GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月25日 対ヤクルト7回戦・神 宮

丸の2発など4本塁打が飛び出し、九回追い付くも、今季初のサヨナラ負け

写真

一回二死、丸が2試合連発の先制ソロ本塁打

写真

七回二死、ウィーラーが右翼席へ第3号ソロ本塁打!

写真

八回、先頭の吉川尚が2試合連続の第5号本塁打

 神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの7回戦。巨人は4対5で迎えた九回、ヤクルト抑えの石山を攻め、一死一、三塁の好機を作ると代打・陽が中犠飛を放ち試合を振り出しに戻す。しかしその裏、前日に2イニングを投げた中川が登板、一死満塁から、代打・川端に左前適時打を許し、今季初のサヨナラ負け。巨人は丸の2本塁打など4本塁打を放つなど粘りを見せたものの、予告先発のサンチェスが右肩違和感で登板せず、連投の多かった救援陣が力尽き、今季初のサヨナラ負けを喫した。

 巨人打線は初回、前日同点に追いつく本塁打を放った丸が、ヤクルト先発小川の直球をレフトスタンドへ運ぶソロ本塁打を放ち、幸先よく先制する。

 一方の巨人先発はサンチェスの予定だったが、緊急回避。急遽先発のマウンドには、今季初先発となる澤村が上がった。澤村はヤクルト先頭の坂口を3球三振に仕留め、上々のスタートを切ったかに思えたが、2番・山田哲に左翼線二塁打を許し、青木に右越え2点本塁打を浴び、逆転を許してしまう。澤村は二回、三回と得点圏に走者を背負いながらも抑えて試合を作ったが、四回に一死満塁とされたところで降板。マウンドに上がった連投の大江は、坂口を二塁併殺打に抑え、この回は最高の救援を見せる。

 反撃したい巨人打線だが、立ち直った小川の両コーナーを巧みに使う投球の前に二回から五回まで1人の走者も出すことができない。

 回またぎとなった大江は、五回、連続四球で一死一、二塁のピンチを作ると、5番・山崎の右前打を亀井が後逸。2人の走者の生還を許し、4対1とリードを広げられてしまう。

 小川を攻略できないまま迎えた六回二死、丸がこの日2本目となる特大の右中間ソロ本塁打を放ち反撃ののろしを上げる。続く七回にはウィーラーにも右越えソロ本塁打が飛び出し、点差を縮める。

 巨人リリーフ陣は、六回にこれも連投の堀岡がマウンドに上がる。先頭の廣岡に右越えソロ本塁打を浴びたものの、その後招いた二死満塁のピンチではヤクルト4番・村上を二ゴロに抑え、最少失点で切り抜ける。七回は鍵谷が三者凡退に仕留め、打線に流れを呼び込む。

 直後の八回、ヤクルト2番手の清水から、先頭の吉川尚が2試合連発となる左越えソロ本塁打で1点差まで詰め寄る。

 1点を追う九回、巨人打線はヤクルト守護神石山を攻める。先頭の石川、ウィーラーの連打で無死一、三塁の好機を作ると代打・陽が中犠飛で同点。さらに代打で松原がプロ初出場すると、左中間を破る二塁打となり一死二、三塁と勝ち越しのチャンスで、上位打線に回る。しかし、石山に後続を断たれ同点止まり。

 その裏、前日に2イニングを投げた連投の中川が、先頭の青木に中越え二塁打を打たれ、敬遠と犠打の一死満塁から、代打・川端に左前適時打を浴びサヨナラ負け。

 巨人は打線が4本塁打を放ち、九回に追いつく粘りを見せたが、アクシデントに見舞われた投手陣が力尽き、今季初のサヨナラ負けを喫した。

監督インタビュー

(2本塁打の丸は)両方とも見事な本塁打ですね

Q:終盤に粘りをみせました

そうですね。マークしているけど、青木選手1人にやられているね。やっぱり初回もね、バッテリーサイドはもう少し工夫があってほしいね

Q:サンチェス投手のコンディション不良で急遽、澤村投手が先発起用になりました

昨日投げていないしね。投げていないリリーフの中で一番投げられそうというか。休養も、というところですね

Q:丸選手にも2発、ホームランが出ました

そうですね。両方とも見事な本塁打ですね

順位表