GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

10月8日 対DeNA18回戦・東京ドーム

岡本の先制本塁打から一挙9得点! 終盤のDeNA打線の反撃を振り切って勝利

写真

一回、先制2点本塁打を放ち、祝福される岡本

写真

勝利投手のサンチェスは、7回2失点無四死球の好投

写真

三回、2点本塁打を放ってポーズを決める丸

 東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの18回戦。打線は初回の岡本の2点本塁打を皮切りに、四回まで毎回得点を重ねて大量9得点を挙げる。先発のサンチェスは、制球よく7回2失点四死球0と試合を作る好投を見せた。終盤の八回、今季安定感抜群だった中継ぎ陣が集中打を浴びてしまい、2点差まで詰め寄られたものの、前半のリードを生かして追撃を振り切った。勝った巨人は優勝へのマジックを1つ減らして14とした。

 巨人打線は初回、一死から松原が中前打で出塁し、その後、二死二塁の好機の場面で岡本が打席に入る。3ボール1ストライクからの5球目、低めの真っすぐを捉えると、ライトスタンドへ打球を運び、幸先よく2点を先制。本塁打王争いを頭一つ抜け出す第25号本塁打となった。

 先発のサンチェスは、初回、ストライク先行の投球で先頭から連続三振を奪うなど、三者凡退に抑えて、上々の立ち上がりを見せる。しかし、二回には先頭の佐野にヒットを許すと、二死二塁としたところで柴田に適時打を打たれ、1点を返される。

 打線は二回、無死から若林が四球で出塁すると、一死からサンチェスがしっかり犠打を決めて二死二塁とする。ここで吉川尚が三遊間を破る安打を放つと、若林が快足を飛ばして一気に本塁を陥れ、追加点を挙げる。さらに、続く松原の内野安打の間に、吉川尚が二塁から生還し、1点を追加。点差を3に広げる。

 三回にも、無死一塁から丸が変化球を完璧に捉え、打球をライトスタンド上段まで運び、2点を追加。四回にも岡本の内野ゴロの間に1点、中島の適時打で2点を追加し、着々と点差を広げていく。

 サンチェスは六回にソロ本塁打で1点を失い、さらに二死一、二塁とピンチを招いたが、粘りの投球で後続を打ち取り、最少失点で抑える。サンチェスは七回を三者凡退に抑えたところで降板。味方の大量援護にも支えられ、7回2失点と試合を作った。

 八回に2番手の大江がマウンドに上がったが、二死から安打を許すと、オースティンに2点本塁打を浴びてしまい、これが東京ドームでの初失点となった。続く打者にも安打を許したところで降板。3番手として鍵谷がマウンドに上がったが、ロペスにも2点本塁打を浴び、勢いを止められない。続く打者に安打を許したところで、鍵谷も降板。4番手の高梨も適時打を浴びて、瞬く間に2点差に。今季安定感抜群だった中継ぎ陣が崩れ、この回だけで一挙5点を奪われてしまった。

 九回を託されたのは守護神のデラロサ。2つの四球で二死一、二塁と一打逆転のピンチを招いたが、最後の打者を中飛に打ち取って試合終了。終盤にDeNA打線から痛烈な反撃を受けて2点差まで詰め寄られたものの、序盤の大量点が功を奏し、何とか振り切って勝利をつかんだ。巨人は優勝へのマジックを1つ減らして14とした。


 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(サンチェスが)自分の投球をできたというのは非常によかったと思います

Q:序盤から効果的に得点しました。岡本選手、丸選手のホームランもありました

いい攻撃ができたと思います。しかし、9イニングという部分の中で相手にも非常にしぶとく攻めてこられて、厳しい、最後は厳しい展開となりました。野球というのは非常に難しい、まあ逆に言うならば面白いスポーツであるということですね。前半で点を取られてもやっぱりその戦う姿勢というのは相手チームからしっかり教わったというところでしょうね

Q:先発のサンチェス投手は?

今日は安定感がありましたね。球持ちもよく、まあメカニックという部分でも非常によかったんではないでしょうか。ストライクを取ることに全く一生懸命にならずに、自分の投球をできたというのは非常によかったと思います。日本の生活というか日本の野球にもね、慣れてきて、まあ、本来の力が出てきているという風に見ています

Q:連戦が続きます

今年は最初からそういう日程で、間髪つけずに一気にいく気持ちでいますんで、そこは準備はできております

ヒーローインタビュー

全力を尽くし、1球ずつ丁寧に投げました

写真

Q:立ち上がりから連続三振でスタートしましたが、どんな意識でマウンドにあがりましたか? 

全力を尽くし、1球ずつ丁寧に投げました 

Q:今日はフォアボールが1つもありませんでした。コントロールが非常に良かったですね 

小林のリードがとてもよかったので、ストライク先行で投げられました 

Q:チームメイトが9点を取ってくれました。心強いですね 

自分が登板する時はいつも点を取ってサポートしてくれているので、自分もそれに応えて全力で投げました 

Q:優勝に向けて、次回の登板に向けて一言お願いします 

いつも応援ありがとうございます。球場に足を運んでくださったファンの皆さんにいい試合を見せられるように頑張ります 

サンチェスのために先制点を挙げたかったので、打ててよかったです

写真

Q:初回の先制ホームラン、感触はいかがでしたか? 

なんとかサンチェスのために先制点を挙げたかったので、打ててよかったです 

Q:低めの難しいボールに見えたのですが、どうでしたか? 

自分が打てると思って打ちにいったので、特に気にならなかったです 

Q:ホームランが25本になりました。ホームラン、打点はランキングトップです。いかがでしょう? 

まずは勝ちに貢献できるように頑張りたいと思います 

Q:ファンの皆さんは岡本選手にタイトルを取って欲しいという思いもあるでしょう 

1試合ずつ一生懸命取り組みます 

Q:優勝に向けて、明後日の試合に向けて一言お願いします 

しっかり初戦を取れるように頑張りますので、応援よろしくお願いします 

順位表