GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

9月20日 対DeNA23回戦・横 浜

坂本2発、岡本30号、一発攻勢でマジック「2」…山口は15勝目

写真

初回、坂本が先制の38号2点本塁打

写真

九回一死、岡本が30号本塁打、2年連続大台到達!

写真

ハーラートップを独走する15勝目の山口

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの23回戦。巨人は初回、坂本の中越え2点本塁打で先制。同点に追いつかれた直後の二回に亀井の左翼線適時打で勝ち越すとその後、九回の坂本のこの試合2本目の本塁打や岡本の2年連続30号到達となるソロ本塁打など、5本の本塁打を含む14安打9得点、DeNA投手陣を打ち崩し、9対4で勝利。先発の山口は15勝目を挙げた。巨人は連敗を3で止め、優勝へのマジックナンバーを「2」とし、21日のDeNA戦に勝てば5年ぶり37回目のリーグ優勝が決まる。

 巨人は初回、先頭の亀井が右前打を放つと、続く坂本がバックスクリーン左へ先制の38号2点本塁打を放り込んだ。坂本の2試合連発となる一発でDeNA先発・平良から2点を奪う。しかし巨人先発・山口はその裏、一死満塁とピンチを招き、ロペスに右前適時打を浴び、宮崎には押し出し四球と同点に追いつかれてしまう。

 打線は二回、一死から田中俊が左越え二塁打を放つと、田中俊は続く小林の投ゴロの間に三塁へ。山口が四球でつなぐと、亀井が左翼線適時打で応え、3対2と勝ち越した。三回には二死から大城の右越えソロ本塁打で4対2とし、試合の主導権を握る。

 山口は二回以降は立ち直り。三回から4イニングは三者凡退に封じ込める。

 打線は六回、先頭の重信がDeNA2番手の石田から右翼席へ飛び込むソロ本塁打を放つ。七回には先頭の亀井がDeNA3番手・三嶋から左中間二塁打を放ち、続く坂本が犠打。丸も四球でつなぎ、一、三塁のチャンスで岡本が右翼線適時二塁打を放った。さらに一死二、三塁から代打の阿部が右犠飛で加点し、7対2とDeNAを突き放した。

 山口は七回、一死から宮崎に死球、伊藤光に初回以来となる右前打を許し一、二塁とピンチを迎え、続く代打・伊藤裕を右飛に抑えたところで降板。しかし、後を受けた2番手・大竹が大和に右中間2点二塁打を浴びてしまう。点差を詰められた巨人は3番手・中川を投入。しかし乙坂、梶谷に連続四球とピンチを広げてしまう。ここで原監督はこの回4人目の投手、4番手・澤村をマウンドへ送る。澤村はソトを2球で追い込むと最後は低めの変化球で空振り三振に抑え、この試合最大のピンチをしのぎ切った。

 八回、5番手の田口が三者凡退に抑え、流れを断つと、九回に坂本がこの試合2本目となる右越えソロ本塁打を放つ。さらに岡本にも2年連続30号到達となる左中間への本塁打が飛び出し、9対4。最終回は6番手・デラロサが締めて9対4でゲームセット。坂本の2発、岡本の30号到達となる一発など5本塁打含む14安打9得点でDeNAに勝利し、先発の山口はハーラートップを独走する15勝目。巨人はマジックを2つ減らし、5年ぶり37度目のリーグ優勝へのマジックナンバーを「2」とした。21日のDeNA戦に勝てば優勝が決まる。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

緊張感のあるゲームだった

Q:大事な試合を逃げ切りました

点差はあきましたけれども、緊張感のあるゲームだったと思います。きょうのゲームを取れたということでチームもやや硬さは取れるのではないかなと思います

Q:打線が爆発しました

やっぱりキャプテンがね、非常に価値のある2本の本塁打を放ったと思います

Q:七回は満塁で澤村投手がソト選手を抑えました

1イニングで3人の投手というのは本意ではないですけれども、最後澤村がよく、ソトを打ち取ってくれたというところですね

Q:マジックが2になり、あすは優勝のかかるゲームです

直接対決で迎えられるというのは、非常にいいことだと思います。(初先発の戸郷投手は)若武者らしく、結果を気にせず、自分の投球をしてほしい

Q:優勝への意気込みを

今年のチームは全員で戦っているわけですから、明日も全員で、そういうゲームになることが一番いいと思います。全員で一丸となって、挑んでいきたいと思います

ヒーローインタビュー

「ハマスタで勝ててすごい気持ちいいです」15勝目をあげた山口

写真

Q:今日の登板を振り返ってどうでしたか 

初回に点を取ってもらって、すぐ追いつかれたんですけど、打線のほうが援護をくれて、投げさせてもらえました 

Q:七回は投げ切りたかったですか 

そうですね、ほんとにリリーフの皆さんも疲れている中でなんとしても投げ切りたかったですね 

Q:しかし、この大事な試合で特に三~六回まではパーフェクトピッチングでしたね 

ありがとうございます 

Q:しっかり試合をつくり、これで15勝目です 

個人の成績よりもやっぱりチームとしてね、なんとしても明日優勝を決めたいので、一戦一戦頑張っていきます 

Q:マジック「2」です。この横浜スタジアムで勝ったというのもひとしおじゃないですか 

そうですね、ハマスタで勝ててすごい気持ちいいです。ありがとうございます 

Q:温かいブーイングもありましたが 

負けじとレフトスタンドからすごい声援もらいましたし、そういう声援かわからないですけど、僕の気持ちを奮い立たせてくれたので、ありがとうございます 

Q:これからまだ試合もありますし、CS、日本シリーズもあります 

一戦一戦しっかり戦っていくだけなんでまた明日からもね、すごい応援よろしくお願いします 

順位表