GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月12日 対ヤクルト5回戦・ほっと神戸

最後まであと1本が出ず4連敗…凱旋登板の桜井は五回途中3失点

写真

凱旋登板で五回途中3失点の先発・桜井

写真

四回、中島がソロ本塁打

写真

五回、丸の適時打で1点差に追い上げる

 ほっともっとフィールド神戸で行われた東京ヤクルトスワローズとの5回戦。地元での凱旋登板となった巨人先発の桜井は不運な失点もあり、五回途中3失点で降板。打線は中島のソロ本塁打と丸の適時打で1点差まで迫り、桜井の後を受けた中継ぎ陣も無失点で踏ん張ったが、最後まであと一本が出ず2対3で敗れた。巨人は4連敗で、ヤクルトに首位を明け渡した。

 巨人先発の桜井は高校時代まで過ごした神戸での凱旋登板。故郷のファンを前に好投を見せたいところだったが初回、二死一塁の場面で左中間への平凡な飛球を丸と亀井が譲り合って捕球できず、一塁走者の生還を許す。不運な形で先制点を与えると、三回にも青木にソロ本塁打を浴び、追加点を奪われる。

 2点を追いかける展開となった打線は三回裏、ヤクルト先発の高梨から吉川尚の二塁打などで一死二、三塁とチャンスを作るも、後続が凡退。一打同点の好機を逃してしまう。しかし、四回には中島が左中間席へ運ぶソロ本塁打を放ち、1点差に迫る。

 直後の五回、桜井は安打と四球でピンチを招くと、村上に適時打を許して再び2点差とされた場面で降板。初の凱旋登板は五回途中3失点と、ほろ苦い結果となった。2番手として二死一、三塁の場面で後を受けたのは藤岡。ピンチでのリリーフとなったが後続を断ち、この回を最少失点で切り抜ける。

 走者を出しながらもあと一本が出ない打線は五回、代打・若林が四球を選ぶなど、二死一、二塁と好機を演出すると、丸が高梨の初球を中前に弾き返す適時打を放ち、1点差に迫る。

 六回は宮國が三者凡退に抑えるとその裏、打線はヤクルト二番手の長谷川を攻め、一死一、三塁と同点の絶好機を作る。炭谷の遊ゴロ併殺崩れの間に同点かと思われたが、高津監督がリクエスト。一塁走者のパーラが二塁へ危険なスライディングをしたとして守備妨害を宣告され、打者走者もアウト。併殺で得点が認められず、チャンスを逸した。

 七回以降もリリーフ陣は高木、中川、澤村が1イニングずつ無失点に抑え、打線の奮起を待つ。すると九回、ヤクルト守護神石山から先頭の中島が右前打で出塁。代走で送られた増田大が一死後に盗塁を決め、一打同点の好機を演出する。しかし、代打で送られた大城、石川が連続三振に倒れ試合終了となった。

 巨人は打線にあと1本が出ず、雨天中止試合を挟み4連敗。開幕から守り続けた首位の座をヤクルトに明け渡した。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

バッターは4点5点を取るというのが、我々の目的、目標ですから

Q:六回の守備妨害の判定ですが、どんな説明をされましたか

「パーラも悪気はないんだけど、セカンドベースの方にスライディングをして、その後、ベース盤を超えていったというところでね。まあ、結果的に判断に従うということです。悪気はもちろんないし、ベースにはいっている。ただ、セーフになりたくて勢い余って通り越していったというところが、ああいう判断になったというところですね」

Q:初回に守備のミスもありました

「細かなミスというものがね、特に負けているゲームというのには目立ちますよね。それをはねのけていくのがチーム力だから、それをはねのけていくことが大事だと思います」

Q:最終回も粘り、次につながるのではないでしょうか

「そうですね。粘りはあるし、良いところももちろんあるんだけど、やっぱり、バッターは4点5点を取るというのが、我々の目的、目標ですから」

順位表