GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

8月21日 対広 島10回戦・マツダ

九回に猛反撃も…初回の失点が響き連勝は3でストップ

写真

九回無死満塁、岸田が2点適時打

写真

四回二死二塁、中島が右前適時打

写真

プロ初出場のモタが四球で出て得点を記録

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの10回戦。巨人は6点を追う九回、無死満塁での岸田の2点適時打などで4点をかえしたが、追い上げ及ばす、連勝は3で止まった。試合は先発の田口が初回、坂倉の3点本塁打などいきなり5点のリードを許す苦しい展開となる。田口は、その後立ち直りを見せたが、6回を6失点でマウンドを降りる。打線は、四回に中島の適時打で1点をかえすも、先発のルーキー森下に八回まで1点に抑えられる。九回は2番手の島内、3番手のフランスアを攻めて、2点差とし、本塁打が出れば同点の場面まで追い詰めたが、後続を断たれ、結果的に初回の大量失点が響いた。

 自身3試合ぶりの勝利を目指す先発の田口は、初回から広島打線につかまる。先頭の長野に四球を与えると、菊池涼と西川に連打を浴び先制点を献上する。さらに、坂倉に3点本塁打を浴びるなど、打者9人の猛攻で立ち上がりに5失点を許す。

 打線は四回、二死から丸が左中間二塁打で出塁すると、続く中島が右前適時打を放ち1点をかえす。

 田口は二回以降立ち直り、テンポの良い投球で四回まで追加点を与えない投球を見せるが五回に追加点を許し、差は再び5点に広がる。田口は6回を8安打、6失点と先発の役目を果たすことができず、悔しい結果となった。七回は、2番手の鍵谷がマウンドに上がり、三者凡退に抑え味方の援護を待つ。

 援護したい打線だったが、森下をなかなか攻略することができない。六回には、先頭の松原がこの試合2本目の安打で出塁するも、後続が倒れ得点にはつながらない。

 八回に3番手として登板した宮國がピレラにソロ本塁打を浴び、追加点を許す。

 打線は九回、2番手の島内から、プロ初打席となった先頭のモタが四球を選び、岡本が左前打。続く丸の遊ゴロが敵失を誘い、モタが生還し1点を返す。北村も中前打で無死満塁とし、ここで、代わったフランスワから岸田が右前2点適時打で3点差とする。続く吉川尚の投ゴロの間に1点を返し、差を2点に縮める。しかし後続が倒れ、追い上げはここまでとなった。

 終わってみれば、相手先発の森下攻略にてこずり、8回を1点に抑えられ、最終回に追い上げを見せるも、初回の失点が響き逆転勝利とはならず、連勝は3で止まった。

監督インタビュー

なんとか彼(田口)には立ち直ってもらいたい

Q:最終回はあと1本までは追い上げ見せました

まぁ、初回に5点とらえて『うんうん』とは言えないですね。とられ方も決して内容がよくないですね。らしからぬというかね。なんとか彼には立ち直ってもらいたいし、うちの2番手、3番手くらいのピッチャーなわけですから。でも六回まで投げきってくれたというのは大きいと思いますね

Q:5点追う中で田口投手を2度、打席立たせました。きっかけつかんでほしいという思いでしたか

そうですね。球数も少ないですしね。きょうは100球超えるまで放れたし、内容もその後はそこそこ頑張ったと思います。(リリーフも多く使わずすみましたね?)それもプラスアルファですよね

Q:練習中、坂本選手と話していたましたが

本人いろいろ試行錯誤しながらね、あれだけの選手でももがいてますよ。バッティングというものはむずかしいものだし、ここはなんとか本人がこえてくれないとね

順位表