GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月21日 対中 日4回戦・ナゴヤドーム

菅野圧巻の3安打完封、大城・岡本の援護弾で破竹の7連勝

写真

3安打完封で4勝目を挙げた菅野

写真

大城は本塁打含む3安打猛打賞

写真

五回、岡本が2試合連発の10号2点本塁打

 ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの4回戦。巨人先発の菅野は初回、無死一、二塁のピンチを切り抜けると、そこから13者連続でアウトに打ち取るなど中日打線を寄せ付けない。一方の打線は三回、亀井の適時打で先制に成功すると、四回には大城、五回には岡本にも本塁打が飛び出し一発攻勢で4点のリードを奪う。終盤まで安定感抜群の投球を見せた菅野は散発3安打、三塁を踏ませない圧巻の投球で今季2度目の完封勝利。エースの快投で白星をつかんだ巨人は今季初の7連勝。貯金も今季最多の10とした。菅野は開幕から続く自身の連勝を4に伸ばした。

 巨人先発の菅野は初回、安打と四球で無死一、二塁とピンチを招くも、中日クリーンナップを打ち取り、得点を許さない。

 一方の打線は三回、パーラと吉川尚が連打、菅野が送りバント失敗で一死一、二塁とすると、中日先発・山本の緩い変化球を捉えた亀井の打球はレフト前に落ちるテキサスヒットとなり、二塁走者のパーラが生還。菅野に先制点をプレゼントする。さらに続く四回には大城が右翼席上段へ飛び込むソロ本塁打を放ち、追加点を挙げる。

 援護をもらった菅野は二回以降調子を上げ、四回まで3イニング連続の三者凡退、初回無死から五回一死まで13人連続でアウトに仕留めるなど、中日打線を寄せ付けない見事な投球を見せる。

 2点をリードして迎えた五回には岡本がリーグ最速での二桁本塁打となる2試合連続の10号2点本塁打を放ち、リードを4点に広げる。

 七回は一死から坂本が通算2000安打まで残り97安打とする二塁打を放ち好機を作るも、後続が倒れ得点ならず。

 快投を続ける菅野は八回、味方の失策で無死二塁と、初回以来の得点圏走者を背負うも、後続を完璧に抑える投球で三塁を踏ませない。

 八回までで113球を投じた菅野は九回もマウンドへ。二死から安打を許したものの、最後は福田を空振り三振に仕留め試合終了。

 散発3安打、11奪三振と三塁を踏ませない135球の圧巻の投球で、菅野が完封勝利を飾った巨人は今季初の7連勝。菅野は7月3日の中日戦の完封勝利から続く連続無失点記録を23イニングとし、開幕から続く自身の連勝を4に伸ばした。


監督インタビュー

また新たに。日々新たなり

Q:菅野投手はエースらしいピッチングでした

内容的にも良かったですね。(九回も打席に立たせたのは)本人の意思もある。いきたいと

Q:先制、中押しといい形の点の取り方でした

そうですね。4点が多いかどうかはともかくとしても、点の取り方としては良かったですね

Q:貯金は10です。25試合で10はなかなかのペースです

いやいや、それはね。しかしもう過去だから。また新たに。日々新たなり

Q:大城選手の本塁打も見事でしたね

コンタクト率もいいし。長打が出るというのはね、すごいですね。(5番は)和真を守っているというかね、そういうところもあると思います

ヒーローインタビュー

「初回のピンチをしのいだのが一番大きかった」完封で4勝目を挙げた菅野

写真

Q:ご自身の今日のピッチングを振り返ってください 

初回のピンチをしのいだのが1番大きかったです 

Q:2度目の完封となりましたが、いかがですか 

こだわりは持ってやっていますけど、今日みたいに球数が多くなると終盤しんどいので、なるべく球数少なく投げられるように、次回以降も頑張ります 

Q:終盤、体力的にはどうだったんでしょうか 

結構疲れました 

Q:今日はどのあたりを意識してのピッチングでしたか 

今日というよりも、今シーズンは先頭バッターをとにかく集中して切っていこうということで投げているので、それが今日はできたと思います 

Q:チームとしても7連勝です 

チームがいい状態なので、その波に乗るだけなので、今日も先制してくれたので、すごく心強かったです 

Q:次の登板についてメッセージをお願いします 

次も完封できるように頑張るんですけど、もしかしたらできないかもしれないんですけど、常に完封目指して頑張ります 

順位表