GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月1日 対中 日8回戦・東京ドーム

絶好調ウィーラーの3号2ランで猛追も惜敗 投手陣が乱れ連敗

写真

本塁打を含む猛打賞をマークしたウィーラー

写真

6回、適時二塁打を放った岡本

写真

6回、2点適時打を放った梶谷

 東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの8回戦。Z.ウィーラーが本塁打を放つなど打線が奮起するも、投手陣が乱れ6対9で連敗を喫した。

 先発の今村信貴は3回まで無失点に抑えていたが、4回に四球と3本の安打が絡み、2点を先制された。5回にも、ビシエドに2点本塁打を浴び、5回途中4失点で降板した。6回には3番手の大江竜聖が大島、ガーバーに適時打を浴び、2点を献上。4番手の野上亮磨も、犠飛で1点を奪われ、7点のリードを許した。

 打線は、中日先発の小笠原の前に5回まで毎回三振を喫するなど、無得点に抑えられた。7点ビハインドの6回に、先頭の若林晃弘が四球を選ぶと、続く岡本和真、J.スモークの連打で2点を返す。さらに、梶谷隆幸にも2点適時打が飛び出すなど、この回打者9人の猛攻で3点差とした。

 7回にはウィーラーが2点本塁打を放ち、1点差に詰め寄ったが、9回に登板したT.ビエイラが2点を失って突き放された。打線が反撃を見せるも、投手陣が乱れ連敗を喫した。


 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

昨日も粘り強くいっているし、今日も粘り強くいっている

Q:7点差から1点差まで追い上げましたが

まあしかし、点取られすぎですね

Q:スモーク選手は右バッターとしてもいい働きをしました

いいスタートを切っていると思いますよ。徐々にいろんなピッチャーを見て対応していく、順応するということでしょうね

Q:相変わらずウィーラー選手は好調です

すごいね。すごいと思います。ジャイアンツ2年目で、彼の野球スタイルというか生活スタイルがエンジョイするというか、リラックスして取り組めているというか、昨年よりはるかにいい環境になっていると思います。それが技術にもプラスになっているような気がしますね

Q:結果としては連敗になりましたが

昨日も粘り強くいっているし、今日も粘り強くいっているし、勝負は残念ながらというところはありますけどね

順位表