GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

9月29日 対広 島16回戦・マツダ

菅野、球団新の開幕投手から12連勝!…プロ野球記録に並ぶ

写真

開幕12連勝を達成した菅野

写真

2本の適時打を放った若林

写真

七回、好守でチームを救ったウィーラー

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの16回戦。巨人は1点を追う三回、松原の適時打などで逆転。その後も若林に2本の適時打が飛び出すなど効果的に追加点を挙げ、6対1で快勝した。先発の菅野は先制こそ許したが五回無死二、三塁のピンチを連続三振で無失点に切り抜けるなど6回を被安打4、1失点で12勝目。開幕投手からの12連勝は82年前のスタルヒンを超える球団新記録で、2004年の岩隈(近鉄)が持つプロ野球記録に並んだ。

 菅野は初回、先頭の大盛に右中間を破る三塁打を浴びていきなり無死三塁のピンチを招く。さらに続く田中広に左犠飛を許して先制される。しかし後続は断ち、二回は無失点に抑える。

 打線は三回、広島先発・遠藤から先頭の若林が四球を選んで出塁すると、菅野の犠打、吉川尚の死球で一死一、二塁の好機を作る。ここで打撃好調の松原が変化球を上手く捉えて一、二塁間を破り、同点。さらに、一死一、三塁から坂本の遊ゴロの間に三塁走者が生還して勝ち越し、試合をひっくり返した。

 援護を得た菅野は三回、三者連続で三振を奪う完璧な投球。若林の左中間適時三塁打でリードが2点に広がった四回には、四球や安打で得点圏に走者を置くも、3つのアウトをまたも3奪三振で抑え、エースの貫禄を見せる。

 しかし五回、菅野は先頭の菊池涼を三塁失策で出塁させると代打・坂倉にエンタイトル二塁打を放たれ、無死二、三塁。打順は1番に返り、初回に三塁打を許した大盛を迎える。しかし、この打席はキレのあるフォークで空振り三振。続く田中広は外角高めの直球を振らせて2アウト。最後は3番・鈴木誠を右飛に打ち取り、3アウト。鬼気迫る表情で上位打線を完璧に封じ、勝ち投手の権利を得た。

 すると六回、先頭の中島が中越え二塁打で出塁すると、一死後に若林が初球を右前に運び、この試合2本目の適時打でリードを3点に広げる。さらに代打・ウィーラーも適時二塁打で続き、5対1と突き放した。

 菅野は六回も無失点に抑えてマウンドを譲る。しかし七回、2番手・鍵谷が先頭から連続四死球を与えて交代。3番手に高梨を送るが、味方の失策も絡んで一死満塁のピンチを背負う。ここで代打・メヒアが放った一塁線の鋭いゴロをウィーラーがダイビングキャッチ。すぐさま一塁ベースを踏むと、ホームへ投げて三塁走者はタッチアウト。チームを救うファインプレーで併殺に仕留め、この回も無失点に抑えた。

 八回は中川が無失点リリーフ。岡本のダメ押しの適時打で6対1とした九回は、ビエイラが3者三振で抑えて快勝した。菅野は6回を被安打4、9奪三振の快投で無傷の12連勝。開幕投手からの12連勝は1938年春のスタルヒンを超える球団新記録で、2004年の岩隈(近鉄)が持つプロ野球記録に並ぶ快挙となった。

監督インタビュー

「これはもう凄い数字ですよ。歴史は物語るとこでしょうね」

Q:菅野投手が球団記録となる開幕から12連勝を達成しました

いやこれはもう凄い数字ですよ。歴史は物語るとこでしょうね。(今日は)先制されても自分を見失なわずにしっかりゲームを作れたし、かなり早い段階で逆転した攻撃陣も見事だったと思いますね。(五回のピンチ)ランナーを背負った時には慎重に投げるというのはピッチャーって大事なんでしょうな

Q:三回の逆転の場面は足を絡めた攻撃でした

そうですね。まあ思い切っていったってことですよね。なかなか打ちあぐねているっていうかね

Q:守備ではウィーラー選手のファインプレーもありました

いやー、もうスーパープレーですね。ああいうプレーが出るといいですね

ヒーローインタビュー

「負けないでシーズンを終えられるように頑張っていきます」開幕12連勝の菅野

写真

Q:今日は初回に1点こそ失いましたが、その後は0を並べて、6回1失点という内容でしたが、今日のピッチング振り返っていかがですか 

立ち上がりだけですね。あとは粘り強く投げられたので、満足しています 

Q:宮本コーチから「修正できている」というコメントもあったのですが、どのような修正点があったのでしょうか 

初回は自分のペースをつかむまでに、ポンポンと打たれてしまったので、勝負するところは勝負して、ファウルを打たせるところは打たせて、そういうメリハリがつけられたと思います 

Q:五回はノーアウト二塁三塁というピンチがありましたが、あの場面になって気持ちに変化はあったのでしょうか 

毎回、野手には助けられっぱなしですし、なんとかそういうものもカバーしたいなという気持ちで、ちょっと力を振り出しすぎてしまって、ばててしまったので、今日はチーム一丸で勝てた一勝だと思います 

Q:開幕から無傷の12連勝ということになりました。開幕投手としては、スタルヒンさんの球団記録を抜いて、岩隈久志さんのプロ野球記録に並ぶということになりましたが、この記録に関しては、どう感じていますか 

素直にうれしいです。こればっかりは、自分の力だけではどうにもならないことで、1勝1勝の積み重ねなので、後ろを守ってくれる野手であったり、トレーナーさんであったり、いろんな人に感謝を伝えたいです 

Q:ファンの皆さんも、この記録がどこまで伸びるのか楽しみにしていると思いますし、チームとしても、順調にマジックを減らしています。次回以降の登板に向けて最後一言お願いします 

この連勝っていうのは、一回負けてしまうと記録が止まってしまうので、毎回意識しながらマウンドに上がるのは意外としんどいんですけど、そういう期待に応えるのも、プロ野球のだいご味だと思いますし、自分自身も負けないでシーズンを終えられるように、頑張っていきます 

順位表