GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月30日 対DeNA9回戦・東京ドーム

吉川尚の気迫の適時内野安打で先制するも直後に逆転される…カード負け越し

写真

六回、気迫のヘッドスライディングで先制適時内野安打とした吉川尚

写真

六回、右中間三塁打でチャンスを作り先制のホームを踏んだパーラ

写真

九回二死から意地の一発を放った岡本

写真

五回、倉本の飛球をランニングキャッチした亀井

 東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの9回戦。巨人先発のメルセデスは、六回までを被安打2、無失点の力投で試合を作る。均衡状態が続いた投手戦だったが、六回二死から右中間三塁打でパーラが出塁し、続く吉川尚が二塁へのゴロを気迫のヘッドスライディングで適時内野安打として巨人が先制。しかし直後の七回、メルセデスが二死二塁から二者連続の適時打で逆転を許す。九回には2点本塁打で3点差に突き放された。その裏、二死から岡本のソロ本塁打で意地を見せるも2対4で敗戦。カード負け越しとなった。

 巨人打線は、初回から坂本の左前打で出塁するも後続が続かない。さらに二回、先頭の大城が四球で出塁。続くウィーラーは投ゴロに終わるが、パーラの二塁失策で一死二、三塁の好機を作る。しかし、この回もDeNA先発の大貫に抑えられ、先制点を挙げられない。

 巨人先発のメルセデスは、初回に安打を許すも、その後はテンポよくDeNA打線を打ち取っていき、六回までを被安打わずか2で無失点に抑える。五回には、亀井が好守でメルセデスを盛り立てた。

 好投のメルセデスを援護したい打線は六回、二死からパーラが右中間を破る打球を放つ。さらに、好走塁を見せて三塁に到達しチャンスを作る。続く吉川尚は、二塁へのゴロでヘッドスライディング。DeNAがリクエストをしたが、判定はセーフ。適時内野安打となり、巨人が先制に成功した。

 しかし直後の七回、メルセデスがDeNA打線につかまる。二死からロペスに左前打、宮崎に四球を許すと、代打・嶺井、倉本に二者連続の適時打を放たれ、逆転を許す。二人の走者を残し、メルセデスは降板。2番手で大江がマウンドに上がり、大貫の代打・神里を丁寧に打ち取ってピンチを切り抜ける。

 勝ち越しを許したその裏、DeNA2番手の山崎から、坂本が猛打賞となる左前打を放ち、さらに岡本の四球でチャンスを広げる。3番手のエスコバーがマウンドに上がったところで、巨人は代打・石川を送る。しかし、結果は内野ゴロに倒れて逆転ならず。続く八回には、4番手のパットンから先頭のウィーラーが内野安打で出塁し、代走に増田大を起用。パーラが5番手の石田の初球を捉えて一、三塁とするが、代打・中島が三振、増田大が本盗失敗とチャンスをものにできない。その後、代打・陽が四球を選ぶも、亀井はゴロに終わり、巨人打線はこの回も無得点に終わった。

 九回、マウンドを託された3番手の田中豊だったが、宮崎に左越え2点本塁打を浴び、追加点を許す。その裏、二死から岡本が左翼の看板に届く本塁打で粘りを見せるも、続く代打・重信が三振に倒れゲームセット。巨人はすべての回で走者を出したが、好機を得点につなげられず2対4で敗退。カード負け越しとなった。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

なかなかやっぱり1本が出なかったというところですね

Q:僅差の展開が続いています

そうですね。なかなかやっぱり1本が出なかったというところですね。まあ、こういう時もありますよ。でも必死にやっている姿というのは、このまま継続すればいいと思いますね

Q:メルセデス投手は二死から逆転されました

なんとか、同点でバトンを渡してくれないかなというところはありましたけれども、もう一踏ん張りというところでしょうね。しかし、相変わらず調子そのものはいいと思います

Q:最後に岡本選手の一発が出ました

もうちょっと早いとね。きょうはクリーンアップがもう一つ機能しなかったというところはあるでしょうね。しかし、最後にああいう場面であっても1本出るというのは明日につながるというところですね

順位表