GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

9月2日 対DeNA11回戦・東京ドーム

サンチェスが6回1失点で復帰戦白星、救援陣も奮闘して4連勝

写真

6回1失点で復帰戦白星を挙げたサンチェス

写真

二回、丸のソロ本塁打で先制

写真

中川らリリーフ陣が無失点でつなぎ、逃げ切る

 東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの11回戦。巨人は二回、DeNA先発・浜口から丸の14号ソロ本塁打で先制。さらに吉川尚の右中間適時三塁打などで3対0と試合の主導権を握った。復帰登板となった先発サンチェスは6回をわずか1安打、1失点に抑える快投。七、八回は得点圏に走者を背負う場面が続いたが、中継ぎ陣がベンチの期待に応えて無失点でしのいだ。3対1で逃げ切った巨人は、4連勝を飾った。

 巨人先発のサンチェスは序盤、制球が不安定ながらも要所を締めるピッチングでDeNA打線を無失点に抑える。打線は初回、DeNA先発・浜口に三者凡退に抑えられるが二回、一死から丸の第14号右中間ソロ本塁打で先制に成功。続く中島が四球を選ぶと、吉川尚の右中間適時三塁打、相手の野選でこの回一挙3得点。浜口を三回でマウンドから引きずり下ろした。

 援護をもらったサンチェスは四回、先頭・柴田の右越え二塁打、ソトの進塁打で一死三塁とこの試合初めて得点圏に走者を背負うと、続く佐野の二ゴロの間に生還を許し1点を返される。しかし、五、六回は安定した投球でDeNA打線を三者凡退に抑え、2点のリードを守る。

 サンチェスは6回を1安打1失点にまとめて降板。七回は2番手で高梨が登板するが、一死から細川に右越え二塁打を許す。ここでベンチはすかさず大竹にスイッチ。大竹は代打・宮崎を二ゴロに抑えたが大和に四球を与え一、三塁に走者を背負う。続く高城に代打・乙坂が告げられたところでベンチは左キラーの大江を投入。大江は期待に応え、低めのスライダーを振らせて空振り三振。巨人ベンチは勝負どころで3人の投手を投入し、ピンチを脱した。

 八回も続投した大江は先頭の代打・桑原を抑えたが梶谷に四球、柴田に死球を与えたて降板。一死一、二塁で登板した中川は3番・ソトを空振り三振に封じると、前日に同点適時打を許した4番・佐野に対しても落ち着いた投球で連続三振。ベンチの期待に応え、流れを引き寄せた。

 九回はデラロサが三者凡退に抑え試合終了。巨人は怪我で約1か月半ぶりの登板となったサンチェスが6回1失点の好投。救援陣も七、八回のピンチを細かくつないで逃げ切り、4連勝を飾った。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

先発陣の中に彼(サンチェス)が加わったというのは非常に大きい

Q:サンチェス投手が先発の輪に帰ってきました

緊張もあったでしょうけど、しっかりと100球以内のなかで、6イニングを1点に抑えた。この結果が全てだと思いますね。微調整はあるでしょうけれども、そのへんは本人も分かっていることでしょうし、先発陣の中に彼が加わったというのは非常に大きいと思いますね

Q:終盤は中川投手をあの場面で起用しました

あそこは中川しかいないなというところですね。きのうは確かに1本打たれたけれども、同点でちゃんとマウンドを守り切ったというところがやはり、すごいことなんですよ。(菅野)智之とは先輩後輩でもあるし、智之に勝ちがつかなかったというのは本人の中でやっぱり『いたっ』というのはあるでしょうけれども、あそこを相手に主導権を握らせずに、逆転されずに投げきったというのは、それは中川、素晴らしいことなんだと。それは智之も分かっています

Q:円陣組んで二回に3点を取りました

このところ丸が非常に調子がいいですね。先陣を切って口火を切ったホームランというのは大きかったし、フォアボール、エンドランという形で効率のいい3点目も挙げることができましたね

Q:明日は田口投手です

あまり期待をかけてしまうと本人もプレッシャー感じるでしょうから、のびのびと。彼らしくね、どこかなんて言うんでしょう人を食ったというかね、そういうふうなものが持ち味ですから、あまりきまじめに放らずにね。のびのびと投げてもらいたいと思いますね

ヒーローインタビュー

「戻って来ることができて良かった」復帰登板で4勝目を挙げたサンチェス

写真

Q:久しぶりにみんなで勝利の輪を作りました。どんな気持ちですか 

とても良い気分です。こうやって戻って来ることができて良かったですし、二軍ではすごく頑張っていたのでこれからは貢献できるように頑張っていきたいです 

Q:どんな気持ちで二軍でトレーニングをしていましたか 

自分はここ(一軍)にいるべき投手だと思いながら、下にいたときからみんなのことを考えながら頑張っていました 

Q:今日の内容を見ていると終盤から変化球のさえ、コントロールがすごく良くなってきましたね 

最初の方は興奮しすぎてなかなかリズムよく投げられなかったんですけど、そこから修正して良いピッチングができたと思います 

Q:現在チームは13連戦というハードスケジュールですが、これからに向けてファンの方に一言お願いします 

これからも引き続き、自分ができることに集中して全力を尽くすだけだと思います 

順位表