GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

3月4日 対日本ハム3回戦・札幌ドーム

  • ゲームトップ
  • ダイジェスト
  • スコアブック
  • Gフォト

大城が先制2点本塁打も…桜井の乱調で追いつかれ引き分け

写真

二回二死二塁、大城が先制2点本塁打

写真

六回一死一、二塁、湯浅が中前適時打

写真

中島は3安打と気を吐く

 札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズとのオープン戦3回戦。巨人打線は二回、大城の1号2点本塁打で幸先よく先制する。さらに五回、岡本、亀井の連続適時打などで効果的に加点した。一方の先発の田口は変化球をうまく使い、5回を投げ4安打2失点とまずまずの投球を見せる。しかし六回、2番手で登板した桜井が5点を失い同点に追いつかれると、主力が退いた打線も七回以降は得点を奪えなかった。一時5点差をつけていたがリリーフ陣が粘り切れず7対7で今季オープン戦初の引き分けとなった。

 巨人先発の田口は初回、西川の打球が足に当たるアクシデントに見舞われたが、坂本の好プレーにも助けられ無失点で立ち上がる。

 一方の打線は二回、日本ハム先発のバーヘイゲンから岡本のチーム初安打となる左前打などで二死二塁のチャンスを作ると、オープン戦打撃不振だった大城が中堅スタンドに弾丸ライナーで叩き込み2点を先制する。

 田口は三回、一死二塁のピンチを招くと、石井に右中間適時三塁打を許し1点差に詰め寄られる。なおも一死三塁とされたが後続を断ち最少失点で切り抜けた。

 打線は五回、中島の右前打、2つの四球などで二死満塁のチャンスを作る。この場面で岡本が日本ハム2番手・生田目からきっちりと中前にはじき返し2点を追加。なおも二死一、二塁から亀井が中越え2点二塁打で続きリードを5点に広げた。

 田口はその裏1点を失ったが、5回を投げ4安打2失点の投球を見せマウンドを降りた。

 打線は六回、大城の右前打、中島のこの日3本目の安打となる中前打などで一死一、二塁とすると、途中出場の湯浅が中前適時打を放ち再び5点差とした。

 六回は桜井が登板したが、二死満塁から3連続適時打を浴びるなど打者10人で一挙5点を奪われ同点に追いつかれてしまった。七回、八回もピンチを背負うが何とか踏ん張り勝ち越しは許さなかった。

 打線は九回、北村、石川の連打で一死二、三塁としたが後続が倒れ勝ち越しならず。その裏、途中からマウンドに上がった3番手の高木が一死一、三塁のピンチを背負ったが無失点で抑え試合終了。巨人は、序盤は大城の本塁打などで効果的に加点して主導権を握ったが、2番手の桜井がリードを守り切れず7対7で引き分けとなった。


順位表