GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月31日 対広 島7回戦・東京ドーム

5人の救援陣が1点差を守り抜いて接戦制す…大江はプロ初勝利

写真

5人の救援陣が点を与えず、2対1で勝利

写真

四回、亀井が同点の中前適時打

写真

四回、丸の右前適時打で勝ち越し

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの7回戦。巨人打線は1点を追う四回、亀井が中前適時打を放ち、同点に追いつく。さらに、坂本が右前打でチャンスを広げ、丸の右前適時打で1点の勝ち越しに成功する。今季初登板の先発・畠は好調な立ち上がりだったが五回に危険球を与え、退場になってしまう。急きょ2番手・鍵谷が登板すると、坂本の好捕球も助けとなり、後続をしっかりと抑えた。その後も、3番手大江、4番手大竹、5番手高梨が再三のピンチをしのぐ好リリーフを見せ、広島の追撃を許さない。九回も6番手中川が三者凡退に抑え、1点差を守り抜いた。逃げ切った巨人は、連敗を2で止め、3番手大江がプロ初勝利を飾った。

 巨人打線は初回から、広島先発の大型ルーキー森下を追い込む。坂本から三者連続で四球を見極め、一死満塁と絶好の先制チャンスを作る。しかし、続く大城が空振り三振、パーラが見逃し三振に倒れ、好機を生かすことができない。二回には、先頭打者の炭谷が死球を受け出塁。畠の犠打で二塁まで進むが、亀井が三ゴロに抑えられる。三回にも、岡本、大城と連続四球で二死一、二塁とチャンスを作るが、パーラが中飛に倒れ、またも点を奪えない。

 巨人先発は畠。今季は2軍での調整が続き、今季初先発となる。初回から三回まで、テンポの良いピッチングで、広島打線を各回とも三者凡退に抑える。完璧なピッチングを見せていた畠だが、四回先頭打者の西川にソロ本塁打を浴び、先制を許してしまう。

 巨人打線は、四回に森下を捉える。吉川尚がチーム初安打となる左前打で出塁すると、畠の犠打で二塁へ。続く亀井が中前適時打を放ち、同点に追いつく。さらに坂本が右前打で二死一、二塁とチャンスを広げると、丸の右前適時打で1点を追加し、勝ち越しに成功する。

 好調だった畠だったが、五回、高めの直球が會澤の頭部へ直撃。勝ち投手の権利獲得まであと一歩のところで、危険球退場となってしまう。急きょマウンドを任されたのは2番手・鍵谷。イレギュラーな展開での登板になったが、坂本のピンチを救う好捕球もあり、続く打者をしっかり抑える。六回には、3番手・大江が登板。安定したピッチングで広島に得点を与えない。

 六回には、代打・松原が右前打で出塁すると、坂本、丸が四球を選び、二死満塁と好機を迎える。しかし、続く岡本が三ゴロに打ち取られ、追加点を奪えない。

 リードを守りたい七回には、4番手で大竹が登板。松山に左翼線への二塁打を許すと、続く會澤に四球を与え、一死一、二塁とピンチを背負う。しかし、堂林、田中広と続けて空振り三振に打ち取り、ピンチを切り抜ける。八回、先頭打者の代打・磯村が内野安打で出塁したところで、巨人ベンチは5番手の高梨を送り込む。西川の犠打で一死二塁とされるも、その後は後続を断ち切り、好リリーフを見せた。

 1点差のまま迎えた九回、6番手の中川がマウンドに上がる。中川は、鈴木、松山、會澤をそれぞれ左飛、中飛、空振り三振に仕留め、三者凡退で試合終了とした。巨人は、畠の危険球退場というアクシデントがあったものの、リリーフ陣が好投。1点差という僅差を守り切り、2対1で3試合ぶりの勝利となった。勝利投手は3番手の大江となり、プロ初勝利を飾った。


