GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月22日 対中 日10回戦・バンテリン

サンチェス7回2失点で4勝目 岡本が12号3ラン 継投で逃げ切り 

写真

7回2失点と好投したサンチェス

写真

2回に先制ソロ本塁打を放った丸

写真

3回に3ランを放って突き放した岡本

 バンテリンドームで行われた中日ドラゴンズとの10回戦。A.サンチェスが7回2失点と試合を作り、丸佳浩の先制ソロ、岡本和真の3ランで、5-4で勝利した。

 2回、先頭の丸が4号先制ソロホームランを放つ。さらに3回にはZ.ウィーラーの中越二塁打、吉川尚輝の四球で2死一、二塁とすると、岡本が初球を捉え右中間へ3ランを放って4点をリードした。さらに6回にはZ.ウィーラーの右中間適時二塁打で1点を追加した。

 先発のサンチェスは初回、2回と先頭出塁を許しながらも落ち着いたピッチングで上々の立ち上がりを見せる。5回には2死一、二塁で代打の福留を二ゴロに抑えてピンチをしのいだ。6回にビシエドの中前2点適時打で2点を返されたが、7回は1死一、二塁のピンチで代打の石橋を二ゴロ併殺打に抑えるなど、先発の仕事を果たして降板した。

 2番手の戸根千秋は、2死無塁から福田に四球を与えると、ビシエドに適時二塁打を浴びて降板した。3番手の中川皓太は高橋周に四球で2死一、二塁とすると、代打の三ツ俣に右前適時打を浴び、1点差に迫られた。

 9回には4番手デラロサが1死三塁のピンチを背負ったところで5番手高梨にスイッチ。高梨は大島を三振に、6番手の鍵谷も代打の武田を中飛で抑え、5-4で逃げ切った。

監督インタビュー

(4勝目を挙げたサンチェス投手について)調子そのものはあがっていると思っています

Q:最終回のピンチは高梨が三振を取ったのが大きかった

めちゃくちゃ大きかったですよね

Q:序盤は丸選手、岡本選手のホームランがありました

丸も良かったし、和真も大きかったですね。(岡本は)やっぱり低めのボールを狙っておくっていうのはすごく大事なことだと思いますね

Q:吉川選手を3番に置きました

そうですね。今一番調子がいいでしょうね

Q:サンチェス投手はどうでしたか

要所、要所を頑張って、調子そのものはあがっていると思っています。7回を投げ切ってくれましたからね

ヒーローインタビュー

いつでも簡単な試合はない。チームメイトを信じていました。

写真

4勝目を挙げたサンチェス投手

Q:8回、9回はヒヤヒヤしながら見ていたと思いますが、今の気持ちを聞かせてください 

いつでも簡単な試合はない。チームメイトを信じていました。いい結果になったと思います 

Q:立ち上がりは走者を許す投球でした 

相手の気持ちに負けないように投げていました 

Q:味方が得点を取ってくれました 

序盤に援護をもらえてリラックスできた。いい投球につながったと思います 

Q:6回に2点を失いましたが、7回は抑えました 

自分で集中しようと思って、1球ずつ気持ちを込めて投げました 

Q:5月は3連勝です 

自分ができることは限られている。1日1日を大事に過ごしていきたい 

順位表