GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月3日 対中 日1回戦・東京ドーム

菅野、被安打1で今季チーム初完封!…七回一死まで無安打、11奪三振

写真

1安打完封勝利の先発・菅野

写真

六回、坂本が均衡を破るソロ本塁打を放つ

写真

八回、代打の北村が満塁の走者一掃の3点二塁打

 東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの1回戦。菅野、大野雄の開幕投手同士の息詰まる投手戦は六回、坂本のソロ本塁打で巨人が先制する。八回には代打・北村が満塁の走者を一掃する3点二塁打を放ち、試合を決定づけた。菅野は七回一死まで無安打に抑える圧巻の投球。結局被安打わずか1、11奪三振の快投で今季チーム初となる完封勝利を挙げた。巨人は5対0で快勝し、開幕から5カード連続で初戦白星となった。

 巨人打線は初回、中日先発大野雄に対して二死から坂本が左前打で出塁すると、岡本、中島が続けて四球を選ぶ。しかしパーラが見逃し三振に倒れ、先制はならなかった。

 巨人先発はエースの菅野。初回から直球を走らせ、中日打線をテンポよく抑えていく。三回には岡本と坂本の好守もあり、序盤は一人の走者も許さない。四回、福田の死球、ビシエドの四球で初めてのピンチを迎える。しかし、ここは落ち着いて高橋を打ち取り、無安打投球を続ける。

 菅野を援護したい打線は、尻上がりに調子を上げる大野雄を前に、二回以降安打が出ない。三回から五回までは三者凡退に抑えられ、途中、6者連続三振を奪われるなど完全に封じられる。しかし六回、一死から坂本が左翼席最前列にソロ本塁打を放り込み、ついに均衡を破る。

 試合が動いた直後の七回、菅野は一死から4番ビシエドへの初球を左中間二塁打とされ、ここで無安打投球はストップ。その後二死一、二塁のピンチを招くが、京田を中飛に打ち取り、1点のリードを守る。

 その裏、巨人は大城の中前打、菅野の犠打で二死二塁と得点圏に走者を進める。続く増田大の代打・石川は追い込まれた末に平凡な内野フライに倒れたかと思われたが、マウンド付近の落下点に入った内野手2人が交錯し、落球。二塁走者の大城が生還し、思わぬ形で追加点を得た。さらに八回、2番手三ツ間から岡本が左中間二塁打を放ち、2四球で一死満塁の好機を作る。ここで中日3番手のルーキー左腕・橋本から、代打・北村がフルカウントまで粘った末、走者一掃の中越え3点二塁打を放ち、5対0と突き放した。

 最終回もマウンドに上がった菅野は勢いを止めず、簡単に三者凡退に抑えて今季チーム初の完封勝利。122球で被安打1、11奪三振とほぼ完璧な内容で、大野雄とのエース対決を制した。5対0で快勝した巨人は、開幕から5カード連続でカード初戦白星スタートとなった。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(菅野は)自分のペースを崩すことなく、投げ勝ってくれました

Q:息詰まる投手戦で菅野投手が1安打完封でした

相手投手も素晴らしいピッチングでしたが、自分のペースをね、崩すことなく、投げ勝ってくれました。きょうは真っすぐが非常に良かったと思います。捕手の大城と工夫しながらワンパターンにならず、リードも非常に良かったと思いますね

Q:坂本選手の本塁打もありました

難しいボールだったと思います。相手投手との相性という点では、私の記憶ではとてもよく、その分上回ったのかなと思いますね。投手としても失投ではなかったのではないかなと思いますね

Q:北村選手も見事な打撃でした

3-2カウントまで持っていったところにね、いい結果が出たのではないかと思いますね

ヒーローインタビュー

[(ノーヒットノーランは)大城の方が意識していたと思う」1安打完封勝利の菅野

写真

Q:両チームのエース対決を制しての完封勝利いかがですか 

大野さんもすごく良いピッチングをしていて、なかなか点を取れないだろうなと思っていたので、粘り強く投げられて良かったと思います 

Q:七回途中までノーヒットでした。(ノーヒットノーランの)意識はありましたか 

ありました。ただ、キャッチャーの大城の方が意識をしていたと思うので、(自分自身は)あまり意識せずに「こういうときこそ大胆にいこう」と言ったとたんに、打たれましたね 

Q:結果的にはそのヒット1本に押さえての完封勝利です。今日のピッチング、改めて振り返ってみていかがですか 

完璧とは言いがたい内容ですけど、ピンチの場面では粘り強く、投げられたと思います。ただ四球が今日は3つですかね。多いような気がするので、次回の登板ではゼロでいけるように心がけて投げたいです 

Q:ベンチからもエースとしてのピッチングを期待されていましたけど、今日はそういった自覚はありましたか 

そうですね。去年も含めてなかなか良いピッチングができていなかったので、久しぶりに納得できる内容で、去年の借りもあるので少しずつ返していきたいです 

Q:八回が終わったところでは宮本コーチとの会話もありましたが、どういう内容だったのでしょうか 

宮本さんから「チーム初完封、行ってほしいな」という風に言われたので、まあ、行かざるを得ないですよね。自分もそのつもりでしたし、宮本さんの期待にも応えられて良かったです 

Q:今日の勝利で、開幕から5カード連続で初戦を取りました 

カードの頭をとれるというのは、やっぱりその後の戦い方に影響があると思います。もし負けるようなことがあれば3連敗も見えてきてしまうので、カードの頭をとるというのはものすごく重要なことだと思います。意味は十分に理解して投げています 

Q:投手陣を代表して、この後の意気込みをお願いします 

まだまだ戦いは長いですけど「今いるピッチャー陣で最後まで戦い抜く」と宮本さんがずっと言い続けているので、自分が背中で引っ張っていけるように頑張ります 

順位表