GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月28日 対DeNA7回戦・東京ドーム

菅野トップ5勝目、坂本と岡本が2試合連発、主軸の活躍で20勝1番乗り

写真

ハーラー単独トップとなる5勝目の菅野

写真

一回一死、坂本が5号同点ソロ本塁打

写真

四回一死、岡本が12号勝ち越しソロ本塁打

 今季初の東京ドームでの有観客試合として行われた横浜DeNAベイスターズとの7回戦。巨人は1点を先制されて迎えた一回裏、坂本の右中間スタンドへ運ぶ2試合連続本塁打で同点に追いつくと、四回に岡本も2試合連続本塁打となる左越えソロ本塁打で勝ち越す。先発のエース菅野は要所で踏ん張り、七回2失点の好投。八回には丸の中前適時打でダメ押し点を奪い、4対2でDeNAを振り切った。菅野はハーラー単独トップとなる5勝目。主軸の活躍で今季初めて東京ドームに詰めかけたファンに勝利を届けた。この勝利で両リーグ20勝一番乗り、貯金も今季最多の11となった。

 今季初の東京ドームに観客を迎えて行われたこの試合、先発を任されたのはエース菅野。試合前まで23イニング連続無失点を継続していた菅野だったが、DeNA先頭の梶谷の打ち取った当たりが内野安打となると、吉川尚の悪送球も重なり無死三塁のピンチを迎え、続くソトに犠飛を打たれ久しぶりの失点となった。
 
 巨人打線はその裏、当たりが戻ってきたキャプテン坂本がDeNA先発の井納から2試合連発となる右中間に飛び込むソロ本塁打を放ち、すぐさま同点に追いつく。

 菅野は三回に四球と安打で二死一、三塁のピンチを迎えるも、スライダーで宮崎を空振り三振に切って取り打線にリズムを呼び込む。

 菅野の好投に打線が応えたのは四回。一死から4番・岡本がインコース高めのまっすぐをレフトスタンドへ運ぶ技ありのソロ本塁打を放ち、2対1と勝ち越す。さらに大城の四球にウィーラーが左翼線二塁打で続き、一死二、三塁の好機を作ると、パーラの二ゴロの間に三塁走者が生還し点差を広げる。

 好投を続ける菅野は六回、DeNA4番の佐野に右越えソロ本塁打を浴び1点差に詰め寄られる。続くロペスにも左翼線打を打たれた後、二死までこぎつけたが柴田に左翼線二塁打を打たれ二死二、三塁と一打逆転のピンチ。しかし、菅野はこのピンチにギアを上げ、代打・神里を3球三振に仕留めDeNAの反撃を断つ。菅野は続く七回を投げ終え降板。7回7安打7奪三振2失点と要所をしっかりと抑えて救援陣にマウンドを託す。

 追加点の欲しい巨人打線は八回、この日誕生日の亀井がこの日2本目となる左前打で出塁すると、亀井の代走・増田大が二盗を決めチャンスを作る。ここで丸がDeNA3番手のエスコバーから中前適時打を放ち、貴重な1点を加える。
 
 菅野の後を受けたリリーフ陣は、八回を高梨がDeNAの中軸を三者凡退に抑える完璧な投球を見せると、九回は大竹、中川とつなぎ、二死一、二塁とピンチを招いたものの、最後はソトを二ゴロに抑え4対2で試合終了。
 
菅野はリーグ単独トップとなる5勝目。主軸が躍動し、今季初の東京ドームに観客を迎えた試合を白星で飾った。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(ファンが来てくれて)高揚感がありました

Q:東京ドームでは今季初めての有観客試合で勝利をおさめました

やっぱり朝起きた時から、ファンが東京ドームに来てくれて、その中でプレーできるということに高揚感がありました。ソーシャルディスタンス、そしてマナーもファンの方がしっかり守ってくれた中でプレーでき、選手たちは非常にありがたく感じていますし、私も同じ思いですね

Q:エース菅野投手の調子はどうでしたか

まあ粘り強く放ったというところだと思いますね。4番、5番に苦戦していましたが、7回は3番で締めたというところに、やっぱり智之らしさというのが出たというところでしょうね

Q:高梨投手も安定感がありました

そうですね。もう、完璧ですよね。完璧な内容。いい位置づけでいてくれていますね

Q:打者では坂本選手が同点本塁打を放ち、上り調子です

内容も非常に良くなってきていますね。だいぶ自分のポイントで打てる、振れるようになってきたというね

ヒーローインタビュー

「粘り強く投げられました」5勝目を挙げた菅野

写真

Q:今シーズン5勝目を挙げました。本拠地東京ドームでファンの温かい声援を浴びてどんな気持ちですか 

(シーズンが)やっと始まったなという気持ちです 

Q:今日は序盤から首をかしげる場面もありましたが、出来はどうでしたか 

調子はあまり良くなかったですけど、粘り強く投げられました 

Q:ファンの存在も大きかったのではないでしょうか 

たくさんの声援があったので、なんとか最少失点で抑えることができたと思います 

Q:今日はキャプテンの坂本選手、4番の岡本選手の援護もありました。エースとしては心に火がついたのではないでしょうか 

本当に頼りがいのある野手陣なので、投手陣も奮起してやっていきたいです 

Q:今日20勝目を挙げ、チームも首位を走っています。今日からの6連戦ファンとともに戦うことになると思います。チームの代表としてひとことお願いします 

今日の試合のようにファンの皆さんが力になっていると思います
明日からも球場に来て温かい声援よろしくお願いします
 

「打った瞬間行くなと思いました」勝ち越し本塁打を放った岡本

写真

Q:四回勝ち越しのホームランどうでしたか 

うれしかったです 

Q:滞空時間の長いホームランでしたが、感触はどうでしたか 

打った瞬間行くなと思いました 

Q:ファンの皆さんは驚いた表情を見せていましたが、驚きはありましたか 

しっかり捉えたのでなかったです 

Q:東京ドームで、ファンの前で野球ができる喜びはどうですか 

ずっとビジターだったので、ホームでファンの皆さんが応援しくださってありがたいですし、力をもらえたと思います 

Q:ホームランランキングトップを走っています。これからの6連戦にむけて意気込みをお願いします 

まず明日勝てるように、仕事ができるようにがんばります 

「全力で腕を振っていくので応援お願いします」好投した高梨

写真

Q:今日は本当にしびれる場面でしたね 

菅野さんの勝ちを消さないように、それだけを考えて投げました 

Q:ジャイアンツのユニホームを着て、東京ドームのマウンドに立ってどうでしたか 

最高です 

Q:楽天から移籍して来て4試合無失点です。ジャイアンツのユニホームを着ることに対する
決意はありましたか
 

昔から好きな球団で野球ができているので、1試合ずつがんばりたいです 

Q:今日の試合で素晴らしいピッチングを見せ、この後の試合でも勝ちパターンでの登板もあると思います。今後に向けてお願いします 

とにかく打ち取れるように、全力で腕を振っていくので応援お願いします 

順位表