GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

9月17日 対阪 神16回戦・東京ドーム

サンチェス乱調、打線は散発4安打…完封を許し、連勝は9でストップ

写真

先発のサンチェスは序盤に5失点

写真

2安打を放った吉川尚

写真

三回、チーム初ヒットの田中俊

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの16回戦。巨人は、先発のサンチェスが序盤からリードを許し、救援陣も失点を重ねてしまう。打線は、阪神先発の西勇を相手に散発4安打にとどまって好機を作り出すことができず、完封負けを許す結果となった。先発のサンチェスは、初回に近本の先頭打者本塁打で先制され、二回までに5失点。2番手の桜井は2本の本塁打を浴びた。3番手の田中豊も味方の失策なども絡んで、九回に4失点。援護したい打線であったが、得点圏に走者を送ることもできないまま試合終了。投打がかみ合わず、連勝は9で止まった。

 巨人先発のサンチェスは初回から苦しい展開となる。先頭の近本に右越えのソロ本塁打を浴び、先制点を許す。続く梅野にも左中間二塁打を許し、その後二死満塁にされると、陽川に押し出しの四球を与え、初回に2点を献上する。続く二回にも四球と左前打で二死一、二塁となると、サンズに中前適時打を浴び、味方の失策も絡んで2失点。さらに、大山にも右前適時打を放たれ、さらに失点。序盤から5点のリードを許してしまう。

 対する巨人打線は三回、阪神先発・西勇から、先頭の田中俊がチーム初安打となる左前打を放ち出塁するが、後続が倒れ得点にはつながらない。その後も、西勇のテンポの良い投球の前に、なかなか好機を作り出すことができない。

 サンチェスは、三回以降立ち直りを見せ、五回までを無失点に抑えるも、序盤の失点が響き、5回を被安打7、5失点と、先発の役目を果たすことはできず、マウンドを降りる。

 六回、2番手の桜井が登板するが、先頭の近本にこの試合2本目となる右中間本塁打を浴び、追加点を許す。七回にもボーアに右中間本塁打を浴び、差を7に広げられる。

 援護したい巨人打線であったが、西勇の完璧な投球の前に、六回、七回、八回と毎回三者凡退に抑えられ、攻略することができない。
 
 九回、3番手の田中豊が登板すると、四球と二塁打でピンチを迎え、味方の失策で2失点。さらに、近本に右中間適時二塁打を放たれるなど、打者10人の猛攻でさらに2点失った。

 一矢報いたい巨人打線は九回、一死から吉川尚が右前打を放つも、ウィーラー、丸と後続が倒れ、試合終了。終わってみれば、阪神先発の西勇相手に散発4安打に抑えられ、完封負け。投打がかみ合わず、10連勝とはならなかった。


 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

こういうゲームは二度とやってはいけないゲームですね

Q:大差がつきました

こういうゲームは二度とやってはいけないゲームですね。やりたくないゲームです

Q:ミスも出ました

それ以上のことはもうないですね。今日はね。先発投手の点の取られ方も、(相手に)いい投球をされたとはいえ攻撃も、二度とこういうゲームはしないというところです

Q:坂本選手、岡本選手の状態は?

(試合前練習はやっていたので)明日は大丈夫だと思います

Q:ウレーニャ選手が支配下登録されました

いつでも一軍に呼べる環境にしたということですね。ファームでの成績、二軍監督の報告でも、非常に成長した選手であるということです。若いからね、まだ。まだまだこれから伸びしろがある。ファームではずぬけた成績であったわけですから、力で勝ち取ったと判断しています。大きく育って欲しいと思っています

順位表