GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月16日 対広 島6回戦・マツダ

岡本の3試合連続本塁打などで広島に3連勝…メルセデス今季初勝利

写真

3試合連続本塁打を放った岡本

写真

メルセデスは今季初勝利

写真

初回、今季第1号本塁打の大城

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの6回戦。巨人打線は初回、岡本の併殺崩れの間に先制点を挙げ、続く大城の2点本塁打で初回から3点の先制に成功する。さらに七回には岡本が3試合連続となる2点本塁打を放ち、九回も石川が2点を挙げ、終盤まで効果的に点を重ねていく。投手陣は四回と七回に2点を失うも、打線が追加点で突き放し、終始リードを保ったままで試合を締めくくった。先発のメルセデスは6回2失点の力投で、今季4試合目の登板で初勝利。投打が噛み合った巨人はマツダスタジアムで9年ぶりの同一カード3連勝となった。

 巨人打線は初回、先頭の亀井が広島先発・薮田の初球を右翼線際へ運ぶ二塁打で出塁すると、丸の四球などで一死一、三塁の場面で、岡本の併殺崩れの間に先制点を挙げる。続く大城が今季1号となる2点本塁打を放ち、初回から3点のリードを奪う。

 早々に3点の援護をもらったメルセデスは、初回を三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せると、二回も得点圏に走者を背負いながら後続を断ち、無失点で切り抜ける。

 三回まで無失点の好投を続けていたメルセデスは四回、二死二塁とされると、今季好調の堂林に右中間スタンドへ運ばれる本塁打を許し、1点差に迫られた。五回には、二つの四球などで一死満塁とピンチを招くも、ピレラ、鈴木誠を打ち取り、見事に無失点でピンチを脱する。

 メルセデスの力投に報いたい打線は六回、二死からウィーラーが右前打で出塁すると、続く吉川尚が広島3番手の高橋樹の外角高めの直球を左翼ポール際スタンドへ弾き返す2点本塁打を放ち、リードを再び3点に広げる。

 その裏、得点圏に走者を背負いながらも無失点に抑えたメルセデスはこの回で降板。ピンチを得負いながらも要所を締める投球で、6回2失点としっかりと試合を作って後続にマウンドを託した。

 七回には岡本が3試合連発となる2点本塁打を放ち追加点を挙げる。しかしその裏、2番手として登板した大竹が無死二、三塁といきなりピンチを背負うと、菊池涼に中越えの2点二塁打を許してしまう。

 3点リードの八回には3番手で鍵谷が登板。三者凡退に仕留める好リリーフを見せると、直後の九回には石川の2点適時打で突き放した。

 5点差としたその裏には宮國がマウンドへ。代わり端に2連打を浴びいきなりピンチを招いたものの、バックの好守もあって後続を断ち切り試合終了。

 投打の活躍で終始リードを保った巨人は、マツダスタジアムで9年ぶりとなる同一カード3連勝。先発のメルセデスは今季4試合目の登板で初勝利、さらに苦手の広島相手に初勝利を挙げた。


監督インタビュー

(マツダスタジアムでの3連勝に)神様に感謝だね

Q:いい勝ち方でした

そうですね、早めに主導権握れて、中押しも、そしてだめ押しもというね、非常に調子が上がってきていると思います。チーム力でこの3連戦乗り切った。大城も、大城らしいホームランを打ってくれました

Q:先発のメルセデス投手は粘りの投球でした

調子そのものは非常によかったんですけども、なかなか勝ち運に恵まれなかったというね、そういう意味では勝てたというのが彼にとって大きいし、チームにとっても大きいですね

Q:苦しんできたマツダスタジアムで3連勝です

3タテって久しぶりじゃない?神様に感謝だね

ヒーローインタビュー

「アグレッシブに、キャッチャーを信じて投げました」今季初勝利のメルセデス

写真

Q:4試合目の登板で初白星ですが今のお気持ちはどうでしょう 

開幕から調子が良かったので、そして大城のホームランも流れを作ってくれたので楽な気持ちで投げられました 

Q:今日は見ていて制球もよかったですが、内容的にはどうでしたか 

初回から本当にインコース、アウトコースにしっかり投げられたので、ホームランは打たれたんですけど、何とか修正できてよかったです 

Q:再三のピンチをしっかり乗り切れた大きな理由は何でしょうか 

アグレッシブに、キャッチャーの大城を信じて投げました 

Q:カープ戦は通算8試合勝ちがありませんでしたが、カープアカデミー出身のピッチャーとして特別な思いのある1勝ではないでしょうか 

とにかくうれしいですね。みんなに恩返しができて、チームにとってもよかったと思います 

Q:チームにどのように貢献していきたいか、意気込みを聞かせてください 

とにかく自分のベストを尽くして、なんとかまた勝利できるように頑張っていきたいと思います 

順位表