GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月11日 対ヤクルト4回戦・ほっと神戸

投手陣が失点を重ね、吉川尚の意地の本塁打も及ばず敗戦

写真

一回、逆転2点二塁打を放った岡本

写真

五回に3者連続空振り三振を奪った先発のサンチェス

写真

九回、一死からの2点本塁打で意地を見せた吉川尚

 ほっともっとフィールド神戸で行われた東京ヤクルトスワローズとの4回戦。巨人は初回に1点を失った直後に岡本の左翼線2点二塁打で逆転するが、先発のサンチェスが安定せず四回に勝ち越される。六回に追加点を奪われてマウンドを降りた後も救援陣が毎回失点を重ね、7点差まで離されてしまう。最終回に吉川尚が右中間2点本塁打を放ち意地を見せたが反撃及ばず。今季初となる観客を球場に入れての試合となったが、終盤の失点が重く4対9で首位攻防戦の初戦を落とした。

 巨人先発はサンチェス。初回、連続三振と最高の立ち上がりを見せたかに思えたが、二死から青木に左越えソロ本塁打を浴び先制点を献上してしまう。

 一方の巨人打線はヤクルト先発小川から、この日1番に入った亀井が右前打で出塁すると、丸の右翼線二塁打で一死二、三塁とチャンスを広げる。ここで4番岡本の打球は三塁線を痛烈に破る二塁打となり、走者2人が生還。逆転に成功する。

 打線が逆転した直後の二回、先頭の山崎を遊失策で出塁を許す。進塁打と四球で一死一、三塁のピンチを迎えると、嶋の併殺崩れの間に三塁走者が本塁を踏み、同点とされる。

 三回は三者凡退に抑えたサンチェスだったが、四回に先頭の村上に中越え二塁打を打たれピンチを招くと一死三塁となり、雄平に犠飛を許しヤクルトに勝ち越されてしまう。

 勝ち越しを許したその裏、巨人打線は中島が敵失で出塁、大城も中前打で続き、無死一、二塁のチャンスを作る。一回以来の好機だったが、後続が倒れサンチェスを援護することができない。

 サンチェスは五回に3者連続三振を奪うなど立ち直ったかのように思えたが、六回に四球と安打でピンチを招き、山崎の中前適時打で追加点を奪われマウンドを降りる。なおもピンチが続く場面だったが、2番手の高木が後続をしっかりと抑え追加点は許さない。

 反撃したい巨人打線だが、立ち直った小川の前に沈黙。小川のコーナーを丁寧に突く投球の前に反撃の糸口を見いだせない。

 巨人はその後もリリーフ陣がヤクルト打線の勢いを止めることはできず、終盤に毎回得点を奪われる。八回からマスクを被った岸田が雄平の代走・渡邉の二盗を刺すなど好守が光った場面も見られたが、点差を7点に広げられてしまう。

 一矢報いたい打線も七回から継投に移ったヤクルトリリーフ陣に抑え込まれる。最終回に先頭の岡本が中前打を放ち出塁すると、一死から途中出場の吉川尚が巨人ファンの待つライトスタンドへ飛び込む2点本塁打を放ち、意地を見せたものの反撃及ばず4対9で試合終了。今季初の観客を入れた試合だったが、投手陣がヤクルト打線につかまり首位攻防戦の初戦を落とした。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

流れがこっちに来なかったですね

Q:二回はもったいない形で追いつかれてしまいました

そうですね。なかなかやっぱり流れがこっちに来なかったですね

Q:坂本選手は復帰戦となりました

異状ないようなのでよかったですね。そこはよかったなと思います

Q:今季初の観客を入れた試合でした

ファンの方がいらっしゃるのは、球場、ゲームを非常に華やかにしてくれますよね。そういう中でいいプレーを見せて歓声をもらうというのが、われわれの腕の見せ所。最後まで諦めずに選手たちは戦っているし、明日、いいゲームをしたいですね

順位表