GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月24日 対ヤクルト6回戦・神 宮

大城の2試合連続本塁打などで5点差を追いつき、引き分けに持ち込む

写真

大城が2点本塁打など4安打の活躍

写真

七回、丸のソロ本塁打で5点差を追いつく

写真

大江ら7人の救援陣が無失点リレー

 神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの6回戦。巨人は序盤に5点の先攻を許すが四回、大城が2試合連発となる2点本塁打を放ち反撃。七回には吉川尚のソロ本塁打、坂本の犠飛で1点差に迫ると、丸がバックスクリーンへソロ本塁打を放り込んで一気に同点に追いついた。先発の今村は二回途中で降板したが、その後7人を送り込んだリリーフ陣はヤクルト打線を無失点に抑える粘りの投球。結局延長10回でも決着つかず、首位攻防第1ラウンドは5対5の引き分けとなった。

 今季2勝目を狙う先発の今村は二回、四球と安打で一死二、三塁のピンチを招くと、続く相手先発の吉田大喜に初球の変化球を右翼線へ運ばれ2点の先制を許す。続く坂口を打ち取ったものの、その後の山田哲、青木、村上に3連続適時打を浴びて計5失点。今村はここで降板し、この日一軍昇格した堀岡がリリーフ。堀岡は走者を許すが無失点で抑えた。三回は同じくこの日一軍昇格した大江が三者凡退に抑える好投を見せる。

 反撃したい打線は四回、無死一塁で、ヤクルト先発のルーキー右腕・吉田大喜から大城が甘い直球を完璧に捉えると、打球は弾丸ライナーで右翼席へ。2試合連発の2点本塁打となり、反撃の狼煙を上げる。

 投手陣は四回からは宮國、六回途中からは高梨がともに無失点に抑える好リリーフで流れを作る。すると打線は七回、代わった梅野から先頭の吉川尚が右中間スタンドへ運ぶソロ本塁打を放ち、1点を返す。続く重信も右翼フェンス直撃の二塁打で続き、一死三塁から坂本の浅い右飛で本塁に生還。点差を1に詰める。二死無走者となったが、ここで打席に入った丸が3ボール1ストライクからの高めの真っすぐをフルスイングすると、打球はバックスクリーンへ一直線。最大5点あったビハインドを振り出しに戻す同点ソロ本塁打となった。

 その後はお互いのリリーフ陣が好投し、試合は膠着。巨人は七回を高木、八回を大竹、九回は中川がそれぞれ3人で抑えるパーフェクトリリーフを見せた。延長戦に突入した十回、巨人は先頭の大城がこの試合4本目の安打で出塁し、二死二塁の好機を作るも無得点。その裏は中川が続投し、先頭の青木に安打を許したものの、落ち着いて後続を断ち試合終了となった。

 巨人は7人をつぎ込んだリリーフ陣が無失点と存在感を発揮。打線も最大5点あった点差を3本塁打で追いつくなど、粘りを見せて引き分けに持ち込んだ。

監督インタビュー

引き分けは引き分け。勝ち越さなくてはいかんですよ。

Q:5点差を追い付きました。勝ちに等しい価値があるのではないでしょうか

それは引き分けは引き分け。勝ち越さなくてはいかんですよ

Q:大城選手は5番でいい働きをしたのではないでしょうか

見事ですね。5番で捕手は重責ではあるけれど、今年は本当の意味でプロとしてのスタートをきっているという意味で、頑張ってもらいたいよね。壁は高い方が登りがいがあるよ。

Q:丸選手にもホームランが出ました

そうですね。まあ、2番、3番があそこは機能しました。坂本も当たりそのものはいいし、いい兆候が出ていると思います

順位表