GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

10月29日 対DeNA23回戦・横 浜

丸が通算200号本塁打も、今季最多の5連敗 マジックは「1」

写真

二回、丸が通算200号となる同点ソロ本塁打

写真

先発のサンチェスは6回2失点

写真

八回、坂本が通算1995安打目の中前打

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの23回戦。巨人先発のサンチェスが初回、2四球などで一死満塁とされ、内野ゴロの間に先制を許す。巨人は直後の二回、丸の通算200号となるソロ本塁打で同点に追いつく。しかし、その裏、先頭打者への四球から、戸柱の適時打で再び勝ち越されてしまう。サンチェスはその後立ち直ったが、打線は七回までDeNA投手陣を攻めきれず、追う展開が続く。七回には、2番手・田口、3番手・田中豊が踏ん張れず3点を失い、リードを広げられる。八回に丸の犠飛で3点差とするが、後続なく、2対5で敗れた。巨人は今季最多の5連敗となったが、2位の中日も敗れたため、優勝マジックは一つ減って「1」となった。

 巨人先発のサンチェスは、立ち上がり早々ピンチを迎える。2四球と内野安打で一死満塁とされると、ソトの三ゴロの間に三塁走者が生還、先制を許す。

 打線は二回、一死から丸が初球を右翼席へ運ぶ今季26号のソロ本塁打で同点に追いつく。この本塁打で、丸はホームラン王争いでトップに1本差とし、通算200本塁打を達成した。

 しかしその裏、サンチェスは先頭の柴田に四球、平良の投犠打で一死二塁と再びピンチを迎える。続く戸柱に右前適時打を浴び、1対2と勝ち越される。

 打線は三回、四回ともに、DeNA先発の平良の前に三者凡退。五回には、先頭の中島が右前打で出塁。重信も中前打で、無死一、二塁とチャンスを作るが、続く炭谷が併殺打に倒れ、得点できず。

 サンチェスは三回以降立ち直り、走者を背負いながらも要所を締めるピッチングで追加点は与えない。

 六回、松原の中前打、坂本の左前打、岡本の四球で一死満塁と絶好のチャンス。ここでDeNA先発の平良は降板。しかし、続く丸が2番手・砂田に三振に抑えられると、中島が3番手・平田に見逃し三振。DeNAの細かい継投の前に、巨人打線は得点を奪えない。

 サンチェスは六回で降板し、巨人は継投に入る。七回には2番手・田口が登板。先頭の代打・森の中前打、戸柱の投犠打で一死二塁とされると、梶谷の右前適時打で1点を失う。さらに、大和の四球、オースティンの中前適時打で1点を追加されたところで田口は降板。3番手・田中豊も交代直後、ソトに左翼線適時二塁打を浴び1対5とリードを広げられる。

 打線は八回、DeNA5番手・パットンを攻める。先頭の吉川尚の四球、坂本の中前打、岡本の死球で一死満塁とし、丸が左犠飛で2対5とするも、後続が倒れさらなる追い上げとはならない。

 九回も先頭の重信が四球で出塁するも、一死後、代打香月が併殺打で万事休す。DeNA投手陣を攻略できなかった巨人は2対5で敗れ、今季最多の5連敗となった。しかし、2位の中日も敗れたため、優勝へのマジックナンバーは「1」となった。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

果報は寝て待てという心境にはなりたくないですね

Q:あと一本という展開でした

ちょっとこういうゲームが多いですね。ちょっと我慢ですね

Q:先制を許す試合が続いています

それもあるでしょうしね。ピッチャー陣はがんばっているんですけど、その前にバッター陣が点を取らないとね。リリーフの人もプレッシャーのかかる場面でずっといっていますからね

Q:マジック1。明日にも優勝です

果報は寝て待てという心境にはなりたくないですね

順位表