 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

強い精神を持っているリリーバーたちだと思いますね

Q:リリーフ陣が頑張りました

このところずっとでしょ。見事でしたね。宮本コーチの教えのたまものでしょう。(初勝利となった大江投手は)ナイスピッチングですね。高梨もね。新しい戦力という部分では幅ができてきたかなという感じはします。強い精神を持っているリリーバーたちだと思いますね。リリーフというのは過酷な部分もあるし、ケアもしっかりして、またフラットに明日はマウンドに上がるという風にしてもらいたいですね

Q:先発の畠投手はどうだったでしょうか

畠もすごく良かったと思います。やっぱり一つの勝利を得るというのは色んな山をこえなければいけないとのこと。これも彼の試練でもあり、糧としてくれると思います

Q:坂本選手も横っ飛びの好守がありました

あれは大きかったですねえ。流れを渡さなかったという素晴らしいプレーだと思いますね

ヒーローインタビュー

「アウトを重ねていけるように落ち着いて投げました」急きょ登板した鍵谷

写真

Q:先発・畠選手の危険球退場、非常に慌ただしくなったと思いますが、どういった心境でマウンドに向かいましたか 

畠がずっといいピッチングしていたので、ああいう形になってしまいましたけど、なんとかひとつひとつしっかりアウトを重ねていけるように落ち着いて投げました 

Q:落ち着いたピッチングでしっかりと抑えて、大江投手にバトンを渡しました。そのあたりのリレーはどうでしたか 

勇人さんの守備に助けられて、なんとか後ろのピッチャーにつなげられて良かったです 

「うれしい気持ちでいっぱいです」プロ初勝利の大江

写真

Q:改めまして、初めての勝利を飾りました。今の心境はいかがですか 

そうですね。うれしい気持ちでいっぱいです 

Q:試合展開としては非常に僅差、そして慌ただしいゲームになったと思いますが、どんな心境でマウンドに向かいましたか 

次のピッチャーにつなぐという気持ちだけを持って、しっかり投げに行きました 

Q:試合が終わって初めての勝利を手にすることになりました。そのウイニングボールを手にした心境はいかがですか 

今は頭が真っ白です。何を考えたらいいかわからないです 

Q:ファンのみなさんに一言お願いします 

明日からもしっかり投げますので、応援をお願いします 

「ファンのみなさんの応援が力になりました」4番手の大竹

写真

Q:二人のピッチャーのリリーフを引き継いでマウンドに上がった大竹投手。心境としてはどんな形で入っていきましたか 

畠も頑張っていましたし、大江、鍵谷とつないでくれたので、自分もつなぎたいと思って投げました 

Q:堂林選手そして田中選手の連続三振、あのあたりはバッテリーの呼吸も含めて非常にいいピッチングができたのではないですか 

ピンチを作ってしまったのですけど、ギアを上げてしっかり投げられました 

Q:ファンのみなさんに一言お願いします 

ファンのみなさんの応援が力になりました。ありがとうございました 

「ここで点を許すわけにはいかないと思って投げました」5番手の高梨

写真

Q:今日も素晴らしいピッチングでした。振り返ってみていかかですか 

ピッチャーがみんなつないで、頑張っていたのでここで点を許すわけにはいかないと思って投げました 

Q:6試合、点を取られていないどころか、ヒット一本も打たれていない素晴らしいピッチングですね 

ありがとうございます。いつかは打たれると思うのですが、ファンのみなさんに覚えてもらえるように必死に腕を振っています 

「後ろの中継ぎ陣全員で勝ち抜くことができて良かったです」6番手の中川

写真

Q:今日は本当にピッチャー陣がつないだ最後の九回のマウンド、いつもと違った緊張感があったと思いますが、いかがでしたか 

畠がああいう展開になってしまったので、後ろの中継ぎ陣全員で勝ち抜くことができて良かったです 

Q:僅差のゲームの最後を締めくくる本当に大変な仕事だと思うのですが、改めて振り返っていかがでしたか 

接戦になればなるほど、緊張は大きいですけど、その分勝ったときのうれしさは大差で勝つよりも、よりうれしいので今日は良かったと思います 

Q:ファンのみなさんに一言お願いします 

明日からも勝ちを積み重ねて優勝に近づけるように頑張りますので、応援よろしくお願いします 

順位表