GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

8月22日 対広 島11回戦・マツダ

モタの初本塁打が飛び出すも…投手陣が制球難で連敗

写真

九回一死、一軍初本塁打を祝福されるモタ

写真

二回一死、丸が左本越え同点ソロ塁打

写真

ビエイラは2イニング無失点

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの11回戦。同点で迎えた三回、先発の畠が押し出しを含む4四球、2番手の田中豊も2四球とこの回計6四球に3安打で6点を勝ち越される。四回にも3番手の大江が2本の本塁打で3失点。大量のリードを許す。一方の打線は、二回に丸のソロ本塁打で一時同点に追いつくも、広島先発の大瀬良に8回散発6安打で2得点と押さえ込まれる。最終回には、途中出場のモタが一軍初本塁打となる2点本塁打を放つも、4対10で2連敗となった。

 今季初白星を目指す巨人先発の畠だが初回、一死から菊池涼、西川の連打で先制を許す。さらに三回、制球が定まらずに四つの四球を与え、押し出しで1対2と勝ち越しを許したところで降板。2番手の田中豊も3連打と2四球で、この回、計6失点と大きく突き放される。

 打線は二回、マツダスタジアムでの移籍後初となる、丸のソロ本塁打で同点に追いつく。四回にも、丸が右中間三塁打を放つと、続く中島の遊ゴロの間に生還して1点をかえす。

 四回裏、3番手の大江がマウンドに上がる。一死から鈴木誠に四球を与えると、続く堂林に2点本塁打、曾澤にソロ本塁打を浴びて3失点。完全に主導権を握られる。

 一方の打線は、今季初対戦となった広島先発・大瀬良をとらえきれず、五回から3イニング連続で三者凡退に抑えられてしまう。

 4番手のビエイラは、160キロ近い剛速球で広島打線を封じる。六回、七回の2イニングで4三振奪い無失点。好リリーフを見せる。

 打線は八回一死から吉川尚が右前打で出塁すると、松原、坂本が四球を選び、二死満塁の好機を作る。ここで、4番・岡本は空振り三振に倒れ、無得点に終わる。

 九回、先頭の北村が四球を選ぶと、一死から前日一軍デビューを果たしたモタが、初球をとらえ、左翼席上段に弾丸ライナーで叩き込み、プロ初本塁打で2点をかえす。しかし、後続なく試合終了。10四死球と投手陣の制球難につけこまれ、4対10で2連敗となり。今季初めて、広島との3連戦の負け越しが決まった。


監督インタビュー

先発ピッチャーが支配しないとね

Q:畠投手は四球から自滅しました

何とか四回は持ってもらいたいと思ったんですけど、持たなかったですね。なかなか難しいね。ゲームというのはやっぱり、先発ピッチャーが支配しないとね。先発投手の責任ていうのかな、それはやっぱり重いものだし、選ばれた1人ですから

Q:田中豊投手、大江投手もこれまで頑張ってきましたが

そこはなかなか責められないですよ。ああいう状況でしたし。二回、三回でリリーフがいくという準備はなかなかできるものじゃないし、あの勢いを止めるというのはね、(火を)つけた状態でさあ止めなさいというのもね。彼らはいい状態できているわけだから、そんなことで下を向く必要はないですね

Q:モタ選手のホームランは明るい材料ですね

良かったですね。いいスタート。1本目だしね。ここからスタートを切ったという部分において、ひたむきにやってもらいたいですね

順位表