GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

9月16日 対阪 神15回戦・東京ドーム

今季初スタメンの田中俊と立岡が6打点をあげる大活躍…8年ぶりとなる9連勝

写真

先制のソロ本塁打など勝利に貢献した田中俊

写真

4勝目を挙げた先発の田口

写真

攻守にわたり大活躍した立岡

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの15回戦。巨人打線は二回、今季初スタメンとなる田中俊が右越えソロ本塁打を放ち先制点をもたらす。その後も五回に田中俊の左前適時打、田中俊と並び今季初スタメンの立岡に右越え3点本塁打が飛び出すなど五回までに7得点を奪う。先発の田口は七回まで1安打に抑える好投を見せたが、八回に阪神打線につかまり降板。九回にはデラロサが大山に左越え2点本塁打を浴び1点差まで詰め寄られたが、最後は中川が後続を連続三振に仕留め7対6で逃げ切った。巨人は連勝を8年ぶりとなる9まで伸ばした。

 巨人先発の田口は初回、阪神先頭の近本に右前打を許したものの、糸原を併殺打に打ち取り、課題としていた立ち上がりを三人で抑える。

 巨人打線は坂本、岡本をスタメンから外し、左打者を9人並べた打線を組んで阪神先発の青柳と対峙する。その打線は二回、一死から今季初めてスタメン出場となった田中俊が初球を完璧に捉えた右越え本塁打を放ち先制点をもたらす。

 初回を乗り切った田口は、二回には中軸を3人で抑えると三回は連続三振を奪うなどテンポの良い投球で阪神打線を寄せ付けない。

 すると四回、田中俊が右翼線二塁打を放ちチャンスメイク。この好機に田中俊と並び今季初スタメンとなった立岡が中前適時打で期待に応え追加点をあげる。

 続く五回も巨人打線は青柳に襲いかかる。先頭の丸が四球、大城の右前打で無死一、三塁とチャンスを作ると若林が右前適時打を放ち、青柳をマウンドから降ろす。さらに代わった桑原から田中俊がこの日3本目となる左前適時打で追加点を奪う。続く立岡が捉えた打球はライトスタンドに飛び込む3点本塁打となり、この回5点をあげ阪神を突き放す。六回にも四球と若林の右中間二塁打などで二死満塁と3番手の小林を攻めたが、後続が打ち取られこの回は得点には至らなかった。

 大量援護をもらった田口はさらにギアを上げる。キレの良いまっすぐ、変化球を両コーナーに投げ込み、二回以降一人の走者も出さない投球を見せる。しかし八回、安打に死球が絡み一死満塁とされこの試合初めてのピンチを招くと、代打・中谷に左越え2点二塁打を許したところで降板。田口からマウンドを受けた田中豊だったが、代打・木浪に右中間2点二塁打を浴び、点差を3点まで詰め寄られてしまう。ここで原監督は大江にスイッチ。なおも得点圏に走者はいたが、近本、梅野を連続三振に切って取る完璧な救援を見せ、阪神の反撃を食い止める。

 最終回は守護神デラロサがマウンドに上がる。しかし、一死からサンズに四球を与えると、大山に左越え2点本塁打を浴び1点差まで詰め寄られてしまう。阪神の反撃ムードが高まる中だったが、急遽マウンドに上がった中川が後続を連続三振に仕留め7対6と逃げ切った。
 
 田中俊、立岡と今季初めてスタメンに名を連ねた二人が合わせて6打点をあげる活躍を見せるなど11安打を放った巨人は、8年ぶりとなる9連勝を達成した。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

阿部チルドレンとでもいうんでしょうかね。非常に大きな役割果たしてくれました

Q:田中、立岡両選手が素晴らしい働きでした

すばらしい。阿部チルドレンとでもいうんでしょうかね。読売ランドで一生懸命、真っ黒になってきている二人が、7番8番で非常に大きな役割果たしてくれました

Q:(虫垂炎の)元木ヘッドにかわって阿部ヘッド代行でした

ワンチームですから。いかなる場合でもみんなで助け合いながらやるという中で、最善の策として、慎之助に来てもらったというところですね

Q:坂本選手、岡本選手がいない試合でした。選手層の厚さに手応えは感じましたか?

ワンチームですから、どういう場合でもカバーしあうということが大事なことだと思いますね

Q:坂本選手、岡本選手の復帰の見通しは?

明日は大丈夫だと思いますよ

ヒーローインタビュー

「これからもしっかりやっていきたい」先制ホームランを放った田中俊

写真

Q:今シーズン初スタメン。そのチャンスを生かしましたね 

スタメンだったんですけど、何とかチームが勝つために自分も貢献したいと思っていたので良かったです 

Q:最終的にはクロスゲームになりました。最終回は守っていてもしびれた展開だったのではないですか 

簡単には終わらないという野球の難しさも感じましたし、しっかり最後にあそこで勝ち切れたのは良かったと思います 

Q:最初に流れを作ったのは、今シーズンの田中俊選手の初ヒット。これがホームランになりました。感触を教えてください 

打った瞬間はほとんど覚えてないんですけど、打球が良い感じで上がってくれたので良かったです 

Q:これでご自身の本当の今シーズンの開幕を迎えた。そんな気持ちじゃないですか 

そうですね、やっとという気持ちもありますし、まだまだこれからしっかりやっていかないとなという気持ちもあります 

Q:スリーベースヒットが出たらサイクルヒットでした。その点は意識していましたか 

してはいましたけど、それをしても意味がないので、その打席その打席で集中していくことに意識を向けました 

Q:今日は元木ヘッドコーチが虫垂炎ということで、阿部二軍監督が代行ヘッドコーチに入りました。阿部さんの姿が一軍にいることになりました。その点はどうでしたか 

ずっとファームでも一緒にやっていたので違和感もありましたけど、いつも通りにやることができました 

「これから一つずつ積み重ねていきたい」2安打4打点を挙げた立岡

写真

Q:今シーズンの初ヒットがタイムリーになりました。あの感触はいかがでしたか 

三振はしないように、前に飛ばせば何かが起こるかなという思いで必死にいきました 

Q:その後の特大ホームラン。見事でした。その打席の前に阿部二軍監督と何か話をしている様子がありましたが、あれは何を話していたんですか 

投手の球の軌道とか曲がり幅だとかを参考にさせていただきました 

Q:ご自身の今シーズンを振り返ると右手の手術もありました。そういうところからのスタートでした。その道のりを振り返ってみていかがですか 

リハビリに携わっていただいた関係者の方に感謝の気持ちでしかないですし、またこれから一つずつ積み重ねていければ良いなと思います 

Q:ファームにいる間、立岡選手の気持ちを支えたものというのは一軍に上がってやるんだという気持ちですか 

そうですね。それしかないです 

順位表