GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

9月23日 対広 島15回戦・東京ドーム

田口3年ぶり完投勝利逃すも5勝目、快勝でチームは4連勝

写真

完投逃すも5勝目の田口

写真

二回無死一、二塁、大城が先制適時二塁打

写真

三回無死、坂本が右越えソロ本塁打を放つ

写真

七回、1号本塁打の若林をベンチで祝福

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの15回戦。巨人打線は二回、大城の適時打などで2点の先制に成功すると、三回、四回にも2点ずつを奪い、リードを広げる。一方の巨人先発・田口は四回に1点を失うも、その後は尻上がりに調子を上げる。九回一死から本塁打を浴び3年ぶりの完投勝利は逃したが、後を受けた大竹が試合を締め、7対3で試合終了。田口は九回途中3失点の好投で5勝目。ともに本塁打を含む3安打の若林と坂本、先制打含む2打席連続適時打の大城など、11安打7得点と打線も機能した巨人は4連勝で9連戦を締めくくった。

 巨人先発の田口は右翼手・松原の好守にも助けられ、初回を6球で終わらせる上々の立ち上がりを見せる。二回は先頭の松山に二塁打を許したものの後続を断ち、無失点で切り抜ける。

 打線は二回、先頭の丸が四球で出塁すると、続く中島も右前打で無死一、二塁と好機を作る。続く大城が初球を引っ張った打球は右翼線際に落ちる適時二塁打となり、先制に成功する。なおも無死二、三塁で、若林の打球は前進守備の内野の後ろに落ちるテキサスヒットとなり、この回2点目を挙げる。

 三回には先頭の坂本が第16号ソロ本塁打を放ち、リードを3点に広げる。さらに二死後、中島の二塁打で走者を得点圏に置くと、大城の2打席連続となる適時打でさらに追加点。

 リードを4点に広げた直後の四回、田口は一死一塁から堂林に左中間へ適時二塁打を許し、1点を失うも、後続を断ち、最少失点でこの回を切り抜ける。

 その裏、この回から登板した広島2番手の島内を攻め、無死満塁のチャンスを作ると、岡本の遊ゴロ併殺打の間に1点を挙げ、再び4点差とすると、続く丸の打席で島内が暴投。三塁走者の松原が生還しこの回2点目を加える。

 田口は中盤以降尻上がりに調子を上げ、緩急を巧みに操る投球で五回から3イニング連続で広島打線を三者凡退に抑える。

 七回には、若林が今季第1号となるソロ本塁打を放ち、ダメ押しの7点目を加える。

 八回のマウンドにも上がった田口は、1番から始まる広島打線をテンポよく打ち取り、この回も三者凡退に仕留め、四回一死から14者連続でアウトにとる見事な投球を見せる。

 八回までで99球を投げた田口は九回のマウンドへ。一死後、松山を死球で歩かせると、続くピレラに2点本里打を浴び、4点差とされた場面で無念の降板。2番手の大竹にマウンドを譲った。大竹は代わり端、堂林に死球を与えるも、最後は併殺に打ち取り試合を締めた。

 九回途中3失点と好投を見せた田口が5勝目を挙げた巨人は、11安打7得点と打線も機能し4連勝。9連戦の最後を白星で締めくくった。


 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(田口は)ナイスピッチングです

Q:田口投手はあと2アウトで完投というところでした

中盤ぐらいから尻上がりに良くなって、球数も何とか完投という風に思ったんですけれども、ちょっと残念でしたね。でも、ナイスピッチングです

Q:大城選手、若林選手が2打点ずつの活躍でした

ヘッド代行(阿部二軍監督)が、若林をぜひ今日のゲームで使ってくれと。そうか、よし、じゃあ、いこうということで始まったんですけれども、非常にいい働きをしてくれましたね

Q:13連戦(雨天中止1試合)、9連戦と勢いを加速しました

私もあまり経験のない13連戦、9連戦ですが、結果的に見ると非常に集中しながら戦ったなと。私自身も結構しんどいなとは思いましたけれども、乗り切れたというのは非常に大きいと思いますね。選手たちが、よく頑張りました。疲れというのは、その日のうちに取るようなチームにしていきたいと思います

ヒーローインタビュー

「最後まで全力で腕を振っていきたい」完投勝利を逃すも5勝目の田口

写真

Q:今日の試合を振り返っていかがでしたか 

序盤から打線が引っ張ってくれて、(大城)卓三さんも最後まで僕の持ち味を生かそうとリードしてくれたので、それに応えようと思って腕を振りました 

Q:五回以降は本当に素晴らしいピッチングでしたね 

四回くらいに阿部さんから一言鼓舞していただいて、そこからさらにスイッチが入って臨めました 

Q:どんな一言だったのでしょうか 

内緒です 

Q:完投勝利の意識はありましたか 

僕自身は意識はしていないです。前回登板では回の途中で変わってしまったのでなんとか投げ切りたいなとは思っていたんですけど。また自分の弱いところが少し出てしまったのかなと思います 

Q:次のピッチングに向けてどうでしょうか 

毎試合毎試合野手の方に助けられていますし、キャッチャーのリードも素晴らしいので、しっかりとチームに貢献できるように最後まで全力で腕を振っていきたいと思います 

「なんとかボールに食らいつきました」2打席連続適時打の大城

写真

Q:今日を振り返っていかがですか 

田口がとても良いピッチングをしてくれたんですけど、最後、完投できなくて。田口に申し訳ないです 

Q:先制打を挙げるという働きでした 

皆さんが繋いでくれたチャンスでもあったし、積極的に行こうと決めてたので。良い結果になってくれたと思います 

Q:2本目のヒットは低めの難しいボールでした 

なんとかボールに食らいつきました 

Q:次の戦いに向けてどうでしょうか 

これからも厳しい戦いが続くと思いますのでもう一段階、気を引き締めて、また明後日からの試合頑張りたいと思います 

「1打席1打席必死だった」3安打猛打賞の若林選手

写真

Q:今日を振り返っていかがですか 

頂いたチャンスだったので、思い切って行こうと思って打席に入っていました 

Q:ホームランも大きな一発でした 

カウントが有利だったので思い切って、悔いのないようなスイングをしようと心がけて打席に入っていました 

Q:今日は全打席出塁しました 

1打席1打席必死だったので、終わってみれば3本という結果は良かったと思います。 

Q:次の戦いに向けて一言お願いします 

1戦1戦しっかり戦って、優勝できるように頑張ります 

順位表