GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月4日 対中 日2回戦・東京ドーム

丸が2本塁打6打点の大活躍…原監督、通算1034勝で長嶋終身名誉監督に並ぶ

写真

丸が2本塁打6打点の大活躍

写真

二回二死、坂本が左中間にソロ本塁打

写真

パーラは3安打で猛打賞

 東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの2回戦。巨人は初回に丸の3点本塁打で幸先よく先制する。丸は、五回に2本目となる本塁打を右中間に叩き込み点差を6点に広げ、七回にも適時二塁打を放つなど、3安打6打点の大活躍。投手陣は、先発の田口をはじめ、計6人の投手リレーで中日打線を3点に抑え込み、序盤から終始リードを保って勝利をつかんだ。原監督は今日の勝利で長嶋終身名誉監督に並び、球団歴代2位タイの通算1034勝となった。

 巨人先発は田口。初回、ストライク先行の投球で中日打線を三者凡退に抑える。二回は好調の高橋に右前打を打たれるも、続く阿部を併殺に斬って取り、流れを渡さない。三回も三者凡退に抑える素晴らしい投球を見せ、3回1安打無失点でマウンドを降りた。

 巨人打線は初回から中日先発の吉見を攻め立てる。先頭の重信が右前打、続く坂本が四球で出塁し、無死一、二塁の好機を作る。打席には丸。バットの先端ですくい上げた打球は右翼席に飛び込む3点本塁打となり、幸先よく先制した。二回には二死から坂本が左中間スタンドに2試合連続となるソロ本塁打を叩き込み、流れを呼び込む追加点を奪った。

 巨人は四回から鍬原をマウンドに送る。先頭の平田に四球を与え出塁を許すものの、大島、福田を連続三振、ビシエドを中飛に打ち取った。五回も2つの三振を奪って0点に抑え、中日打線を完璧に抑え込む。

 打線は五回、この回からマウンドに上がった鈴木博を叩く。先頭の坂本が四球で出塁すると、続く丸が右中間スタンドに本日2本目となる本塁打を放ち、2点を追加した。二死後、パーラが猛打賞となる二塁打を放ちチャンスを作るも、続く大城が遊ゴロに倒れ、さらなる追撃とはならなかった。

 六回、ここまでほぼ完璧な投球を見せてきた鍬原が突然崩れる。先頭打者に四球、代打・溝脇にライト線の二塁打を許すなど無死満塁のピンチを招き、打席には大島。1ストライクからの2球目をライト前に運ばれ、2点を返されたところで鍬原はマウンドを降りた。3番手としてマウンドに上がった鍵谷は、最初の打者を遊撃併殺打に打ち取り二死とするも、ビシエドに左前適時打を浴び3点目を献上する。しかし、続く高橋を二直に打ち取り、なんとか最小限の失点で切り抜けた。七回には、四番手の高木が一死から京田に二塁打を打たれたものの、後続を打ち取り点差を保つ。

 その裏、先頭の坂本が中前打を放って出塁すると、打席には丸。初球から積極的に打っていった打球は右中間を破る適時二塁打となり、貴重な7点目を奪った。

 4点のリードをもらった投手陣は八回を中川、九回を澤村が無失点に抑えて試合終了。巨人は序盤から終始リードを保って勝利をつかみ、中日とのカード3連戦の勝ち越しを決めた。原監督は監督通算勝利数が1034となり、球団歴代2位の長嶋茂雄終身名誉監督と並んだ。



 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」

監督インタビュー

(監督通算1034勝は)通過点だと思うんですが、感謝、感謝ですね

Q:丸選手が2本塁打でした

ええそうですねえ。うちの中心打者がああいう形でいってくれると非常にいいですね

Q:重信選手も1番起用に応えました

相性というのもあるし、状態もよかったものですから。なかなかこのところ先頭打者というのがね、機能していないというのがあったんで、そういう意味では、初回の先頭打者が出たのは久しぶりだと思います

Q:通算勝利数が1034勝で長嶋終身名誉監督に並んで歴代2位になりました

ああ、だから澤村がボールくれたのか、そういうことですか。すばらしい選手たちに恵まれたという、コーチも含めてですね。私はなんというか、裏方の中でやってきた通過点だと思うんですが、感謝、感謝ですね

ヒーローインタビュー

「振り負けることなく強いスイングができた」2本塁打6打点の丸

写真

Q:6打点の中には2本の本塁打もありました。まず一本目、初回にいい流れを作りましたね 

初回からいいかたちでチャンスを作って、ランナーを返せてよかったです 

Q:体勢が不十分にも見えましたが、感触はいかがでしたか 

僕としては打った瞬間どうかなっていう思いだったんですけど、なんとか越えてくれてよかったです 

Q:二本目はものすごい弾道で飛んでいきました。この当たりの手応えを聞かせてください 

相手投手の力強いストレートに、きっちりと振り負けることなく強いスイングで打つことができたので、非常によかったと思います 

Q:その後は二塁打も打って3安打猛打賞6打点、状態というのはご自身どのように分析されますか 

状態というのはあまりわからないですけど、シーズン序盤から足を引っ張ってきた分、また明日からの試合で取り返せるように一日一日がんばっていきたいと思います 

Q:今日は打撃陣が点を取りました。その中で6打点、非常に大きな貢献になったと思いますがいかがですか 

野手としては「一点でも多く点を取って、投手陣を楽な状況で投げさせてあげよう」とチームで言っているので、今日はそういった意味ではとても良かったと思います 

Q:今日は丸ポーズも飛び出しましたけれども、ジャイアンツファンは次の丸ポーズというのも早く出してほしいと楽しみにしていると思います。最後に一言お願いします 

また明日から、丸ポーズがたくさん出せるようにがんばりたいと思います。ありがとうございました 

順位表