GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月20日 対阪 神2回戦・東京ドーム

パーラ来日1号、坂本猛打賞!…打線爆発で開幕2連勝!

写真

七回、パーラが来日1号となる3点本塁打

写真

3安打猛打賞の坂本

写真

5回1失点で初勝利を挙げた田口

 東京ドームで行われた阪神タイガースとのJERAセ・リーグ2回戦。巨人は1対1で迎えた四回、岡本の適時二塁打などで2点を勝ち越し。七回にはパーラの来日1号となる3点本塁打などで大量8点を加え、試合を決めた。先発の田口は5回1失点で今季初勝利。坂本は3安打猛打賞で完全復活をアピールした。巨人は投打がかみ合って阪神に連勝。開幕カード3連戦の勝ち越しを決めた。

 巨人打線は初回、阪神先発の左腕・岩貞に対して一死からキャプテン坂本が中堅フェンス直撃の三塁打を放つと、丸の二ゴロの間に生還し幸先良く先制する。

 巨人先発の田口は三回、二死満塁のピンチを背負うものの、阪神四番のボーアを力ない二ゴロに仕留めて切り抜ける。しかし四回、二死から原口にソロ本塁打を浴び、同点に追いつかれる。

 打線は直後の四回、先頭の坂本が中越え二塁打でチャンスを作ると、一死三塁から岡本が左翼線にはじき返す適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功。続く中島、パーラが四球でつなぎ二死満塁と攻め、炭谷の押し出し四球で追加点を奪った。

 打線の援護を受けた五回の田口は四球で走者を許しながらも阪神の上位打線を無安打で抑える。田口は制球に苦しみながらも結局5回を被安打4、1失点でしのぎ、マウンドを降りた。

 六回、2番手の澤村は阪神打線を三者凡退に抑える。七回はビエイラが登板したものの、制球が定まらず二死満塁のピンチを招いて交代。代わった高木はボーアを見逃し三振に抑え、見事な火消しを見せた。

 するとその裏、阪神2番手のルーキー右腕・小川から先頭のパーラが右前打で出塁。暴投や失策などで無死満塁とチャンスを広げる。一死後、坂本がこの試合3本目となる左前適時打を放ち、4点目。さらに打線が一気にたたみかけ、岡本の右前打、重信の押し出し四球、陽の2点適時打で8対1。とどめはパーラが来日1号となる3点本塁打を右翼席に叩き込み、この回一挙8得点をあげて11対1と試合を決めた。

 大量リードをもらった投手陣は八回を鍵谷、九回を移籍後一軍初登板となった藤岡が無失点に抑えて試合終了。巨人は七回の集中打で突き放して開幕2連勝。開幕カード3連戦の勝ち越しを決めた。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」

監督インタビュー

(パーラは)新鮮な形でピッチャーたちと当たらなければいけない中で結果が早めに出ている

Q:七回はビッグイニングに

「あそこの場面、その攻撃に入る前にしのいだというところに、まあ、ああいうイニングになったのかな、という気がしますね」

Q:高木投手が抑えました

「そうですね、あそこの場面で、最高のボールをね、三つ投げたという、非常に勢いをつけて、ビッグイニングになったと思いますね」

Q:坂本選手にも3安打目、岡本選手も適時打、パーラ選手も来日1号でした

「そうですね。やっぱりシーズンに入ると、違うでしょうかね。いいものが出て、まあこれからも、あしたからもいい精神状態で戦えるのではないかと思いますね」

Q:田口投手は開幕2戦目で5回1失点でした

「少し慎重さというんでしょうかね、丁寧に投げすぎたというんでしょうかね、そのへんで球数とか、色んな意味でね、しかしボールの精度、質という点ではいいと思います。きょうの勝ち星というのがまた、活力になると思います」

Q:連勝で明日はサンチェス投手です

「新戦力ですしね、ファンの方も注目しているだろうし、我々もいいスタートを切ってほしいという風に思っています」

Q:坂本選手はチャンスメークに適時打にと、活躍しました

「そうですね、きのうよりもはるかにスイングスピードというか、体のキレというのが出ているところにね、並みではないなという感じがしますね」

Q:感覚が戻ってきているということでしょうか

「そうなんでしょうね。見ている限り、(感覚が戻って)そういう風に見えるというのがね」

Q:パーラ選手も待望の一発でした

「彼は新鮮な形でピッチャーたちと当たらなければいけない中で、結果が早めに出ているというところはいいと思います」

ヒーローインタビュー

「やっとベイビーシャークダンスを思い切って踊れた」来日初本塁打のパーラ

写真

Q:見事な来日初ホームラン。ナイスバッティングでした 

本当にうれしいです。ヒーローと言っていただけましたが、ヒーローは僕ではなくて、チームがヒーローだと思います。やっと「ベイビーシャークダンス」を思い切って踊れたことは本当によかったです 

Q:大きな一発になりました。感触含めて、その打席の内容を聞かせてください 

正直ここまでのところ、ホームランが出ていなかったというところで、僕自身そろそろ1本ほしいなという思いはありましたので、そういう意味で今日出たことは本当にうれしいですし、これからシーズン通してもっと結果が出ればいいなと思います 

Q:その前には鋭いヒットもありました。このところの打撃の内容を振り返っていかがですか 

皆さんのおかげもあってこういう結果が出ていると思いますし、これからもしっかり練習して、こういった結果がシーズン通して残せるようにがんばっていきたいと思います 

Q:来日して一番のシャークダンスにだったのではないかと思います 

僕もそうなんですけども、チームメイトのみんなが僕が帰ってきたときにシャークダンスを踊ってくれていて僕以上に喜んでくれたのかなと思いますし、そういう意味では非常にチームがまとまっている姿を見ることができ、非常にいいことだなと思います 

Q:ファンに向かって、自己紹介も含めて一言お願いします 

できれば球場にファンの皆さんの熱意を感じて、皆さんと一緒になっていれることが一番いいんですけど、残念ながら現在そういう状況ではないですが、そういったファンの方と一緒にいる日がすぐにでも来て、皆さんと一緒に野球ができる日が来ればいいなと思います。いつも応援ありがとうございます 

順位表