GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

10月5日 対阪 神20回戦・甲子園

坂本が先制打も、14三振喫し、投手陣も粘れず逆転負け

写真

四回一死一塁、坂本が右中間へ先制適時二塁打

写真

一回、先頭の吉川尚が初球を中前打

写真

先発の桜井

 甲子園球場で行われた阪神タイガースとの20回戦。打線は四回に坂本の二塁打で先制点を奪う。先発の桜井は三回までを無失点に抑えたものの、四回に捕逸で同点とされると、五回には大山に勝ち越し2点本塁打を許すなど5回3失点で降板。後を託されたリリーフ陣も粘れず差を広げられ、打線も阪神先発の高橋に14三振を奪われ、プロ初完投を許し、1対6で試合終了。攻守に粘りを見せられなかった巨人は2位阪神との直接対決4連戦を2勝2敗とした。

 巨人先発の桜井は初回、先頭の近本に二塁打を浴びていきなり無死二塁のピンチを背負ったが、後続を断って無失点で切り抜けた。二回以降も毎回安打を許すものの、要所を締めた投球で三回までを0点に抑える。

 打線は四回、一死から松原が左前打で出塁すると、坂本の右中間適時二塁打で松原が生還。三回まで1安打と打ちあぐねていた高橋から上位打線の連打で先制に成功した。

 その裏、桜井は、大山、原口の連打で無死二、三塁とされると、高山の打席で大城が捕逸。同点に追いつかれてしまう。その後は追加点を許さず、最少失点でこの回を切り抜けた。

 桜井は五回、簡単に二死とするも、糸井を四球で出塁させると、大山にリーグトップの岡本に並ぶ24号の中越え2点本塁打を浴びて勝ち越しを許す。

 六回は2番手の宮國がマウンドに上がる。二死二塁から、投手の高橋に中前適時打、続く近本に左中間適時二塁打を浴びて2点を失ったところで降板。3番手の堀岡は北條を左飛に打ち取った。

 堀岡は七回のマウンドにも上がったものの、一死一、二塁とされたところで高山に右前適時打を浴び、6点目を奪われた。

 五回から七回まで三者凡退に打ち取られていた打線だったが、八回に丸、中島の連打で無死一、二塁の好機を作る。しかし大城、若林が連続三振、代打のウィーラーが二飛に倒れ反撃開始とはならない。

 八回、マウンドには4番手の田中豊。高橋の右前打などで二死二、三塁のピンチを背負ったものの、4番の大山から三振を奪ってこの回を0に抑え、最終回の攻撃に望みを託す。

 九回の巨人の攻撃は一番から始まる好打順。しかし、先頭の吉川尚が一ゴロ、松原、坂本が連続三振に倒れ1対6で試合終了。坂本の一打で先制に成功した巨人だったが、投手陣が踏ん張れず逆転負け。打線も高橋の前に5安打、14三振と奮起できず、2位阪神との4連戦を勝ち越すことができなかった。


 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(桜井は)ひとつ大きくなって欲しい

Q:先発の桜井投手はどうでしたか

1点を先取して、簡単にまた1点を取られる。五回、2アウト簡単に取って、1ボール2ストライクと追い込んでフォアボール。そして4番バッターに2ボールから真っすぐでホームラン。これはいかがなものかなと。桜井は昨年の立役者の一人だからね。そういう意味では厳しい見方をしてしまいますよね

Q:期待は

もう少しできると思うし、やっぱり彼は努力家ですからね。凄く努力をしているけど、我々はその時にその力を出すと言うことが最も重要なことだから。プロセスというのはとても大事だけど、やっぱり結果が全てですから。ひとつ大きくなって欲しいと思いますね

Q:岡本選手はデータから言うと、これまで高橋投手を打っていましたが

良いピッチャーであることは間違いないし、そこに投げ勝つチャンスがあったわけですからね。そこが悔しいですね

順位表