GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

10月15日 対広 島21回戦・東京ドーム

大江、高梨が好救援、岡本は一時勝ち越し打、引き分けでマジック8

写真

六回一死二、三塁のピンチをしのいだ大江

写真

八回一死一、三塁で救援した高梨

写真

三回二死一、二塁、岡本が右中間へ勝ち越しの2点二塁打

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの21回戦。巨人は5対5の同点の六回、一死二、三塁で登板した2番手の大江がピンチをしのいで、勝ち越しを許さず、その後の救援陣も無失点で延長引き分けとした。打線は同点の四回、一死から吉川尚の右前打を皮切りに岡本の右中間2点二塁打、若林、田中俊の連続適時打で4点を勝ち越す。しかし五回、先発のサンチェスが田中広の適時打、松山の左越え2点本塁打で追い付かれた。その後は両チームの救援陣が粘投を見せた。巨人は優勝へのマジックを一つ減らして「8」とした。

 巨人先発のサンチェスは初回、先頭の宇草に中前打、二盗を許し得点圏に走者を背負うと、一死から鈴木誠に先制の中前適時打を浴び先制を許してしまう。打線は二回、広島先発の野村から岡本の左翼線二塁打、若林の四球で一死一、三塁のチャンスを作ると、田中俊の中犠飛で試合を振り出しに戻す。

 広島先発の野村は二回で降板し、打線は三回、2番手・高橋樹を攻め立てる。一死から吉川尚が右前打、二死から二盗と坂本の四球で一、二塁と得点圏に走者を進めると、続く岡本の右中間2点二塁打で勝ち越し。さらに丸が四球で繋ぐと若林、田中俊の連続適時打が飛び出しこの回一挙4点。主導権を握ったかに見えた。

 援護をもらったサンチェスだったが五回、連打と進塁打で一死二、三塁のピンチを招くと、田中広の中前2点打で2点差に迫られる。さらに二死から松山に左越え2点本塁打を浴び、再び試合を振り出しに戻される。

 六回も続投したサンチェスが、一死二、三塁のピンチを招いたところで大江にスイッチ。絶体絶命のピンチで大江は、中村恭の代打・小園を外角のスライダーで空振り三振、宇草の代打・長野を遊ゴロに抑え見事ベンチの期待に応えた。

 七回も続投となった大江は鈴木誠に四球を許すものの、後続を打ち取り無失点に抑える。対する打線は五回以降3イニング連続で広島投手陣に三者凡退に抑えられる。

 八回、3番手でビエイラが一死一、三塁のピンチを招くと、ベンチは高梨を投入。ケムナの代打・坂倉のスクイズをスライダーで外し三塁走者・曽根を挟殺すると、坂倉を空振り三振に切って取りピンチを脱する。その裏、二死二塁から大城の左前打で二塁走者の北村が本塁を狙うも、長野の好返球に阻まれタッチアウト。

 九回はデラロサ、十回は鍵谷が登板。それぞれ無失点に抑え打線の奮起を待つ。しかし、九回、十回と広島の守護神フランスアに抑えられ5対5で試合終了。巨人は六回以降2度得点圏に走者を進めたが、あと一本が出ず引き分けに終わった。また、この引き分けで優勝へのマジックナンバーを一つ減らして「8」とした。


 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

リリーフ陣が良く頑張ったというところでしょう

Q:最後はあと一歩でサヨナラという場面を作りました

両軍ともリリーフが良く頑張ったというところじゃないでしょうか

Q:イニングまたぎの大江投手もしっかりと抑えました

大江も、高梨も、うちもリリーフが頑張りましたね

Q:岡本選手の逆方向への適時打もありましたが、後半は打線がなかなか流れをつかめませんでした

そうですね。細かいところいえば、誰か1本本塁打を打てば、それで決まるケースというのもあるけれども、なかなかやっぱりそうはいかないでしょうね。リリーフ陣が頑張ったというところでしょう

順位表