GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

10月14日 対広 島20回戦・東京ドーム

高橋が今季初勝利を飾り、連敗脱出…マジック「9」に

写真

今季初勝利を手にした先発の高橋

写真

先制適時二塁打の坂本

写真

七回、左中間への適時二塁打を放った丸

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの20回戦。巨人は初回、坂本の適時二塁打で先制する。今季初先発の高橋は二回、會澤にソロ本塁打を浴び同点とされる。しかしその裏、高橋が自身を助ける適時三塁打で勝ち越しに成功する。高橋は三回以降走者を背負いながらも、安定したピッチングで広島打線を封印。勝ち投手の権利を得た五回でマウンドを譲った。六回には大城が中前2点適時二塁打、七回には丸が左中間2点適時二塁打を放ち、計4点を追加。六回以降はリリーフ陣が広島打線を無失点に抑え、リードを守った。投打がかみ合った巨人は広島を6対1で下した。高橋は今季初勝利を手にし、連敗を3でストップさせ、マジックは「9」となった。きょうの勝利で、6年ぶりの広島戦勝ち越しが決まった。

 巨人打線は初回、松原が四球を選び出塁する。続く坂本は、広島先発・遠藤の直球を左中間にはじき返すと、一塁走者の松原が一気にホームに生還し、先制に成功する。

 先発の2年目高橋は初回、広島打線を三者凡退に抑え、上々の立ち上がり。しかし二回、二死から會澤にソロ本塁打を浴び、同点に追いつかれてしまう。さらに、続く堂林にも捉えられたかと思われたが、左翼手・若林の好捕球で追加点は与えない。

 二回、先頭打者の若林が四球で出塁。二死から高橋が右中間を破る適時三塁打を放ち、2対1と勝ち越しに成功した。高橋の自身を助ける今季初安打で、試合の主導権を取り戻す。

 高橋は、三回、四回ともに三者凡退に抑え、好調の広島打線を封じ込む。五回には、堂林の四球と菊池涼の内野安打で二死一、二塁とピンチを迎えるが、無失点で切り抜ける。今季初勝利の権利を得た高橋は、五回でマウンドを譲った。

 六回、先頭打者・岡本の中前打、続く丸の右前打で無死一、二塁とする。さらに一死から田中俊が四球を選び、満塁と絶好のチャンスを迎える。続く大城が、外角低めのスライダーを中前にはじき返し、走者二人が生還。4点目を奪い、リードを広げた。

 さらに七回には、坂本が二塁内野安打で出塁。岡本の三塁への打球を、堂林が捕球エラーし一死一、二塁と再び好機を作る。続く丸が、左中間への適時二塁打を放ち2点を追加し、6対1と広島を突き放す。

 六回以降、巨人投手陣は継投に入る。六回は2番手の鍵谷が登板し、三者凡退に抑える。七回には、3番手の高梨が會澤に死球を与えるも、後続は断ち追加点は許さない。

 八回には4番手の田中豊、九回には5番手のデラロサが登板。5点のリードを守り切り、試合を締めた。

 巨人は先発の高橋も含む打線が奮起し、6対1での快勝。高橋は5回1失点で今季初勝利を飾った。巨人は連敗を3でストップし、優勝へのマジックはいよいよ「9」となった。


今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

「非常にいいピッチングをしてくれました。次への楽しみもできたと思います」

Q:今季初先発の高橋投手が試合を作りました

非常にいいピッチングをしてくれました。色んなものを背負ってマウンドに上がったと思うんですけれども、いい荷物は背負って、不安な部分は下ろせたのではないでしょうか。次は球数をちょっと増やした状態で頑張ろうな、ということを伝えました。次への楽しみもできたと思います

Q:持ち味が出ていました

そうですね。押すところは押せますしね。もう少しスライダー、カーブの精度が上がってくれば、チェンジアップも有効になってくると思います

Q:中盤の追加点もありました

大城がラッキーな2点適時打でしたね。このところ、捕手の方でインサイドワーク含めて頭の中が一生懸命なので、なかなかちょっとバッティングの方は結果が出ていなかったんですけれども、きっかけにしてもらえればと思います

ヒーローインタビュー

「日々練習してきた結果がこのように繋がった」今季初勝利の高橋

写真

Q:見事、今シーズン初先発で初勝利を挙げました高橋優貴投手です。おめでとうございます 

ありがとうございます 

Q:ちょっと時間はかかったかもしれませんが、今シーズン初勝利です。率直にいかがですか 

3月に左肘を怪我してからすごく時間がかかったんですけど、何とか一軍の東京ドームのマウンドに帰って来られるように、日々練習してきた結果がこのように繋がったのかなと思います 

Q:改めて今日、その東京ドームのマウンドを先発で上がってどんな気持ちでしたか 

先発のマウンドに上がるときに、球場の皆さんの温かい拍手のもとマウンドに上がらせてもらいました。そのおかげで、初回良い入りができたと思います 

Q:初回から思い切り腕を振って投げていた印象があります。ご自身として今日どんなところがよかったですか 

大城卓三さんが僕の良いところを必死に出してくれたので、僕もそれに何とか応えようと投げた結果が良かったのかなと思います 

Q:ピッチングももちろんよかったですが、何といってもあのタイムリースリーベースヒット。いかがですか 

まさかあのように打てるとは思っていなかったので、すごく良かったなと思います 

Q:二回に三塁まで全力で走って、その後三回、四回のピッチング。それも素晴らしい内容でした。 

野手の皆さんにも助けられて投球できたと思うので、感謝したいと思います 

Q:今シーズン初勝利が10月ということで、ここからさらにチームに貢献したいという思いが強いと思いますが、この後どんなピッチングでチームを引っ張っていきたいですか 

優勝に向けてのマジックも減ってきているので、何とかそれを一つずつ減らせるように、チーム一丸となって頑張っていきたいと思います 

順位表