GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月24日 対広 島2回戦・東京ドーム

メルセデス3回4失点の乱調…打線も振るわず今季初黒星で連勝ストップ

写真

三回一死、中越え三塁打を放った大城

写真

七回無死、中越えの二塁打の岡本

写真

2イニングを無失点に抑えた藤岡

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの2回戦。巨人先発のメルセデスは初回と二回に連続で2点本塁打を許すなど、3回5安打4失点でノックアウトされる。リリーフ陣は五回に古川が本塁打を浴び、開幕以来続いていた無失点が途切れるも、その後は要所をしっかりと抑え、追加点を許さない見事な継投を見せる。一方の打線は三回、今季初スタメンの大城の三塁打から相手の失策が絡んで1点を奪うが、その後は広島投手陣の前に打線が沈黙。リリーフ陣が踏ん張りを見せた巨人だったが、先発メルセデスの誤算に加え、打線が機能せず1対5で敗戦。今季初の黒星を喫し、開幕からの連勝が4で止まった。

 巨人先発のメルセデスは初回、先頭のピレラに出塁を許すと、二死後に迎えた鈴木誠に本塁打に浴び、初回から2点を失う。メルセデスは二回にも田中広に2点本塁打を許し、序盤から大きなビハインドを背負う。

 一方の打線は広島先発の九里の前に、二回まで無安打、3三振に抑えられる。しかし三回、一死から大城がセンターフェンス際に三塁打を放ち、好機を演出。すると、3試合ぶりのスタメン起用となった吉川尚の三塁へのゴロを、相手守備が送球エラー。その間に大城が生還し、巨人は思わぬ形で1点目を奪う。

 メルセデスは三回の攻撃で代打を送られ降板。立ち上がりの甘い球を捉えられ2被弾を喫するなど、ベンチの期待に応えられなかった。四回から二番手としてマウンドに上がったのは今季初登板の古川。四回は無失点に抑えたものの、続投した五回には菊池涼にソロ本塁打を許し、追加点を与えてしまう。

 再び4点差とされた打線は、九里に六回まで9つの三振を奪われるなど、完全に沈黙。変化球を四隅に集める九里の巧みな投球の前に、反撃の糸口を見いだせない。

 一方の巨人は、六回から登板した3番手の宮國が2イニングを無失点に抑える好リリーフを見せる。リリーフの好投に応えるように、四回以降無安打が続いていた打線は七回、岡本があと数センチでホームランという特大の二塁打を放ち追加点の好機を作ると、二死満塁のチャンスで、原監督は石川を代打に送り出す。石川は初球の変化球を捉えるが、センターの西川がフェンス際でこの大飛球を捕球。好投を見せていた九里を攻め立てた巨人打線だったが、追い上げの絶好機を逸してしまった。

 何とか一矢報いたい巨人打線だったが、八回から継投に入った広島投手陣を捉えられず、追加点を奪うこと無くゲームセット。巨人は、今季好調のリリーフ陣がこの試合も踏ん張りを見せたが、先発メルセデスが3回4失点の乱調。打線も3安打1得点と精彩を欠き、今季初黒星を喫して開幕からの連勝が4で途切れた。


 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(メルセデスは)やっぱり用心深く、というところが必要でしょうね

Q:メルセデス投手は2発の本塁打を浴びましたが

そうですね。もうちょっとやっぱり用心深く、というところが必要でしょうね。ボールそのものは走っていたように見えましたけど、少し一本調子になったきらいはあるでしょうね

Q:中継ぎは踏ん張りました

そうですね、頑張って、頑張って、ゲームを壊さずにいってくれたと思います。宮國も良かったし、藤岡も腕も良く振れているしね

Q:明日は勝ち越しをかけて

そうですね。切り替えて。今日はやっぱり打線も丁寧に放られたというところで、なかなかやっぱりね。明日から本来の姿という形になるでしょう

順位表