GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月19日 対DeNA6回戦・横 浜

九回二死、増田大の好走塁が同点呼ぶ…岡本の勝ち越し弾で6連勝

写真

三回、亀井の2点本塁打で一時逆転

写真

九回、増田大が内野安打で二塁から一気に生還し、同点

写真

九回、岡本が勝ち越しの2点本塁打

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの6回戦。巨人は1点を追う九回、DeNA守護神・山崎の前に二死二塁まで追い詰められるが、丸の二塁内野安打で増田大が二塁から一気に生還し、同点。続く岡本が右越えに勝ち越しの2点本塁打を放ち、5対3で劇的勝利を収めた。巨人は土壇場で粘りの野球を見せて敵地でDeNAに3連勝。チームの連勝は「6」となった。

 巨人先発の桜井は初回、二死一、二塁で宮崎に適時打を許して先制を許す。対する打線はDeNA先発の平良から三回、先頭の重信が左翼線二塁打で出塁。桜井の犠打で一死三塁とすると、亀井が今季1号となる右越え2点本塁打を放ち、逆転に成功する。

 援護を受けた桜井は三回、先頭のソトに投じた3球目を左翼ポール際に運ばれる。一時は本塁打の判定となったが、リクエストによりファウルに覆った。しかし、フルカウントからの6球目を左翼席に運ばれ、同点に。さらに五回、二死からソトに四球を与えると、ロペスに右中間適時二塁打を浴び勝ち越しを許してしまう。

 1点を追う打線は平良から再三走者を出すものの、あと一本が出ず無得点で中盤を終える。桜井は5回を投げて5安打3失点で降板。その後は澤村、高木、大竹が無失点に抑え、2対3で九回を迎えた。

 投手陣の粘投に応えたい打線はDeNA守護神・山崎を攻め立てる。一死から坂本が四球で出塁すると、代走の増田大がウィーラーの打席で二盗。ウィーラーは右飛に倒れ二死二塁となるが、続く丸が一、二塁間に転がす。この当たりで増田大が二塁から一気にホームへ向かう中、飛びついて好捕した二塁手・柴田は本塁に送球。増田大は頭から滑り込んで間一髪セーフとなり、土壇場で3対3の同点に持ち込んだ。

 DeNAは山崎を諦め、国吉にスイッチ。ここでこの3連戦無安打、この試合も2三振の岡本が豪快に右翼越え2点本塁打を放ち、土壇場で試合をひっくり返した。

 九回には中川が登板。無死一、二塁のピンチを招くものの併殺打などで無失点に抑え、試合を締めた。巨人は九回二死から執念の野球を見せてDeNAに3連勝。連勝を「6」に伸ばした。


今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(増田大の走塁は)価値から言ったら(決勝弾と)同格だね

Q:最後は岡本選手の一発で決まりました

ねえ、ずっと溜めてたのかな? 横浜であんまりよくなかったけど、大事なところで一本出たというのは大きいですね

Q:増田大選手の走塁も効果的でした

いやいや、もう、価値から言ったら(決勝弾と)同格だね

Q:ビジターで6連勝です

そうですね。勝ち越すということも大きいけど、3つ取るのは大きいですね

ヒーローインタビュー

「最後打ててよかったです」九回、勝ち越し2点本塁打を放った岡本

写真

Q:最後、素晴らしい逆転劇でした 

丸さん、(坂本)勇人さんが出て、増田さんが還ってきてくれたんで気楽に打席に立てました 

Q:気楽な気持ちで振ったという一発でしたか 

そうですね。このカード打ててなかったので良かったです 

Q:このカードの悔しさというのはありましたか 

そうですね。今日に関しても打ててなかったので、最後打ててよかったです 

Q:最後、チーム一丸という雰囲気もありましたが、チームはノリにノっていますか 

雰囲気よく来ていると思います 

Q:来週に向けて一言お願いします 

この勢いのまま、次の試合も勝てるように頑張りたいと思います 

順位表