GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

11月21日 対ソフトバンク1回戦・京セラD大阪

ウィーラーの犠飛で一矢報いるも、菅野がつかまり…シリーズ初戦は黒星

写真

九回一死満塁、岡本がウィーラーの左犠飛で生還

写真

三回、ウィーラーが左前にチーム初安打

写真

先発の菅野は6回6安打4失点

 「SMBC日本シリーズ2020」第1戦は、京セラドーム大阪で福岡ソフトバンクホークスと対戦。巨人先発の菅野は二回、栗原の2点本塁打で先制点を奪われると、三回以降は立ち直りを見せたものの、六回に再び栗原に2点二塁打を許し、6回4失点で降板。さらに、八回にも高橋が周東への四球と盗塁、中村晃の適時打で1点を失った。打線は、九回、ソフトバンクの守護神、森を攻め、一死満塁からウィーラーの犠飛で1点をかえすも、散発4安打と打線がふるわず、1対5で敗戦。2年連続で日本シリーズ黒星スタートとなった。

 日本シリーズ初戦を任されたのは、エース菅野。初回、力強い直球で三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せる。その裏、ソフトバンク先発・千賀から松原が四球を選んで出塁するも、後続が倒れて、初回を互いに0で終える。

 二回、菅野は先頭のグラシアルに右前打、続く栗原に高めに浮いたスライダーを右翼席に運ばれ、先制2点本塁打を許す。

 打線は、三回にウィーラーがチーム初安打を放つも、つながらない。四回には無死から坂本、岡本の連続四球で好機を作るが、丸が併殺打に倒れ無得点に終わる。

 菅野は六回、二死から3番・柳田に死球を与えると、4番・グラシアルは右前打で、一、三塁のピンチを背負う。打席にはこの試合ここまで2安打を許している栗原。この打席も左中間を破られる二塁打、走者2人が生還。リードを4点に広げられる。菅野は六回を投げ終えて、4失点で降板となった。

 巨人の2番手は戸郷。二死から甲斐に四球を与えるが、大城が甲斐の二盗を阻止、無失点で乗り切る。

 八回は3番手の高橋がマウンドに上がる。しかし、周東への四球と盗塁で得点圏に走者を置くと、中村晃の左前適時打でさらに1点を失う。

 走者を出しながらもホームが遠かった打線は九回、ソフトバンクの抑えの森を攻める。先頭の岡本が四球を選んで出塁すると、丸がこの試合初の安打で続く。一死後、中島が死球をもらって満塁の好機。ここで、ウィーラーが左犠飛を放って1点をかえす。しかし、後続が倒れて1対5で試合終了。巨人は、2年連続で日本シリーズ初戦を落とした。


監督インタビュー

いい材料をまた、つなげていく

Q:最終回に反撃しました

「ランナーは良く出てましたけどね。1点を取ったというところでスタートを切ったというところでしょう」

Q:打線は変化球を見極め、真っすぐに絞っていました

「結果的にこういうスコアで我々は負けたというところです」

Q:戸郷投手を使うなど若手も出ました

「ああいう緊張感の中で、岸田にしても、戸郷にしてもスタートを切れたのはいいことでしょうね」

Q:あすから新たなスタートになります

「いい材料もありますしね。それをまた、つなげていくということでしょうね」

順位表