逆転負け。打線は相手の3倍となる9安打を放ちながら序盤の走塁ミスなども響き1得点にとどまり、優勝へのマジックは「4」で足踏みとなった。

監督インタビュー

ちょっと打線が湿っているね

Q:高橋投手は素晴らしい内容でした

そうですね。いい投球でしたね

Q:1点では勝てない

ちょっと打線が湿っているね

Q:坂本選手は大事を取ってスタメンから外したということですか

そうですね

Q:七回に逆転を許しました

田口がこのところ非常に良かったんだけれども、本人の中では悔いを残すボールなんじゃないかな

Q:明日は久々のメルセデス投手が先発です

思い切って投げるでしょう。打線がもう少し活発にいかないといけませんね

順位表