GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月18日 対DeNA5回戦・横 浜

サンチェス好投で3勝目…チームは今季初の5連勝で首位堅持

写真

3勝目をマークしたサンチェス

写真

二回、2点適時打の北村

写真

五回、左越え適時打の坂本

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの5回戦。巨人は二回、相手の失策や北村の中前2点打などで3点を先制する。五回には坂本の適時打でさらに1点を追加し、DeNAのエース今永から4点を奪う。巨人先発のサンチェスは五回までノーヒットピッチングを披露するなど、九回途中2失点で今季3勝目をマーク。これで巨人は連勝を今季最大の5に伸ばし、首位をキープした。

 巨人打線は二回、先頭の中島が詰まりながらも中前に運ぶと、続くウィーラーが左前打を放つ。中島は積極的な走塁で一気に三塁を陥れると、DeNA・佐野が送球エラー。その間に生還し先制点を奪う。さらに陽の死球、サンチェスの犠打で二死二、三塁とすると、北村が中前2点打を放ち、この回3得点とDeNAエース・今永を打ち崩した。打線の援護を受けた巨人先発のサンチェスは、序盤をすべて三者凡退に抑える好投を見せる。

 三回、四回と無安打に終わった打線は五回、丸の四球と盗塁で一死二塁とすると、坂本の左越え適時打で1点を追加する。一方のサンチェスは、四回、五回とノーヒットピッチングを続けるが、六回一死から乙坂に中前打を許し、この日初安打を許す。しかし後続を打ち取り、この回も無失点に抑える。

 4点先行する巨人だったが、六回以降は相手投手に抑え込まれ走者を出せない。九回には、一死からウィーラー、陽の連打で一、三塁とチャンスメイクするものの、後続が倒れ無得点に終わる。

 好投を続けるサンチェスは、七、八回を無安打無四球に抑える。しかし九回、無死から連打でこの日初めて得点圏に走者を背負うと、ソトに中前に運ばれ、2点を失う。なおも無死一、二塁とピンチを背負ったところで、巨人ベンチは2番手の中川をマウンドに送る。

 中川は佐野、宮崎を打ち取って二死とするも、柴田の代打・中井を四球で歩かせ二死満塁のピンチ。一発が出ればサヨナラ負けの場面だったが、最後は戸柱の代打・桑原を空振り三振に仕留め、4対2で勝利。サンチェスは八回までわずか1安打の好投を見せ、今季3勝目を挙げた。これで巨人は連勝を今季最大の5に伸ばし、首位をキープした。


今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

明日またフラットに戻ってね、明日も取れるように頑張ります

Q:最後は少しひやひやする展開でしたがサンチェス投手は八回まで好投しました

そうですね、なかなか楽なゲームというのはないですよね。(九回続投は)代える材料はありませんでした。(良かった点は)無駄な四球もなかったし、ボールそのものも非常によく動いていたんではないでしょうか。まっすぐも左バッターの胸元を突くというボールも非常によかったと思いますね

Q:しびれる場面で中川投手が登板しました

やっぱり一つの勝利を取るというのはそう簡単なものではないですよ。ぎりぎりの勝負をプロはしているわけですから

Q:北村選手の活躍は

いいところでいい役割をしてくれましたね。右ピッチャーも同じくらい打てればレギュラー取れるチャンスも十分ある選手ですね

Q:今季最長5連勝、貯金は最大8になりました

明日またフラットに戻ってね、明日も取れるように頑張ります

ヒーローインタビュー

「全力を尽くして頑張っていきます」九回途中2失点の好投で今季3勝目を挙げたサンチェス

写真

Q:九回の中川投手のピッチングをどうご覧になっていましたか 

いいピッチングできるよう応援していました。何とかアウトを取ってくれと思っていました 

Q:八回までは1安打ピッチングでしたがどう振り返りますか 

状態やピッチングの内容は良かったです。毎回全力を尽くして頑張っていきます 

Q:今日は何が一番よかったですか 

制球と変化球の組み合わせがよかったと思います。 

Q:チームは5連勝となりましたが、今の状態は 

とてもいいです。一生懸命全力を尽くしていて、お互いを信じあえていると思います 

Q:次回のピッチングの意気込みをファンに向けて 

これからも全力を尽くして、自分のできることを行っていきます 

順位表