GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

9月24日 対阪 神25回戦・甲子園

今季の甲子園最終戦を飾れず…高橋が粘投も零封負け

写真

先発の高橋は5回1/3で3失点

写真

六回一死、代打・ゲレーロが左翼線へ二塁打

写真

六回二死二塁、丸がスーパーキャッチ

 甲子園球場で行われた阪神タイガースとの25回戦。先発の高橋は、五回まで走者を出しながらも1失点と粘りの投球を見せたが、六回、相手打線に捕まり1点を失い、なお走者を残して降板。後を受けた鍬原も痛打を浴びた。高橋は要所で粘りを見せ、9三振を奪ったものの5回1/3を3失点、CSへの試金石となった登板で不安の残る内容となった。打線も阪神投手陣から6安打を放つものの、10残塁とあと1本が出ず、今季7度目の零封負け。阪神とのレギュラーシーズンの対戦成績は15勝10敗と五つ勝ち越しとなった。

 巨人先発は高橋。初回、四死球と安打で一死満塁のピンチを背負うと、大山の犠飛で先制点を献上する。しかし、立ち直り、二回、三回と阪神打線を無失点に抑える。対する打線は二回に一死満塁のチャンスを作ったが、高橋が三塁併殺打に倒れ、好機を生かせない。

 高橋は四回、二死満塁のピンチを背負うが、粘りのピッチングを披露し無失点。五回には、直球と変化球を織り交ぜ、三者連続三振。味方の援護を待つ。打線は六回一死、阪神の2番手・ガルシアから重信の代打・ゲレーロが左翼線二塁打を放ち、得点圏にランナーを置くが、田中俊、炭谷が倒れ、反撃の糸口を掴めない。

 その裏、高橋は、先頭の大山に四球に与えると二盗を許し、糸原の適時打で追加点を奪われる。ここで原監督は鍬原にスイッチ。この場面での火消しが期待されたが、梅野に初球を2点本塁打され、4点差とされる。さらに七回にも3番手・高木が福留にソロ本塁打を浴び、点差を5に広げられる。

 八回のマウンドには鍵谷が登板し、阪神打線を無得点に抑える。一矢報いたい打線は九回、阿部が代打で登場。相手守護神・藤川も直球勝負で応戦。阿部は惜しくも空振り三振に倒れた。続く、陽、山本も空振り三振に倒れ0対5で試合終了。

 若手投手陣が結果を残せず、打線は6安打を放ったが10残塁と拙攻に泣き零封負けを喫した。これでチームは阪神とのレギュラーシーズンの対戦を終え、15勝10敗と五つの勝ち越しとなった。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

ギリギリの試合が多かった

Q:先発した高橋投手の出来は

悪くなかったですね。ただ、打順が3巡目からを抑えるのがいいピッチャーですからね

Q:きょうは主力メンバーをスタメンに復帰させました。クライマックスシリーズをにらんでですか

そうそう。ベストオーダーを組んだつもりです

Q:今年、阪神との対戦成績は15勝10敗でした

勝ち越したとはいえ、ギリギリの試合が多かった。僅差のゲームしか記憶に残っていない

Q:九回、代打阿部選手への声援がすごかった

敵味方のファンが一つになって慎之助を応援していた。愛された選手ということでしょう

順位表