GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

10月22日 対ソフトバンク3回戦・東京ドーム

亀井が2打席連続ソロ本塁打を放つも…四回の失点が響き3連敗

写真

2打席連続本塁打で気を吐いた亀井

写真

五回以降、澤村、田口、中川が無失点に抑える

写真

最終回に阿部が左前打で出塁し反撃ムードを盛り上げる

 東京ドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとの「SMBC日本シリーズ2019」第3戦。初回に亀井の先頭打者ソロ本塁打で幸先良く先制する。先発高橋が2点を奪われ逆転されたが、三回に亀井の2打席連続となるソロ本塁打で同点とした。しかし四回、3番手の戸郷が4点を献上し、2対6と苦しい展開になった。五回以降は澤村、田口、中川らが無失点に抑え、味方の反撃を待つ。しかし打線はソフトバンク投手陣の前に抑え込まれ、本拠地でも勝ち星を挙げられず、日本シリーズ3連敗となった。

 ヤフオクドームでの2戦を落とし、この試合を負けると後がなくなる巨人。大事な試合の先発を任されたルーキーの高橋は初回、ランナーを出しながらも緩急をつけたピッチングで無失点に抑える。その裏、先頭打者の亀井がバンデンハークのストレートを右翼席へ運び、先制点を挙げる。

 しかし二回、高橋はグラシアルにソロ本塁打を浴び、すぐさま同点に追いつかれる。試合を振り出しに戻された巨人は、二死からゲレーロがフェンス直撃の二塁打を放つも、得点にはつながらない。
 
 三回、高橋は一、二塁のピンチを背負うと、デスパイネに中前適時打を打たれ、1点をリードされる。負けられない巨人ベンチはここで鍵谷をマウンドに送り、1失点でこの回を終える。その裏、亀井が右翼線の2階席に飛び込むソロ本塁打を放つ。亀井の2打席連続本塁打ですぐさま同点に追いついた。

 四回、3番手の戸郷が内川の左前打などで一死満塁とされると、代打長谷川勇の犠飛、柳田の押し出し四球、デスパイネの左前2点打で、一挙4得点を許してしまう。その裏、再度追いつきたい巨人打線は大城が中前打で出塁すると、続くゲレーロ、田中俊も四球を選び二死満塁のチャンスを作る。しかしこの好機を生かせず、無得点に終わった。

 五回からマウンドに上がった5番手の澤村は、走者を許しながらも2イニングを無失点に抑える。七、八回も田口、中川がそれぞれ三者凡退に抑える好投を見せる。

追いつきたい巨人だったが、ソフトバンク2番手の石川の前に五、六回は三者凡退に倒れる。七、八回は走者を出したが、連続三振や併殺打で打線がつながらなかった。

九回もマウンドに上がった中川は、安打を許しながらも無失点で切り抜け、打線の反撃を待つ。最終回は先頭の阿部が右前打を放ち意地を見せるが、二者連続で空振り三振に抑えられるなど得点できず、2対6のまま試合終了。本拠地・東京ドームでも1勝が遠く、痛恨の3連敗を喫した。

監督インタビュー

巨人らしさ、巨人の良さが出ていない

Q:同点の三回から戸郷投手を投入しました

思い描いていたリレーだった。戸郷も滑り出しはよかった。次は自分のピッチングをしますよ

Q:打線は

亀井は見事だった。(坂本、丸について)巨人らしさ、巨人の良さが出ていない。

Q:追い込まれましたが、選手に期待することは

本人たちは、違った環境でもがきながら、懸命にプレーしている。それを変える必要はない

Q:明日先発の菅野投手に託すということですか

先発投手が頑張り、主導権を握るというのはあるでしょう

順位表