GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

11月3日 対広 島22回戦・マツダ

戸郷快投も…初完封まで「あと一人」で同点本塁打浴び、延長引き分け

写真

土壇場で同点本塁打を浴びたが、9回2失点の戸郷

写真

四回、丸の適時二塁打で先制

写真

六回、陽の適時打で追加点

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの22回戦。巨人・戸郷と広島・九里の投げ合いとなったが四回、巨人が丸の適時二塁打で先制。六回には途中出場の陽が適時打を放ち2点のリードを奪う。戸郷は終盤まで快投を続けたが、自身初完封のかかった九回二死一塁から菊池涼に2点本塁打を浴び、同点とされた。延長十回は両チーム無得点で、2対2で引き分けた。巨人は戸郷が9回2失点の力投も土壇場の一発に泣き、あと一歩のところで白星を逃した。

 巨人先発の戸郷は初回、安打と四球で一死一、二塁とピンチを招くも、後続を打ち取る。序盤三回までテンポ良く、無失点で切り抜ける。

 打線は四回、広島先発の九里から坂本が通算1997安打目となる中前打で出塁すると、岡本も四球を選び、一死一、二塁と好機を演出。さらに続く丸が九里の変化球を右翼線際に引っ張る適時二塁打を放ち、好投を続ける戸郷に先制点をプレゼントする。

 1点リードの六回には二死から岡本が四球で出塁すると、続く丸が2打席連続安打となる中前打で二死一、三塁とチャンスを作る。ここで四回の守備から途中出場していた陽が、真ん中付近に甘く入った直球を左前に弾き返し、貴重な追加点を挙げた。

 六回、戸郷は一死一、二塁と五回に続き得点圏に走者を背負うが、ピンチを切り抜ける。自身最長の7回を無失点で投げ切った戸郷は、最長を更新する八回も続投。2番から始まる上位打線をテンポよく三者凡退に仕留める。

 戸郷は自身初完投・初完封をかけた九回もマウンドへ。先頭の松山はボテボテの三ゴロとなるが、途中出場の湯浅が好守でアウトに。バックにも盛り立てられた戸郷は二死一塁と、あとアウト1つまでこぎつける。しかし菊池涼に投じた139球目を捉えられ、打球は無情にも右翼席へ飛び込む同点2点本塁打に。目前に迫った初完封を打ち砕かれた戸郷はさらに四球で走者を許すが、後続は断って降板。完封まで「あと一人」から一発を浴び、無念の降板となったが自己最多の146球、7安打2失点で9回を投げきった。

 延長十回、力投した戸郷に何とか勝ち星をつけたい打線だったが、広島2番手のフランスアの前に三者凡退。その裏は2番手で登板した田口も広島打線を三者凡退に仕留め、2対2で引き分けた。

 戸郷は9回2失点と好投したが、土壇場で同点の一発を浴びた。打線も九里を攻略できずに2点に抑えられ、今季8試合目の引き分けとなった。


監督インタビュー

(戸郷は)ナイスピッチングでした。糧としてくれるでしょう

Q:戸郷投手は完封まであと一人というところまでいきました

でも、ナイスピッチングでした。まあ、糧としてくれるでしょう。いろんな意味で戸郷らしいピッチングができたというのはあります

Q:球数いってる中、完封狙わせたのは?

本人が強い意志がありましたからね。完封というのはピッチャーの中では相当上のなんていうか、勲章であると思います

Q:キャッチャーの岸田選手は、畠投手に続いて完封目前までリードしました

岸田とのバッテリー間も非常に疎通もできていて、リズムもいいですし、また違った意味でいい雰囲気が見えますね

順位表