GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月25日 対広 島3回戦・東京ドーム

岡本のソロ本塁打で八回に追いつき、今季初の延長引き分け

写真

五回、坂本の今季1号2点本塁打で逆転

写真

八回、岡本が同点のソロ本塁打

写真

先発の桜井は6回2失点の好投

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの3回戦。巨人は1点を追う五回、坂本の今季1号となる2点本塁打で3対2と逆転。その後再逆転を許すが、八回に岡本のソロ本塁打で5対5の同点に追いついた。その後は両チームのリリーフ陣が踏ん張り、特別ルールにより今季初めて延長10回引き分けとなった。

 巨人先発の桜井は初回を三者凡退に抑えるも、二回二死から今シーズン初スタメンの坂倉に左翼線二塁打を許し、続く堂林にフルカウントからの甘い変化球を左翼スタンドに運ばれ2点の先制を許す。

 反撃したい巨人打線は三回、二死から坂本が右翼線に二塁打。節目となる通算350本目の二塁打でチャンスメイクすると、続く丸が左翼フェンス直撃の適時打を放ち、1点を返す。

 桜井は先制を許したが尻上がりに調子を上げ四回、五回とリズムよく抑える。力投に応えたい巨人打線は五回、一死から亀井が四球で出塁すると、続く坂本が真ん中の変化球を完璧に捉え、打球は左中間スタンドへ。キャプテンの今季第1号は貴重な逆転2点本塁打となった。

 打線の援護を受けた桜井は六回も続投し、1点のリードを守り抜く。6回2失点と試合を作り、降板した。

 七回は2番手で澤村が登板するが、一死一、二塁からピレラに適時二塁打、続く菊池涼にも適時内野安打を浴びて逆転を許す。後を受けた高木も西川の内野ゴロの間に追加点を奪われ、3対5とされる。

 追いつきたい打線は直後の七回、先頭の代打・重信が右中間二塁打で出塁すると、一死から亀井が右前適時打を放ち1点を返す。八回には先頭の4番岡本が、この回から登板した菊池保の初球を右翼スタンドへ弾丸ライナーで運び、5対5の同点に追いつく。

 九回、デラロサは広島の上位打線を危なげなく三者凡退に抑える。その裏の攻撃で増田大が二盗を決めて無死二塁と一打サヨナラのチャンスを迎えるも、後続が倒れ無得点。5対5のまま今季初の延長戦に突入した。

 延長十回、7番手の宮國が危なげない投球で三者凡退に抑える。その裏はパーラの四球から二死一、二塁と再びサヨナラの好機を作るも、後続が続かず無得点に終わった。試合は5対5で延長10回、特別ルールにより今季初の引き分けとなり、巨人は広島との3連戦を1勝1敗1分けで終えた。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

僅差のゲームはこれからも予想されるというところでしょうね

Q:2度のビハインドを打線が粘りました

そうですね。本来ならば、守り切るというところができれば良かったんですけれども、そこから良く同点に追いついたというところでしょうね

Q:岡本選手は見事でした

そうですね。もう少しランナーを置いて打席に立たせたいですね。走者がいる場面というのはプレッシャーがかかるんじゃないかなと思いますね

Q:序盤は坂本選手に本塁打がありました

そうですね、いいところで1本目が出ましたね

Q:広島戦1勝1敗1分けでした

僅差のゲームはこれからも予想されるというところでしょうね

順位表