GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

10月20日 対ソフトバンク2回戦・ヤフオクドーム

メルセデスが6回1安打無失点の好投も…中継ぎ崩れ2連敗

写真

先発メルセデスは6回1安打無失点の好投

写真

九回、岡本が中堅フェンス直撃の適時打を放つ

写真

九回、阿部も適時打で続き3点差に迫る

 ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとの「SMBC日本シリーズ2019」第2戦。巨人・メルセデスとソフトバンク・高橋礼の両先発が好投し、六回までお互い無得点で終盤に突入する。メルセデスは6回1安打無失点の快投で交代するが七回、代わった大竹が松田宣に先制3点本塁打を浴びると、八回は桜井が柳田、高木が福田に一発を浴びて0対6と突き放された。九回に岡本の中越え適時打、阿部の右前適時打などで3点を返したが及ばず、巨人は日本シリーズ2連敗となった。

 第1戦を落とし先手を打ちたい巨人だったが、ソフトバンク先発・高橋礼の緩急をつけた投球に翻ろうされ、走者を出すことすらできない。五回二死、初戦で本塁打を放った大城が右翼ポール際に大飛球を打ち上げるが、惜しくもファウル。巨人は五回まで完全に封じられる。一方の巨人先発・メルセデスも高橋礼に負けじと完ぺきな投球を披露。低めにボールを集めて四回までに6つの内野ゴロを打たせるなど、初の日本シリーズでCSに続いて快投を見せる。

 メルセデスは五回二死、松田宣に左前打を許し、完全試合ペースを打ち破られる。中村晃には四球を与え、二死一、二塁の走者を背負うが、内川を右飛に仕留めてピンチを脱する。続く六回にも二死三塁とされるが、柳田を一ゴロに仕留めこの回も無失点で切り抜ける。メルセデスは6回を被安打1、無失点に抑えた。

 巨人打線は六回、若林の死球でチーム初出塁。田中俊の犠打で一死二塁と好機を作るも、重信の遊直で二塁走者が戻れず併殺となり、好機を逸する。七回には二死一塁から岡本がチーム初安打となる左前打を放ち二死一、三塁と再び先制の好機を作る。しかし、阿部が力のない三ゴロに倒れ、先取点を奪うことはできない。

 七回、ベンチは好投のメルセデスに代わって2番手・大竹をマウンドに送る。先頭のデスパイネを三塁ゴロに打ち取ったが、この回から三塁に入った山本が弾き、先頭打者の出塁を許してしまう(記録は三塁手の失策)。続くグラシアルに左前打を浴びて無死一、三塁とされると、松田宣にはバックスクリーンに3点本塁打を叩き込まれ、一気に3点を追う展開に。大竹はここで降板となった。

 代わった3番手・桜井は追加点を許さず七回を終えるが続投した八回、柳田に左越えソロ本塁打を浴びる。4番手・高木も福田に右越え2点本塁打を打たれ、0対6とリードを広げられる。

 打線は高橋礼に対し、七回まで結局、岡本の1安打のみ。八回もモイネロの前に三者凡退で攻撃を終える。しかし九回、ソフトバンク3番手・高橋純のコントロールが定まらず、3つの四球を選んで一死満塁。ここで代わった守護神・森から岡本が中越え適時打を放ち、送球間に二塁走者も生還して2点を返す。さらに阿部も右前適時打で続き、3点差。代打・ゲレーロの右前打で二死一、三塁と攻め続けて、一発が出れば同点の場面を作ったが、最後は山本が遊ゴロに打ち取られ、3対6で試合終了となった。

 巨人は先発・メルセデスが6回を1安打無失点と好投したが、中継ぎ陣が痛恨の3本塁打を浴びた。打線は最終回に3点差まで追い上げたが反撃が遅く、3対6で敗れて日本シリーズ2連敗となった。第3戦は舞台を東京ドームに移し、22日に行われる。

監督インタビュー

1、2、3番が、円熟期の選手たちだからね。1日置いて、彼らはまた暴れるでしょう

Q:メルセデス投手が6回を1安打に抑えました

非常に飛ばしていた。ナイスピッチングですね。良かったと思います

Q:救援陣は昨日に続いて振るいませんでした

うーん、きょうはエラーも少し足を引っ張りましたけれども、甘いところにいったら打たれるというね、そのくらいの気持ちでね、甘いところにいかなければいいんだから、この次は

Q:丸選手に当たりが出ません

そうですね、1、2、3番が、円熟期の選手たちだからね、そういう点では、1日置いて、彼らはまた暴れるでしょう

Q:移動日を挟んで仕切り直しですね

もちろん、もちろん。やられたらやり返すというね。少し時もありますから。うまく活用しながら、明後日を迎えるということですね

順位表