GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月29日 対DeNA8回戦・東京ドーム

丸とウィーラーの本塁打で追い上げ、中継ぎ陣が好投も1点及ばず惜敗

写真

六回、丸がソロ本塁打

写真

六回、ウィーラーのソロ本塁打で1点差に迫る

写真

田中豊ら救援陣は六回以降を完全投球

 東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの8回戦。巨人先発の戸郷は、三回に梶谷、五回に高城に本塁打を浴び5回3失点でマウンドを降りる。一方の打線は、六回に丸、ウィーラーに本塁打が飛び出し1点差まで追い上げたものの、好機での一本が出ず2対3で惜敗。六回以降を救援陣がパーフェクトに抑えるなど収穫はあったものの、打線につながりを欠き3連勝とはならなかった。

 巨人打線は二回、DeNA先発の浜口から3つの四死球で一死満塁のチャンスを作る。しかし、炭谷の打球は二塁手の正面に転がって併殺打に倒れ、好機を生かすことができない。

 巨人の先発は戸郷。一回、二回と危なげのない投球でDeNA打線を抑えたが、三回二死から梶谷に右越えソロ本塁打を浴び先制を許す。戸郷は五回にも一死一塁で高城に変化球を左中間スタンドに運ばれ、点差を3点に広げられてしまう。戸郷はこの回を投げ終えたところで降板。5回で7奪三振と直球、変化球ともに精度の高い投球を見せたものの、一発に泣いた登板となった。

 五回まで1安打に抑えられていた巨人打線だったが六回に浜口を捉える。先頭の丸が変化球を右翼席へ運ぶソロ本塁打を放ち反撃ののろしを上げる。さらに二死後、ウィーラーにも右越えソロ本塁打が飛び出し点差を1点に縮め、浜口をマウンドから降ろす。巨人はその後も2番手平田から2つの四球を選び同点の好機を作る。この場面で7月好調の大城を代打に送り勝負をかけるものの、空振り三振に倒れチャンスを生かすことができない。

 戸郷の後を受けたリリーフ陣は、六回を大江が三者凡退に抑えると、田中豊、大竹、高梨もそれぞれ1イニングを三者凡退に切って取る。六回以降を救援陣がパーフェクトに抑え、打線の反撃を待つ。

 リリーフ陣の好投に応えたい巨人打線は七回、配置転換で登板したDeNA山崎から一死後、重信が遊撃内野安打と二盗、暴投で三塁まで進んだものの丸、坂本が倒れ無得点に終わる。八回はパットンからウィーラーが四球で出塁するとこの日27歳の誕生日を迎えた増田大が代走で登場。二死後に二盗を決めてチャンスを作ったが、陽が空振り三振に倒れた。九回は三嶋に三者凡退に抑えられ、2対3で試合終了となった。

 巨人は2本の本塁打で追い上げ、リリーフ陣が六回以降をパーフェクトに抑えたが、好機であと一本が出ず2対3でDeNAに惜敗。3連勝とはならなかった。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

リリーフ陣はほぼ完璧じゃないでしょうかね。いいピッチングしてくれましたね

Q:終盤1点差まで追い上げました

そうですね。あと1点でしたね。(DeNA先発の浜口投手は)腕の振りも良かったしね、メリハリの効いた真っすぐとチェンジアップと。いいピッチングをされましたね

Q:戸郷投手は調子は良さそうでしたが2発浴びました

防げる本塁打なのか、防げなかった本塁打なのか、本人がどういう風に考えているのかというところでしょうね。そこの部分を本人がどう受け止めているか。私の主観を言っても仕方がないところだからね

Q:重信選手、増田大選手、終盤の走塁は見事でした

ああいう場面でスティールができるというのはやっぱり大したものだと思います。(増田大は)見事ですよね。集中力というか、決断力というか、勇気というかね。そういうものは非常に彼の、野球選手としての格が大きくなったと思いますよ

Q:リリーフ陣は抑えました

リリーフ陣はほぼ完璧じゃないでしょうかね。いいピッチングしてくれましたね

順位表