GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

10月12日 対中 日24回戦・ナゴヤドーム

リリーフ陣が踏ん張りを見せるも、あと1本が出ず惜敗

写真

六回一死二、三塁で登板し、無失点に抑えた鍵谷

写真

七回一死一、二塁のピンチを併殺でしのいだ田中豊

写真

二塁打2本を放った丸

 ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの24回戦。巨人打線は二回に岡本、丸の連打で無死二、三塁の好機を作ると、内野ゴロと犠飛でしぶとく2点を先制する。先発の桜井は直後に逆転を許したものの、その後は粘投。リリーフ陣も鍵谷が六回一死二、三塁のピンチを無失点で抑えるなど追加点を許さなかった。しかし再三の好機を作った打線にあと1本が出ず、2対3で惜敗。今季最後の中日戦を白星で飾ることができなかった。

 巨人打線は二回、中日先発福谷から岡本の左前打、丸の右翼線二塁打で無死二、三塁の好機を作ると、ウィーラーの遊ゴロの間に三塁走者が生還し先制に成功する。続く大城はきっちり左犠飛を放ち、この回2点のリードを奪った。

 しかしその裏、先発の桜井が二死から四球を与えると、続く阿部に左越え2点本塁打を浴びて同点とされる。さらに二死一塁から投手の福谷に右中間適時二塁打を放たれ、あっさり逆転を許してしまう。

 逆転を許した桜井だったが三回以降は粘投。死球や長打などでピンチを背負うものの踏ん張り、切り抜けた。しかし打線は三回、四回、六回と得点圏に走者を置くものの、併殺や相手の好守に阻まれ、同点のホームが遠い。

 桜井は六回、高橋に中前打、阿部に左翼線二塁打を浴びて一死二、三塁としたところで降板。後を受けた2番手の鍵谷は木下拓を見逃し三振、代打・井領を三ゴロに抑える見事な火消しを見せ、大きなピンチを脱した。

 七回のマウンドには3番手の大江が上がるも、安打と死球で一死一、二塁のピンチを作る。しかし、この場面でリリーフした4番手の田中豊がビシエドを遊撃併殺打に打ち取って、この回も0点に抑えた。八回はビエイラが無失点に抑え、打線の奮起を待った。

 巨人打線は七回、八回と安打が出るものの、福谷の後を受けた福と祖父江に対して走者を進められない。九回も抑えのR・マルティネスの前に連続三振を喫して追い詰められるが、代打・田中俊が四球を選び出塁。ここで代走の切り札・増田大が初球で二盗を決め、二死二塁と土壇場で同点の好機を作る。しかし途中出場の立岡が見逃し三振に倒れ、2対3で試合終了となった。

 巨人はリリーフ陣の粘投で三回以降得点を許さなかったものの、打線にあと一本が出ず、今季最後の中日戦を白星で飾ることができなかった。

監督インタビュー

(攻撃は)ちょっと淡泊だったなという気がしますね

Q:最後もあと少しというところまでいきました

ちょっと、つきがなかったところもありましたね。点の取られ方も。(攻撃は)ちょっと淡泊だったなという気がしますね

Q:先発の桜井投手は?

(四球の後、本塁打は)彼自身が、言わなくても地団駄踏んでいるところだと思いますよ

Q:ビエイラ投手は、いい投球が続いています

非常に、制球力も含めて良くなって、今はデラロサの前、高梨と同じ位置にいるということですね。いい経験というか、糧としながら、進んでくれている感じはありますね

Q:坂本選手はいい当たりが、正面を突きました

当たりはいいんですけどね。きのうのセカンドライナーもね。明日からまた、打ってくれるでしょう。バッティングそのものはいいと思います

Q:中日戦はきょうが最終戦で二つの貯金でした

接戦が多かったという印象ですが、どうにか勝ち越すことができたというところですね

順位表