GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

10月11日 対中 日23回戦・ナゴヤドーム

戸郷粘投も打線沈黙し零封負け・・・連勝は2でストップ

写真

先発の戸郷

写真

三回無死、炭谷が左前にチーム初安打

写真

九回一死、田中俊が中前打を放つ

 ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの23回戦。巨人先発の戸郷は四、六回にそれぞれ1点ずつ失うが、6回を投げて4安打2失点と先発の役割を果たして後続にマウンドを託す。一方の打線は、五回以外は毎回走者を塁に置くものの、好機にあと1本が出なかった。八回に大量5失点とリリーフも精彩を欠いた巨人は、9月18日以来の零封負け。戸郷は粘りの投球で試合を作ったが、打線の援護なく5敗目を喫した。

 巨人先発の戸郷は初回を三者凡退、9球で終わらせる完璧な立ち上がりを見せる。さらに続く二、三回も三者凡退に切って取り、序盤3イニングを打者9人で片付けるパーフェクトピッチングで試合を作る。

 一方の打線は初回から走者を出すものの、好機であと一本が出ず、中日先発の清水を捉えきれない。

 試合が動いたのは四回。一死から初安打を許した戸郷は、二死後、ビシエドを四球で歩かせて二死一、二塁とこの日初めて得点圏に走者を進められると、続く高橋に左中間への先制適時打を許してしまう。

 四回に1点を失った戸郷だったが、五回は立て直し、三者凡退に退けて味方の援護を待つ。

 1点を追いかける打線は六回、二死から岡本が中前打で出塁すると、丸が四球を選び二死一、二塁と好機を演出。しかしこの場面からリリーフ登板した谷元の前にウィーラーが凡退し、またもチャンスを逃してしまう。

 その裏、中日打線から簡単に2アウトを奪った戸郷だったが、ビシエドにあわや本塁打という当たりの二塁打を許して得点圏に走者を置かれると、続く高橋に内角高めの直球を右翼線際に引っ張られる適時二塁打を許し、2点目を奪われてしまう。直後の打席で代打を送られた戸郷は、この回で降板。6回2失点と試合を作り、リリーフ陣に後を託す。

 七回からは2番手として田中豊が登板。7番からの下位打線を三者凡退に仕留める好リリーフで逆転を待つ。

 一方の打線は、好機であと1本が出ない。八回には二死一、二塁のチャンスを作るが、ウィーラーが凡打に倒れ攻守交代。これで六回から3イニングで計5残塁となってしまう。

 八回、3人目の藤岡が二死二塁とされたところで、巨人ベンチは古川を4番手としてマウンドに送る。ピンチの場面を託された古川だったが、ビシエドに適時打を打たれ1点を失うと、阿部、木下拓のタイムリーなどでさらに4点を献上してしまう。

 7点を追う巨人は九回、代打の田中俊が安打で出塁し気を吐くが、後が続かず試合終了。先発の戸郷が6回2失点と試合を作った巨人だったが、中日投手陣の前に打線が沈黙し、リリーフも精彩を欠いた。9月18日のDeNA戦以来の零封負けとなり、連勝は2でストップした。


監督インタビュー

(打線は)0点じゃあだめですね。あと1本が出なかった

Q:打線は走者は出しましたが、抑えられました

そうですね。0点じゃあだめですね。あと1本が出なかったというところじゃないでしょうかね

Q:先発の戸郷投手はどう評価されますか

良かったと思います。ボールの精度も非常に良かったですしね。(六回)二死二塁の場面で、委ねたというものはあったのですが、あそこは強い意志で歩かせて、6番打者勝負でとしなかったのは、私のミスですね。でも、戸郷はナイスピッチング、本当にいいピッチングでしたね。スライダーが抜けなくなりましたね

Q:戸郷投手は委ねられるところまできましたか?

際どいところをいってという勝負をしたと思うんです。初球をああやって痛打されたのは、糧としてくれるでしょう

順位表