GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月21日 対阪 神3回戦・東京ドーム

岡本が逆転2点本塁打、サンチェス好投、投打かみ合い開幕3連勝

写真

四回、岡本が逆転の今季1号2点本塁打

写真

サンチェスは六回途中1失点で来日初登板初勝利

写真

四回二死二、三塁、代打・北村がプロ初安打・初打点

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの3回戦。巨人は1点を追う四回、4番岡本の今季1号となる逆転2点本塁打など、打者10人で5点を挙げ逆転、五回にもパーラの2試合連続となる2点本塁打が飛び出し主導権を握る。先発の来日初登板のサンチェスは初回に先頭打者本塁打を浴び先制を許すが、その後は六回途中で降板するまで阪神打線を封じ、継投で逃げ切って7対1で勝利。巨人は3年ぶりの開幕3連勝を飾るとともに、開幕カードの対阪神戦に限っては史上初の3連勝となった。

 巨人先発のサンチェスは初回、近本に先頭打者本塁打を浴び先制点を許すが、その後は阪神打線を無安打に抑え、序盤を最少失点に抑える。対する打線は二回に岡本・中島の連打で得点圏に走者を進めるが、後続が倒れ無得点に終わる。

 1点ビハインドのまま迎えた四回、サンチェスは二死ながら一、二塁と得点圏に走者を背負うが、ボーアを打ち取りピンチを脱する。その裏、先頭の丸が今季初安打となる中前打を放つと、続く岡本が右中間への2点本塁打を放ち逆転に成功。さらに一死から陽の右中間二塁打でチャンスメイクすると、パーラの中前適時打、北村のプロ初安打となる左前適時打、坂本の中前適時打でこの回に5得点を挙げビッグイニングを作り上げる。

 巨人打線は五回にも二死二塁からパーラの2試合連続となる右越え2点本塁打で差を6点に広げる。大量の援護点をもらったサンチェスは六回、二死満塁のピンチを招き、ボーアを打席に迎えたところで降板。昨日に続きピンチで高木にスイッチ。高木は、ボーアを二ゴロに抑え無失点でこの場面を切り抜ける。

 七回には澤村が登板。阪神打線を三者凡退に抑えると、八回を中川、九回を宮國と繋ぎ相手打線を無失点に抑え7対1で逃げ切る。先発サンチェスは六回途中1失点で来日初登板初勝利。巨人は3年ぶりの開幕3連勝とともに、開幕カードの対阪神戦としては初の3連勝となった。


 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(サンチェスは)いいスタートを切ったと思います

Q:開幕3連勝、素晴らしいスタートですね

本当にいいスタートが切れたし、1人1人がしっかりとした役割の中でやってくれたという感じがします

Q:サンチェス投手が白星をあげました

先頭打者に本塁打を打たれましたけれども、オープン戦、練習試合の中で研究したものがでていたと思います。いいスタートを切ったと思います

Q:4番・岡本選手の第1号からビッグイニングになりました

あそこでね、逆転2ランという形でね、やっぱり勢いはつきますね

Q:パーラ選手は2戦連発ですね

このままいってくれると一番いいなと思います。コンタクトする力は非常にあるので、まあ本塁打というのはね、結果という部分でいいとは思いますけれども、バッターの質からするとやっぱりどんなボールに対してもコンタクト率は非常に高い打者であるということは言えると思います

ヒーローインタビュー

「続けていけるように頑張る」今季1号の逆転本塁打を放った岡本

写真

Q:開幕3連戦で1本出ました。今の気持ちをお聞かせください。 

昨日ヒット1本出て、ちょっとほっとして今日は自分のスイングができたかなと思います。 

Q:打った瞬間の音もすごかったですが、打席での内容を振り返っていかがでしたか 

1点負けていて、先頭の丸さんが出たので、なんとかつなげるようにという意識でいきました。 

Q:その本塁打を含めて、今日は3安打猛打賞。このあたりの打撃の状態というのはいかがでしょうか 

まだ始まったばかりなので、しっかり一打席一打席集中していきたいなと思います。 

Q:今日は開幕3連勝に向けての今シーズンの第1号それから猛打賞となりました。4番の仕事になりましたね。 

続けていけるように頑張りたいなと思います。 

Q:開幕3連勝という最高のスタートになったと思いますが、打線も非常に活発だと思います。どのようにご覧になっていますか。 

つながりがあると思うので、自分もしっかり、そのつながりを切らないように頑張りたいなと思います。 

Q:いよいよ今シーズンのプロ野球が開幕しました。これから過密日程を含めて、過酷な難しいシーズンになると思いますが、今後に向けて最後に一言お願いします。
 

こういう状況の中で、試合をさせてもらえるということだけでもありがたいことなので、しっかり頑張りたいなと思います。 

順位表